ゲームプログラマーが仕事で求められるスキルとは

  • by

    ゲームプログラマーは、ゲーム開発に関わる数ある職種の中でも、特に人気のある職業となっています。
    ゲームプログラマーになるためには特別な資格は必要なく、スキルさえあれば誰でもなることができます。
    しかしながら、一流のゲームプログラマーになるためには、あらゆるスキルを網羅する必要があります。
    ここでは、一流のゲームプログラマーになるために求められるスキルを、徹底的にご紹介いたします。
     

    プログラミングスキル

    プログラミングスキル大前提として、ゲームプログラマーに求められるスキルは、やはりプログラミングです。
    他のスキルをいくら持っていても、プログラミングスキルを持っていなければ、ゲームプログラマーは名乗れません。
    プログラミング言語を習得するのは容易ではないので、長い時間をかけて勉強する必要があります。
    専門学校やプログラミングスクールなどで、しっかりと勉強しましょう。

    ゲームの種類別に求められるプログラミング言語

    ゲームプログラマーになるためには、確かにプログラミングスキルが不可欠ですが、闇雲に言語を習得するのは控えましょう。
    プラットフォームやシステムはもちろんですが、メーカーや開発会社によって使用されているプログラミング言語が異なるからです。

    『Java』や『C#』などのオブジェクト志向言語は、ゲームエンジンにもよく用いられている言語と言われています。
    ですが、コンシューマーゲームなど、すでに開発したいゲームの種類が決まっている方は、それに合ったプログラミング言語を習得することがオススメです。

    以下にて、ゲームの種類別に求められるプログラミング言語をご紹介いたしますので、ぜひ参考にしていただきたいです。

    コンシューマゲーム

    PlayStationやNintendo Switchなどのコンシューマーゲームの開発は、C系の言語、例えば『C』や『C + +』、『C#』などがよく用いられています。
    そのため、コンシューマーゲームの開発をしたいという方は、C系のプログラミング言語を勉強してみてはいかがでしょうか。
    また、できれば『Unity』や『Unreal Engine』などのゲームエンジンの操作スキルも持っておくと、就職しやすくなるファクターになります。

    オンラインゲーム

    オンラインゲームの開発には、『Java』や『Ruby』、『Python』などのプログラミング言語が用いられています。

    また、オンラインゲームにはサーバーや、『MySQL』や『Postgres』などのデータベースの知識が求められることもあります。

    スマホゲーム

    スマホゲームの場合、対象となる端末がiOSかAndroidかで、用いるプログラミン言語が異なります。
    Androidであれば『Java』や『Kotlin』、iOSであれば『Swift』や『Object-C』などが使用されています。
    また、スマホゲームの開発に携わる場合、『Unity』や『Lua』などのゲームエンジンを使いこなすスキルも持っておくことで、活躍できる見込みが上がります。

    ゲームを自作するのがオススメ

    ゲームの種類によって、使用するプログラミング言語は異なります。
    1つの言語を覚えるだけでも大変なのですが、使いこなすのはもっと大変です。
    そのため、ゲームを自分で作ることが、スキルを向上させる手っ取り早い手段になります。

    ゲームプログラマーとして活躍している方の中には、ゲームを自作した経験がある方は少なくありません。
    また、自作する過程で、ゲームエンジンを使いこなすスキルも自然に磨かれるため、プログラミングスキルの向上とあわさって一石二鳥です。

    ゲームプログラマーを目指している方は、思い切って自作してみてはいかがでしょうか。

    仕事をする上で役立つスキル

    仕事をする上で役立つスキルゲームプログラマーになるには、上述したようにプログラミングスキルが不可欠なのですが、これからご紹介するスキルも備えていると、一流のプログラマーとして活躍できるファクターになります。

    詳しく解説するので、ぜひ参考にしてください。

    論理的な思考力

    プログラミングを行う上で重要なのが、論理的な思考力です。
    備えていなくともプログラミング自体は可能ですが、効率よくプログラムを組み上げるためには、論理的な思考力は不可欠です。

    一朝一夕で身につくものではありませんが、ありとあらゆる物事を常に考える癖をつけることが、そのためのファクターになります。

    数学・物理の知識

    高度なプログラミングを行うには、数学や物理の知識が不可欠です。
    数学や物理の知識を持っていないと、人体や物体を含め、ありとあらゆる動きをゲームの世界で再現することが難しいからです。

    基本的な動きから高度な動きまで、さまざまな場面で数学や物理の知識が求められるため、ゲームプログラマーを目指している方は、しっかり勉強しておきましょう。

    英語力

    最新のプログラミング技術は、国内ではなく海外から発信されることが多いです。
    最新技術が発信されてから日本語に訳されるまでには、ある程度の期間があるため、最新技術をいち早くひも解くには、英語力を持っていないと厳しいです。

    もしも英語に強ければ、いち早く最新技術を取り込めて実践に活かせます。
    ゲームプログラマーを目指している方は、大変かもしれませんが、数学や物理だけでなく、英語もきっちりと勉強しましょう。

    コミュニケーション能力

    ただひたすらプログラミングをするだけでは、本当の意味でゲームプログラマーとして活躍するのは難しいです。
    ゲームの開発には多くの人が関わるため、そういった方々とコミュニケーションをうまく取らないと、円滑に事が運ばなくなる恐れがあります。
    また、ゲームプログラマーをまとめるリーダー的立場になるためには、やはりコミュニケーション能力が不可欠です。

    コミュニケーション能力も一朝一夕で磨けるものではありませんが、身に付けられるように、常日頃から意識しましょう。

    まとめ

    ゲームプログラマーとして活躍するためには、プログラミングスキルだけでなく、ここでご紹介したようなスキルも求められます。
    全てを兼ね備えるのは難しいですが、少なくとも、どのスキルを持っていても損はありません。
    一流のゲームプログラマーを目指している方は、ぜひ参考にしていただきたいです。

    ゲームプログラマーになるために知っておきたい情報はこちら

    資料請求案内 イベント案内

    監修・運営者情報

    監修・運営者アミューズメントメディア総合学院 ゲームプログラマー学科
    住所東京都渋谷区東2-29-8
    お問い合わせ0120-41-4600
    詳しくはこちらhttps://www.amgakuin.co.jp/contents/game/