絵が上手くなる方法とは?初心者向けの練習やイラストが上達するコツをご紹介

  • by

    「もっと絵が上手くなりたいけど、どんな練習をしたらいいかわからない…」と悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

    イラストのスキルを上達させるには、練習を続けることが大事ですが、ただ何も考えずに自己流でやっていても上手くなりません。

    この記事では、初心者向けの練習方法やコツといった、絵が上手くなる方法をご紹介していきます。

    簡単に絵が上手くなる方法はありませんが、効率の良い練習方法は存在します。

    初心者が行うべき練習方法について解説しますので、毎日少しずつ描き続けていきましょう。


    絵が上手くなる練習方法①トレース

    トレースとは、お手本となるイラストの上にトレース用の紙を重ね、その上からお手本をなぞって描くことです。

    イラストの基本的な描き方や上手な線の引き方などが学べるので、初心者におすすめできます。

    練習するときは、ただ線をなぞるのではなく、イラストに使われているテクニックをよく見ながらなぞると効果的ですよ。

    〜トレースの練習方法(アナログの場合)〜

    アナログの場合、トレーシングペーパーをお手本のイラストの上に重ねて置き、鉛筆などでイラストをなぞっていきます。

    トレーシングペーパーは半透明の薄い紙で、100円ショップなどでも購入できます。

    また、トレース台を使用する場合は、以下の手順でトレースが可能です。

    1. お手本のイラストをトレース台に載せる
    2. その上にコピー用紙などを重ねて固定する
    3. トレース台のライトをつけるとイラストが透けて見えるので、鉛筆などでなぞる

    トレース台があればトレーシングペーパーは必要ありません。
    コピー用紙などに描けるため、色塗りも可能です。

    〜トレースの練習方法(デジタルの場合)〜
    デジタルの場合、ペイントソフトのレイヤー機能を使ってトレースができます。

    1. ペイントソフトでお手本となるイラストを開く
    2. お手本イラストの不透明度を20%~50%に下げる
    3. お手本イラストの上に、新しいレイヤーを作成してお手本をなぞる

    トレースの練習での注意点

    ・トレースの練習だけでは絵は上手くならない
    初心者がトレースをすることできれいな線の引き方を学べますが、トレースだけで絵が上達するわけではありません。

    これからご紹介する他の練習も合わせて行ってくださいね。

    ・トレースしたイラストには著作権がある
    トレースはコピーや複製と同じ扱いになるので、トレースしたイラストを公開する、配布するといった行為は、著作権の侵害になります。

