マンガ専門学校はどんな所?漫画家を目指すのに必要な勉強とは

  • by
    デフォルトのアイキャッチ画像

    マンガ専門学校の実態は?後悔しない学校選びのポイント漫画家を目指すために専門学校に通おうか迷っている人は多いと思いますが、インターネットで調べるとネガティブな情報も出てきて、不安になってしまいますよね。

    そこで、この記事ではマンガ専門学校のの基礎情報や選び方、学科紹介など、さまざまな情報をまとめました。

    「マンガの専門学校に通うのは無駄?」「専門学校に行ってデビューできなかったらどうしよう」そう思っている人にこそ読んでもらいたい記事です。


    • アミューズメントメディア総合学院 マンガイラスト学科
    • アミューズメントメディア総合学院 マンガイラスト学科のデビュー実績は450名以上!
    • 毎月行われる編集部批評会は、デビューにつながるチャンスです。「月刊少年マガジン」や「りぼん」といった大手漫画雑誌の編集部が、学生の作品を見てくださっています。
    • アミューズメントメディア総合学院 マンガイラスト学科
    • アミューズメントメディア総合学院 マンガイラスト学科のデビュー実績は450名以上!
    • 毎月行われる編集部批評会は、デビューにつながるチャンスです。「月刊少年マガジン」や「りぼん」といった大手漫画雑誌の編集部が、学生の作品を見てくださっています。

    マンガ専門学校に通う3つのメリット。独学との違いは?

    マンガ専門学校について
    漫画家になるために、独学でマンガを勉強してデビューしようと思っている人もいるかもしれません。

    しかし専門学校では、独学では得られないようなメリットがあります。
    ここでは、マンガ専門学校に通う3つのメリットを解説します。

    デビューサポートが受けられる

    一番のメリットは、デビューサポートが受けられることです。

    たとえば、学生の作品を読みに有名な出版社の編集者が学校へ来たり、在学中に描いた漫画が書籍化したりと、専門学校ならではのサポートがあります。

    専門学校によってサポートの内容が違うので、いろいろな学校のデビューサポートを比較してみると良いでしょう。

    プロの漫画家から指導が受けられる

    マンガ専門学校に通うと、プロの漫画家から直接指導が受けられます。

    「アシスタントでも漫画家から指導が受けられるのでは?」と思うかもしれませんが、アシスタントとして指導を受けるのと、専門学校の学生として指導を受けるのとは違いがあります。

    専門学校では道具の使い方や漫画の描き方、ストーリーの考え方などの基本的な技術を教えてもらえますが、アシスタントは描いた漫画を読んでもらってアドバイスをもらうなど、中〜上級者向けの指導がほとんどです。

    そもそも、アシスタントになるためには基本的なスキルが求められるため、一から漫画を学びたいという人は専門学校で勉強するのがおすすめです。

    業界とのつながりが作れる

    専門学校にはたくさんの漫画家や編集者が来て、学生に指導してくれます。

    個人で出版社に持ち込みをするよりも、色々な出版社の方と交流できるので、自分がどの出版社と相性が良いのかが分かるのが魅力です。

    また業界の方々とつながることで、漫画家デビューの可能性も広がります。

    マンガ学科ページ

    マンガ専門学校について

    では、「マンガ専門学校に通ってみたい!」と思った人のために、マンガ専門学校について基本的な情報をまとめました。

    ここでは、カリキュラムと学費について紹介しましょう。

    マンガ専門学校のカリキュラム

    マンガ専門学校では、初心者を想定してカリキュラムが組まれているため、初めはデッサンやクロッキーといった絵の描き方の基礎から始まることが多いです。

    キャラクターや背景の描き方なども学ぶので、卒業する頃には一通りイラストが描けるようになるでしょう。

    デジタルソフトを使って漫画を描く授業をする学校も多いです。

    また技術だけでなく、ストーリーや設定、セリフの考え方なども学べます。

    このように漫画家になるために必要なスキルと知識を、2〜3年で身につけることができるのです。

    漫画家のスキルについては、「漫画家になるために専門学校で身に付けたいスキル」でさらにくわしく解説します。

    マンガ専門学校の学費の相場

    マンガ専門学校は、1年間で約120万円〜140万円が相場です。

    つまり、2年間なら約240万円〜280万円、3年間なら360万円〜420万円ほどかかる計算です。

    また、初年度は授業料の他に入学金もかかるので、最初の1年は学費がやや高くなるのが一般的です。

    この金額とは別に教材費がかかることも多いので、学費は専門学校のホームページごとにしっかり確認しましょう。

    参考URL:アミューズメントメディア総合学院「学費について」

    マンガ学科ページ

    漫画家になるために専門学校で身に付けたいスキル

    漫画家になるために専門学校で身に付けたいスキル

    マンガ専門学校は、漫画家になるために必要なあらゆるスキルを短期間で効率的に身に付けられるカリキュラムになっています。

    専門学校では、主に次のようなスキルが身に付きます。

    基礎画力

    漫画家には基礎画力が必要です。
    人物、動物、背景など色々なものを、さまざまなアングルから描けるようになりましょう。
    画力を上げるには、お手本を真似て描くこと・何度も練習することが大切です。

