未経験者がゲームプランナーになるための方法とは

  • by

    ゲームが何よりも好きで、未経験だけどもゲームプランナーになりたいと思っている方は、多いのではないでしょうか。
    結論から言うと、ゲームプランナーを育成する専門学校や大学に入学していなくても、ゲームプランナーとして働くことができますし、活躍することもできます。
    ここでは、未経験でもゲームプランナーになるための方法を、詳しくご紹介します。


    未経験からゲームプランナーになる方法

    ゲームプランナー(ゲームデザイナー)になるのは
    未経験からゲームプランナーになるための主な方法は、以下の3つになります。

    • 他業種から転職
    • アルバイト・デバッガーとして入社
    • 専門学校へ入学

    では、それぞれの方法を詳しく解説いたします。

    他業種から転職

    ゲーム業界自体が未経験であっても、他業種からゲームプランナーとして転職し、ゲームプランナーとして活躍している方が大勢います。
    企業に直接応募するのか、もしくは転職エージェントを利用するのか、はたまた知り合いのツテを活用するのかは、人それぞれになります。

    他業種から転職する際のアピールポイントは後述しますが、実例として、他業種のデバッガーや銀行員からゲームプランナーに転職した人がいます。
    そのため、必ずゲームプランナーに転職できるとは断言できませんが、自分次第で未経験から働くことは十分に可能です。

    デバッガーからキャリアアップ

    ゲーム制作会社の体制や制度によりますが、ゲームプランナーにキャリアアップすることを見据えた上で、まずはデバッガーとして働くことも、なるための方法の1つになります。
    アルバイトや契約社員など、どういう形態で雇用されるのかはゲーム制作会社によりますが、実際にデバッガーからゲームプランナーへとキャリアップを果たした方は大勢います。

    未経験が理由でゲームプランナーへと転職するのが難しい場合は、デバッガーからのキャリアアップを検討してみてはいかがでしょうか。
    しかしながら、デバッガーからゲームプランナーへとキャリアアップできるかどうかは、制作会社によって異なりますので、その点には注意してください。

    専門学校へ入学

    専門学校へ入学
    ゲームプランナーを養成する学科やコースが開設されている専門学校へ入学することも、未経験で働くための方法になります。
    ゲームプランナーとして働く上で必要となるノウハウやいろはを徹底的に学べますし、やはり専門学校だけあって、就職しやすいというのが最大の強みとなります。

    大学を経てゲームプランナーになることも可能ですが、卒業までに少なくとも4年間は費やさなければなりません。
    そのため、社会人の方でゲームプランナーのいろはをゼロから学びたいという方は、専門学校に入学してみてはいかがでしょうか。

    経験者の方が転職しやすい傾向がある

    ゲームプランナーになるための方法をご紹介しましたが、未経験者よりも経験者の方が、転職しやすい傾向にあります。
    ゲーム業界は全体的に実力主義の傾向がありますし、新たにゲーム制作会社を立ち上げる際には、スキルや知識を有する経験者の方が重宝されるからです。

    ですが、ご紹介したように、他業種から転職を果たした方は大勢います。
    そのため、自分次第で転職の可能性がゼロになることはありません。

    未経験者が転職する際の重要なポイント

    転職する際には、どういったことに気を付ければ良いのかよく分からない、という方が多いのではないでしょうか。
    以下では、ゲームプランナーに転職する際の重要なポイントを、3つ程挙げて解説していきます。

    ゲームプランナーに関わるスキルのアピール

    ゲームプランナーに関わるスキルをもしも持っているとしたら、それをアピールすることが、転職する際の重要なポイントの1つになります。
    例えば、KPI分析を含めたマーケティングスキルやプログラミングスキル、ユーザーインターフェースのデザインスキルやマネジメントスキルなどがあれば、上手くゲームプランナーに絡めて存分にアピールしましょう。

    Officeソフトの操作スキルが求められる

    ゲームプランナーの求人募集には、WordやPowerPointなどのOfficeソフトを操作できることが、要件として挙げられていることが多いです。
    ゲームプランナーは、プレゼンの資料や仕様書の作成を常日頃から行うことが多いからです。

    そのため、プログラミングスキルなどを持っていない方は、最低限Officeソフトを使いこなすだけのスキルを持っておくようにしましょう。

    熱意や魅力が篭った企画書の作成

    熱意や魅力が篭った企画書の作成ゲームプランナーの募集をしている会社で、ゲームの企画書の提出が必須になっている、もしくは歓迎しているところが多いです。
    ですので、未経験であっても、魅力や熱意が篭った企画書を作成することができれば、働ける可能性がグンと上がります。

    ゲーム制作会社の採用担当の方は、企画書から応募者の熱意を測ることがよくあるため、どれだけ企画書が作り込まれているのかが鍵になってきます。
    ゲームプランナーに限った話ではありませんが、熱意のない人を採用したいとは思えませんよね。
    その上、面白いと思えるような魅力があれば、会社側も採用を躊躇する可能性が低くなります。

    論理的な思考力

    論理的な思考力を持っていることも、転職する際のアピールポイントになります。
    ゲームプランナーは、企画書を通すためのプレゼンをする際に、面白さを論理的に説明する必要があるからです。

    そのため、例えば『ただゲームが好き』とアピールするのではなく、好きな理由を論理的に説明した方が良いでしょう。
    なおかつ、その理由が応募した会社にどう活かせるのかも論理的に説明することができれば、他者との差別化を図るための重要なポイントになります。

    まとめ

    ゲームプランナーは、未経験であってもなれる可能性が十分にある職種です。
    他業種から転職する場合は、デバッガーからのキャリアアップを図るか、上述したようなポイントを参考に、ゲーム制作会社に応募してほしいです。
    未経験者の誰もがゲームプランナーになれる訳ではないので、少しでも可能性を上げるための努力をしましょう。

    ゲームプランナーになるために知っておきたい情報はこちら

    資料請求案内 イベント案内

    監修・運営者情報

    監修・運営者アミューズメントメディア総合学院 ゲームクリエイター学科
    住所東京都渋谷区東2-29-8
    お問い合わせ0120-41-4600
    詳しくはこちらhttps://www.amgakuin.co.jp/contents/game-director