    また、お手本イラストを一部だけトレースしたものでも、著作権を侵害する可能性があるので注意してください。

    絵が上手くなる練習方法②模写

    模写とは、お手本のイラストをよく観察しながら描き写すことです。

    お手本のイラストをなぞるトレースとは異なり、お手本のイラストを見ながら自分の力で絵を描きます。

    トレースと比べてお手本のイラストそっくりに描くことが難しいので、観察力や絵全体、パースごとのバランス把握能力を磨くことが可能です。

    模写するときも、ただなんとなく絵を書き写すのではなく、絵全体のバランスや描き方のテクニックなどをよく観察しましょう。

    模写がおすすめな理由

    模写の練習には様々なメリットがあるので、ご紹介します。

    観察力が上がる

    お手本イラストそっくりに模写をするには、線の描き方やパーツの位置、全体のバランスをよく見ながら丁寧に描く必要があります。

    模写を繰り返すことで、観察力を身につけることが可能です。

    モチベーションが上がる

    自分の好きな作品やキャラクター、目標とする作家の絵を模写のお手本にすることで、楽しく練習することができます。

    様々なイラストの模写を繰り返すことで上達していくので、モチベーションを保ちながら練習できるのは大事なことですね。

    効率よくスキルアップできる

    プロの絵を分析しながら模写をすることで、プロの技術を吸収することができます。

    自己流で絵の練習をするよりも、模写を続けた方がはるかに効率よく絵を上達させることができるので、おすすめです。

    上手に模写をするためのポイント

    模写のスキルを上げるためのポイントを解説していきます。

    絵の全体像を把握する

    まずは絵全体のバランスを見ることが大事です。

    イラストやマンガの一部だけを最初から丁寧に描き込むのではなく、まずは全体像を簡単な線で書いていきます。これがアウトライン(全体像)です。

    「最初は全体、細かい部分は最後に」という順序を覚えておきましょう。

    線を意識する

    絵を模写する際は、線の強弱を意識しましょう。

    プロの絵をよく見ると、太い線や細い線、勢いよく描かれた線、ぐにゃぐにゃしている線など、1つの絵の中に様々な線が描かれているのがわかります。

    プロの描く線には必ず意図があり、「やわらかい物体を表現したいときはやわらかい線を使う」といった技術が使われているのです。

    これは細部まで見ないと気がつかないかもしれません。

    プロの線の引き方もよく観察しながら、模写をしてみてくださいね。

    重心を意識する

    人間の絵にリアリティが出ないのであれば、人物の重心を考えて模写をしてみましょう。

    立っているポーズの場合、右足と左足のどちらに重心がかかっているのかを意識してみてください。

    実際に自分が同じポーズをとってみることで、重心がどこに置かれて、どこの力が抜けているのかを理解できます。

    絵が上手くなる練習方法③人体構造の理解

    人間を描く上で欠かせないのが、人体の構造を理解することです。

    おおよその人体構造がわかっていないと、ポーズや動きの表現が不自然になってしまいます。

    人間を描くときのポイントは「骨、関節、筋肉」です。

    骨の構造を理解していると、体の各パーツの長さや大きさの比率が正しい絵が描けるようになります。

    関節の構造を理解していれば、関節が曲がりすぎてしまう、手足の方向が不自然になるといったことが起こりにくくなります。

    さらに筋肉のつき方を理解すれば、自然でリアルなボディラインを描くことが可能です。

    人体構造を理解するための方法

    人体構造は、実物やお手本を見ながら何度も描くことで理解することができます。

    人体構造を理解するための練習方法をいくつかご紹介するので、参考にしてください。

    クロッキーを行う

    クロッキーとは、数秒〜10分ほどの時間で素早く人物や動物などを描写することです。

    速写とも呼ばれ、瞬間的にモデルの特徴を捉えて、大事な要素だけをシンプルな線で伝える練習になります。

    物体の構造の本質を最短距離で理解できるので、効率的に画力を上げられる練習方法です。

    家族や知人、人物写真などをモデルにクロッキーを続けることで、頭身や骨格といった人体構造を理解できるようになるでしょう。

    デッサンを行う

    クロッキーの他に、デッサンも人体構造の理解に役立ちます。
    デッサンはクロッキーよりも時間をかけて行い、対象物をよく観察して形や質感を捉えます。

    人物モデルを観察して行うのが一般的ですが、デッサン人形でも代用できます。

    デッサン人形は様々なポーズが取れるようになっているので、宙に浮いた状態のポーズや複雑なアクションシーンのポーズを作って、それを参考に絵を描くことも難しくありません。

    デッサン人形は100円ショップで購入できるものもあれば、数万円する本格的なものまで幅広く販売されているので、予算や用途に合ったデッサン人形を持っておくことをおすすめします。

    本を使って人体構造を学ぶ

    美術用の人体構造の解説本を参考にするのもいいでしょう。

    実物を見て描くことも大事ですが、美術用の本であれば「人間らしく描くにはどうしたらいいのか」といった絵を描くときのポイントも解説されています。

    本を参考にする際は、必ず絵を描く人向けの解剖図が載っているものを選びましょう。

    絵が上手くなりたいなら専門学校に通うのがおすすめ

    絵が上手くなりたいなら専門学校に通うのがおすすめ
    これまで、絵が上手くなる方法についてご紹介してきました。

    もし将来、絵を描くことを仕事にしたいと考えているのであれば、専門学校に通うことをおすすめします。

    毎日練習することでイラストが上達するのは確かですが、独学では限界があるのが事実です。

    専門学校では、現役プロの講師に教えてもらえるので、指摘も明確で自分の苦手な部分の克服もしやすくなります。

    また、就職や独立のサポートも受けられるので、プロへの近道とも言えるでしょう。

    大阪アミューズメントメディア専門学校では、絵の基礎からしっかりと学ぶことができる上に、在学中にプロの制作現場を経験しながらプロの仕事ができます!

    絵を仕事にしたいという想いがある人は、ぜひ資料請求やオープンキャンパスに気軽に参加してみてくださいね。

    資料請求案内 イベント案内

    監修・運営者情報

    監修・運営者アミューズメントメディア総合学院 キャラクターデザイン学科
    住所東京都渋谷区東2-29-8
    お問い合わせ0120-41-4600
    詳しくはこちらhttps://www.amgakuin.co.jp/contents/chara/
    名前
    トップへ