    専門学校では、デッサンや模写、人物クロッキーなどで基礎画力を鍛えます。
    1年生の前期は、このような基礎画力に関する授業から始まることがほとんどです。

    ストーリーの考え方

    マンガのヒット作品に共通しているのが、ストーリーや設定が優れていることです。

    漫画家を目指す方の中には、「ストーリーを考えられるか不安」という方も多いですが、専門学校では基礎からしっかり指導するので安心です。
    現役の漫画家から、ストーリーの考え方のコツを教わることができる学校も。

    プロの漫画家になると、編集者に原稿をチェックしてもらいながらストーリーをブラッシュアップしていきます。

    編集者が来校して学生の作品を見てくれる学校なら、プロの漫画家と同じようにストーリーの練り方を学べます。

    デジタルスキル

    デジタルソフトを使って制作するプロの漫画家は多いです。
    デジタルソフトを使うと効率的に作業できる他、遠くにいてもデータのやり取りができるなどのメリットがあります。

    専門学校では、プロの現場でよく使われるCLIP STUDIO PAINTの使い方を学ぶのが一般的です。

    デジタルソフトに触ったことがないという方でも、数ヶ月で使いこなせるようになるでしょう。

    マンガ学科ページ

    マンガ専門学校の選び方

    マンガ専門学校の選び方
    マンガを学べる専門学校はたくさんあるので、どれを選べばいいか分からなくなってしまいますよね。

    そこで、マンガ専門学校選びで失敗しないためのポイントを2つ紹介します。

    デビューサポートがしっかりしているか

    デビューサポートを受けられるのが専門学校に通うメリットなので、しっかりとしたサポート制度があるかをチェックしましょう。

    たとえば、編集者が学校に来るイベントについて、次のポイントをチェックしてみてください。

    ・有名な出版社が来ているか
    特に、集英社(少年ジャンプ、りぼんなど)・講談社(月刊アフタヌーン、別冊フレンドなど)・小学館(週刊少年サンデーなど)の3大出版社が来ている専門学校がおすすめです。

    ・学校に来る頻度
    編集者が年に数回しか来ない場合でも、デビューサポートとして紹介している専門学校もあります。
    できるだけ多い頻度で、編集者が来校している専門学校を選びましょう。

    時代に合ったカリキュラムか

    アプリ内で漫画を連載したり、Youtubeなどの広告で漫画が使われたりと、時代によって漫画はどんどん変化していきます。

    世の中が求める漫画を描くためには、時代に合わせて勉強する内容も変えていかなくてはいけません。

    そのため活躍できる漫画家になるには、変化に合わせてカリキュラムも柔軟に変えている専門学校で学ぶのがおすすめです。

    マンガ学科ページ

    漫画家になるには?おすすめのマンガ専門の学校

    漫画家になるには?おすすめのマンガ専門の学校

    漫画家を目指す方におすすめなのが、アミューズメントメディア総合学院のマンガイラスト学科です。

    ここからは、アミューズメントメディア総合学院のマンガイラスト学科のおすすめポイントについてご紹介します。

    マンガとイラスト両方学べる

    マンガイラスト学科は昼2年制で、マンガとイラストの両方が学べるのが特徴です。
    漫画家デビューだけでなく、イラストレーターとしても活躍できるチャンスがあります。

    マンガとイラスト両方のスキルを活かして、雑誌や動画などの広告業界で働くこともできます。

    漫画家デビューを目指しているけど、就職できるスキルも身に付けておきたいという方にもおすすめです。

    即戦力を目指せるカリキュラム

    AMGは学生のうちからプロの現場で仕事を経験するなど、実践的なカリキュラムになっています。

    また、プロの漫画家やイラストレーター、編集者などが、講師としてさまざまな視点からマンガ・イラスト制作を指導してくれるので、業界で必要なスキルがしっかり身に付きます。

    他校とは違うデビューサポート

    「編集部批評会」という、マンガ雑誌の編集部の方に学生の作品を見ていただく場があります。

    多くのマンガ専門学校でこのような取り組みをしていますが、AMGでは開催する回数が多く、毎月行っています。

    また、一度に複数の編集部が来るのが一般的ですが、AMGでは1回につき1社のため、じっくり添削してもらえるのが特徴です。

    マンガ学科ページ

    まとめ

    インターネットには「マンガの専門学校に行くのは無駄」という意見もありますが、自分に合った学校をしっかり選んで、デビューしている人もたくさんいます。

    漫画家を目指している人は、今回紹介したポイントをしっかりチェックして、ぜひ色々なマンガ専門学校を比較してみてください。

    専門学校を比較するには、オープンキャンパスがおすすめです。
    オンラインで気軽に参加できるオープンキャンパスも増えているので、色々な学校を見てみましょう。

    アミューズメントメディア総合学院でも、オンラインオープンキャンパスを開催しています。
    自宅からでも、プロの先生からマンガやイラストの描き方を教えてもらえますよ。

    もちろん、来校型のオープンキャンパスも開催!
    次回のオープンキャンパスについては、こちらのページで確認してみてください。

    >>オープンキャンパス

    資料請求案内 イベント案内

    監修・運営者情報

    監修・運営者アミューズメントメディア総合学院 マンガイラスト学科
    住所東京都渋谷区東2-29-8
    お問い合わせ0120-41-4600
    詳しくはこちらhttps://www.amgakuin.co.jp/contents/comic/
    名前