ゲームプランナーに転職するには?

  • by
    ゲームプランナーの男性

    ゲーム業界へ転職したいと考えている方は、詳しい仕事内容を情報収集していることでしょう。その中でもゲームプランナーへの転職を検討している方がいるかと思います。
    しかし、ゲームプランナーに転職するには、何から始めるべきか分かりにくい側面もあり、転職活動が進みません。

    ここではゲーム業界に興味ある方やゲームプランナーへ転職したい方へ向けて、ゲームプランナーの特徴をはじめ転職する方法などについてご紹介します。

    ゲームプランナーも魅力的な仕事ですので、転職したい方は是非今回の情報を参考に検討してみてください。

    • アミューズメントメディア総合学院 ゲームクリエイター学科
    • アミューズメントメディア総合学院 ゲームクリエイター学科は、ゲームプランナーなど企画がしたい人におすすめの学科です。
    • 就職率は95%で、卒業生はカプコン、スクウェア・エニックス、バンダイナムコゲームスなど、大手ゲームメーカーで活躍しています。
    • アミューズメントメディア総合学院 ゲームクリエイター学科
    • アミューズメントメディア総合学院 ゲームクリエイター学科は、ゲームプランナーなど企画がしたい人におすすめの学科です。
    • 就職率は95%で、卒業生はカプコン、スクウェア・エニックス、バンダイナムコゲームスなど、大手ゲームメーカーで活躍しています。

    ゲームメーカーやゲーム制作会社へ入社する

    悩むゲームプランナーゲームプランナーへ転職するためには、ゲームプランナーを必要としている会社に入社する必要があります。

    ゲームプランナーの求人を出している会社は、主にゲームメーカーやゲーム制作会社の2種類です。

    • ゲームメーカー
    • ゲーム制作会社

    ゲームメーカーとゲーム制作会社は、どちらもゲームの制作を行っている共通点があるものの、企画や開発までの経緯に大きな違いがあります。

    それではゲームプランナーが働いている、ゲームメーカーとゲーム制作会社の特徴について解説します。

    ゲームメーカーの特徴

    ゲームメーカーとは、ゲーム制作に必要な予算から企画立案、制作から販売まで自社で担っている企業のことです。別名、パブリッシャーとも呼ばれています。

    また、ゲーム機本体の制作から販売まで行っているケースもあり、ゲーム市場の中心に位置付けられていることが多いです。

    具体的な事業はゲームメーカーによって異なりますが、予算確保から企画作成、市場調査や開発、デバックから宣伝や営業など、一通り含まれているのでゲーム制作の流れを現場で経験できます。

    一部もしくは制作の全工程を外注企業に発注しているゲームメーカーもありますが、制作元を自社名で表記・宣伝しています。

    ゲーム制作会社の特徴

    ゲーム制作会社とは、ゲームメーカーから請け負った依頼を基に、ゲーム制作をすすめている企業を指します。別名デベロッパーと呼ばれています。

    ゲーム制作会社の場合は、自社で企画から制作まで行わないため、販売されているゲームの制作元や販売元に記載されていないことが多いです。

    具体的な事業内容は、まずゲームメーカーから新作ゲームの依頼を受け、一部業務もしくは全工程を自社ですすめます。また、予算や仕様はゲームメーカーが決めるのも、ゲーム制作会社の特徴です。

    更にゲーム制作会社の場合は、様々なゲームメーカーや企業から依頼を受けることもあるので、ゲームジャンルはもちろん、求められる仕様なども異なり様々なケースを経験できるメリットを得られます。

    ゲームプランナーに転職するために必要な資格

    顔をしかめるゲームプランナーゲームプランナーに転職する上で、必要な資格はありません。ですので異業種・未経験から転職可能です。しかし、だからといってゲーム業界やゲーム制作に関する基礎的な知識、パソコンの各アプリケーションについて知らないと、転職後に覚えることが非常に多く大変なでしょう。

    ゲームプランナーは基本的に企画制作などの仕事がほとんどですので、ワードやエクセル、パワーポイントなど、資料作成やプレゼンに必要なツール操作も覚えておくのがおすすめです。また、仕様書の作成機会が多数あるので、パソコン操作は特に必要です。

    更にゲームプログラマーやCGデザイナーと打ち合わせなどを行う際、プログラムやデザイン、ゲーム関係の知識0では打ち合わせどころではありません。ですので、ゲームプログラマーなど開発系に関連する知識は、日々勉強したりプログラマーなどから聞き出してみたりするのも大切です。

    未経験からゲームプランナーを目指す場合

    ゲームプランナーの女性未経験からゲームプランナーへ転職するには、ゲーム専攻科がある専門学校に通うのがおすすめです。
    ゲームに関する専門学校では、未経験者を対象に各職種に必要な技術や知識を授業形式で教わります。

    それではゲームの専門学校に通うメリットと、特徴についてご紹介します。

    ゲーム専攻科がある専門学校に通う

    前述でも触れましたが、未経験からゲームプランナーへ転職するためには、まずゲーム専攻科がある専門学校に通うことをおすすめします。

    なぜなら、ゲームプランナーの仕事に必要な資格はありませんが、必要なスキルは多数あるからです。
    たとえばゲームの企画立案をはじめ、マーケティング能力やゲームの分析など、企画立案から制作後まで携わります。

    ゲーム専攻科の専門学校では、主に以下のような学科を用意しています。

    • ゲーム制作に必要なプログラムやデザインに関する技術的な学科
    • ゲーム制作チームの統括やプロジェクト管理、企画立案などに関する学科

    この中でゲームプランナーが入るべき学科は、後者の企画立案などに関する学科です。
    ゲーム制作の実習時に、他の学科をまとめる授業や企画制作・発表などもあり実践的な技術を身に付けることができます。また、ゲームメーカーなど、就職実績が豊富な専門学校もあるのも魅力的です。

    まとめ

    ゲームプランナーに必要な資格はありませんが、チームをまとめる力やコミュニケーション能力、企画作成やゲームの分析など求められるスキルは専門的です。

    そのため未経験で転職可能な状況でも、0からのスタートは厳しい環境といえるでしょう。

    未経験や不安を感じている方は、ゲーム専攻科の専門学校に通うのがおすすめです。年間で授業料は数10万円以上かかりますが、2年や4年かけてじっくり仕事につながるスキルを学べます。

    また、東京ゲームショウなど、企業が参入している発表会などにゲームを発表できるケースもあり、座学だけでなくプロの現場を体験可能です。

    未経験の方やスキルに自信のない方は、専門学校への入学を検討してみると良いでしょう。

    ゲームプランナーになるには?知っておきたい就職方法

    資料請求案内 イベント案内

    監修・運営者情報

    監修・運営者アミューズメントメディア総合学院 ゲームクリエイター学科
    住所東京都渋谷区東2-29-8
    お問い合わせ0120-41-4600
    詳しくはこちらhttps://www.amgakuin.co.jp/contents/game-director