ゲームプランナーの平均年収はどのくらい?アップするためには

  • by

    ゲームプランナーになりたいという夢を持っている方は、年収がどのくらいか気にかかっている人は少なからずいるのではないでしょうか。
    やりたい職業であっても、収入があまりに低いと目指すべきかどうか迷ってしまいますよね。
    ここではそんな方々のために、ゲームプランナーの年収について詳しく解説いたします。


    ゲームプランナーの平均年収

    ゲームプランナーの平均年収は、以下のようになります。

    未経験 250万円〜350万円
    経験者 350万円〜500万円
    高い実績を残している場合 450万円〜700万円

    引用:https://mynavi-creator.jp/blog/article/to-increase-the-annual-income-as-game-planner

    会社の規模にもよりますが、上記のように未経験と経験者では収入に差が出てしまいます。
    そして、ゲームプランナーとして高い実績を残している場合の平均年収は、最高でおおよそ700万円という額にまで登ります。
    ゲームプランナーとして高い収入を得るためには、いかに実績が重要視されているのかが窺えるのではないでしょうか。

    なぜ実績が年収に影響するのか

    なぜ実績が年収に影響するのかなぜ実績が年収にこうまで影響するのでしょうか。
    これは、ゲーム業界自体が年功序列よりも実力主義の傾向があるために、年数と共に経験を重ねたとしても、収入の増加はそこまで望めないというのが根底にあるからです。

    また、『ゲームプランナーの実績=売上』という側面も少なからずあるため、ゲームプランナーとしての実績は、制作したゲームの売上によって測られてしまうことが多々あります。

    そのため、ゲームプランナーとして高い収入を得たい方は、高い売上を残せるようなゲームを制作して実績を積み重ねることが、最も確実な方法になります。
    ちなみに、過去に実績を積み重ねたとしても、面白いゲームを作れなかった年には給料が下がった、ということもよくあります。

    残業手当の割合が大きい

    ゲームプランナーは、他のゲーム開発職と比較すると残業時間が長くなる傾向があるために、収入における残業手当の割合が大きいという面があります。
    プロジェクトが終わっても、またすぐに新規のプロジェクトが始動されることが多いというのが、残業が多くなってしまう一因のようです。

    ゲームプランナーに限った話ではありませんが、残業代がきちんと出るかどうかは年収に直結しますし、モチベーションにも関わってきます。
    そのため、ゲームプランナーを目指している方は、会社から残業代がきちんと支払われるかどうかを確認してから就職するようにしましょう。

    ゲームプランナーとして実績を上げるには

    先程ご紹介したようにゲームプランナーとして実績を上げるには、面白いゲームを制作して高い売上を叩き出すことです。
    実績を上げるのは容易いことではないですが、そのための秘訣としては、マーケットの調査やユーザーの需要を分析した上で、面白いと思われるようなアイデアを閃くことです。

    アイデアを閃くためには、多種多様なゲームを分析的にプレイしつつ、ユーザー視点で良い点と悪い点を見極めることです。
    それを積み重ねたところで、アイデアが必ずしも閃く訳ではありませんが、閃くための下地になり得るものです。

    そのため、ゲームプランナーとして実績を上げたいと強く思っている方は、上述したようなことを実践してみてはいかがでしょうか。

    ゲームプランナーのキャリアップと年収

    ゲームプランナーとして実績を上げる以外にも、キャリアアップによって高収入を得ることもできます
    具体的には、ゲームディレクターもしくはゲームプロデューサーへキャリアアップすることで、ゲームプランナーとして働くよりも高い年収を得られるのです。
    以下にて、それぞれの詳細を解説いたします。

    ゲームディレクター

    ゲームディレクターゲームディレクターとは、ゲーム制作における開発現場の責任者を指します。
    開発現場の責任者だけあって、ゲームディレクターの年収はおおよそ400万円〜700万円とされていて、実績を度外視すれば、ゲームプランナーよりも高いです。
    また、実力を備えているゲームディレクターであれば、年収が800万円に昇ることもあります。

    引用:https://www.creativevillage.ne.jp/39825

    ゲームディレクターになるには、ゲームプランナーなどの開発職で経験を積み重ねることが、初めの一歩となります。
    相応の責任が伴うポジションのため、誰もがなれるポジションではありませんが、高い収入も結果として付いてくる形です。
    ですので、収入を重要視している方は、ゲームプランナーとして実績を残すだけでなく、キャリアアップも視野に入れてみてはいかがでしょうか。

    ゲームプロデューサー

    ゲームプロデューサーとは、プロジェクトの総責任者と呼ぶべきポジションの人のことを指します。
    プロジェクトそのものを統括するため、比較にならないくらいの責任が伴いますが、年収は400万円〜800万円とされています。
    会社の規模によっては上記のように収入に振り幅があるとされていて、実力次第では1000万円前後の収入を得ているゲームプロデューサーもいるそうです。

    引用:https://www.creativevillage.ne.jp/40694

    ゲームプランナーからゲームプロデューサーへキャリアアップするには、10年以上掛かることもあるため、本当に一握りの方しかなることができない職種と言えます。
    ゲームプロデューサーを目指す場合は、給料のために頑張るというよりも、モチベーションやゲーム制作にかける情熱が鍵になってきます。

    まとめ

    ゲームプランナーの年収について踏まえつつ、アップするための方法などを詳しく見ていきました。
    ゲームプランナーとして実績を残すにしろ、キャリアアップを果たすにしろ、高い年収は努力の結果として付いてくる形になります。
    ですので、年収にとことんこだわりたいという方は、努力することを念頭に置きましょう。

    >>ゲームプランナーになるための情報はこちら

    資料請求案内 イベント案内

    監修・運営者情報

    監修・運営者アミューズメントメディア総合学院 ゲームクリエイター学科
    住所東京都渋谷区東2-29-8
    お問い合わせ0120-41-4600
    詳しくはこちらhttps://www.amgakuin.co.jp/contents/game-director