漫画制作における魅力的なキャラクター作りのポイントや注意点を解説!

  • by
    デフォルトのアイキャッチ画像

    女の子のキャラクター

    「漫画のキャラクターの作り方が分からない」
    「どうしたら魅力あるキャラクターが作れるの?」
    と悩んでいる方は多いのではないでしょうか。

    漫画のキャラクター設定が大切というけど、実際に作ってみると難しいですよね。

    そこで、今回は魅力的なキャラクター作りのコツや注意点について解説します。
    キャラクター設定に悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてください。

    漫画はいかに魅力的なキャラクターを作れるかが大切

    ポイントを教える女性
    なぜ漫画にとって、キャラクター設定が大切なのか?
    それは、魅力的なキャラクターを作ることで、漫画の面白さに大きな影響を与えるからです。

    読者はキャラクターとの共通点があると、自分と登場人物を重ね合わせて作品の世界に入り込みます。
    まるで自分のことのように、キャラクターの活躍を喜び、悲しいシーンでは一緒に落ち込み、感情移入をするのです。

    しかし、キャラクター設定が弱いと、読者が共感できず「この漫画面白くない」と感じてしまうもの。

    つまり、いかに魅力的なキャラクターを設定するかが、作品作りにおける重要なポイントです。

    マンガ学科ページ

    魅力的なキャラクターを作る3つのポイント

    キャラの絵
    キャラクター設定の重要性が分かったころで、いよいよキャラクターを作っていきます。

    ただ、「どうしたら魅力的なキャラクターが作れるの?」と悩む方は多いでしょう。

    せっかくストーリーが面白くても、キャラクターが魅力的でなければ台無しです。
    そこで、ここからは魅力的なキャラクターの作り方をご紹介します。

    ポイントはこちらの3つです。

    1. 個性を強くする
    2. 弱点を出す
    3. ギャップを作る

    それでは解説していきます。

    個性を強くする

    魅力的なキャラクターを作るには、個性を強くすることがポイントです。

    どこにでもいそうなキャラクターでは、インパクトがなく読者の印象が薄くなります。

    一方で、個性が際立ったキャラクターは、グッと惹きつけられ、その後の展開に興味を引くことができるのです。

    例えば、以下のような個性があります。

    • 主人公だけが特殊な魔法が使える
    • ずば抜けて仕事ができる

    このように、他のキャラクターが持っていない個性を取り入れます。

    このキャラクターどうなっちゃうの?続きが気になる!」と思わせるような個性的な部分を取り入れましょう。

    弱点を出す

    完璧な主人公よりも、弱点があった方がキャラクターは魅力的になります。

    例えば、水に濡れるのが弱点のアンパンマン。
    もしも、アンパンマンが無敵だったら、作品自体が面白いでしょうか?

    「水をかけられて戦えなくなる」という弱点があるから、読者はハラハラします。
    ピンチを乗り越えてバイキンマンに勝てたからこそ、もっと嬉しい気持ちになるのです。

    ですから、弱点を作ることでキャラクターが魅力的になり、作品も面白くなります。

    ギャップを作る

    普段と違う顔を見せると、キャラクターの個性を強く出すことができます。
    主に以下のような例があります。

    • 見た目は子供なのに頭脳明晰
    • か弱そうな女の子なのにめちゃくちゃ強い

    このように、意外な一面を取り入れましょう。
    かといって、ギャップが多くなりすぎないように注意が必要です。
    いくつもギャップがあると個性が薄れてしまい、読者を混乱させてしまいます。

    性格と真逆のギャップは、1つか2つほどにしておくのがポイントです。

    マンガ学科ページ

    キャラクターの魅力が出るシーンの作り方

    漫画が描かれたパソコン画面
    キャラクターを作ることができたら、次はシーンを作ります。
    せっかくならキャラクターの魅力が最大限に活かせるシーンを作りましょう。

    それでは、実際にどんなシーンを作るべきかについてご紹介します。

    主人公だけがピンチを救えるシーンを作る

    キャラクターの魅力を引き出すには、そのキャラクターだけが解決できるシーンを作ることがポイントです。

    アンパンマンは、仲間が絶体絶命のタイミングで、得意技の「アンパンチ」を喰らわせ、助けてくれます。
    名探偵コナンは、事件を解決するときに、毛利小五郎を眠らせ推理を発揮します。

    このように、ピンチの状況でこの主人公だけが解決できるシーンを作ると、更にキャラクターの魅力を強調できるのです。

    しかし、他のキャラクターも問題を解決できたら、主人公を際立たせることができなくなってしまいます。

    そのため、キャラクターの能力を活かすために、主人公にしか解決できないシーンを取り入れましょう。

    マンガ学科ページ

    キャラクター作りにおける2つの注意点

    書きかけの女性キャラ
    ここではキャラクターを作る際の注意点をまとめます。

    キャラクターを作る際に、注意するべきポイントは2つです。

    • 読者層にマッチしたキャラクター設定をすること
    • キャラクター同士の性格がダブっていないこと

    それでは、解説していきます。

    読者層にマッチしたキャラクター設定をすること

    漫画を作るときに、まずターゲットとなる読者層を設定します。
    その際に、想定する読者層とキャラクター設定がマッチしているかどうか確認しましょう。

    例えば、女子高生向けなら、同世代のキャラクターを主人公にすると、ターゲットに共感される作品になります。
    もしも、主人公が中高年のサラリーマンだったら、女子高生に刺さる作品ではなくなってしまいます。

    読者が感情移入できるかによって、作品の面白さがグッと上がりますので、ターゲットに合ったキャラクター設定をすることが大切です。

    キャラクター同士の性格がダブっていないこと

    漫画はたくさんの登場人物が出てきます。
    ストーリーが進んでいくにつれ、新たなキャラクターが登場し、物語が盛り上がっていくもの。

    そこで、注意するべきなのが、他の登場人物とキャラクターが似ていないかです。

    似ているキャラクターが次々に出てくると、読者が混乱して、途中で離脱してしまう可能性があります。せっかくストーリーが面白くても、読者に読まれなくなってしまってはもったいないです!

    ですから、なぜそのキャラクターが必要なのかをはっきりさせ、他のキャラクターと被らないように注意しましょう。

    マンガ学科ページ

    まとめ

    今回は、漫画における魅力的なキャラクター作りのコツや注意点について解説しました。

    キャラクター設定が、漫画の面白さを決定づけるといっても過言ではありません。

    魅力あるキャラクター作りのポイントをまとめると、以下のようになります。

    • 個性を強調しながら弱点やギャップで親近感を上げる
    • 読者層に合ったキャラクター設定をする
    • 登場人物の性格がダブっていないこと
    • キャラクターだけが解決できるシーンを作る

    これらの点に心がけて、魅力的なキャラクター作りの参考にしてみてください。

    漫画の描き方(面白い漫画を描きたい人へ)

    資料請求案内 イベント案内

    監修・運営者情報

    監修・運営者アミューズメントメディア総合学院 マンガイラスト学科
    住所東京都渋谷区東2-29-8
    お問い合わせ0120-41-4600
    詳しくはこちらhttps://www.amgakuin.co.jp/contents/comic/
    名前