イラストレーターの年収事情。フリーランスでも収入は大丈夫?

  • by

    イラストレーター志望の人から、「絵の仕事で生活していけるの?」という不安が寄せられます。

    せっかく自分のやりたいことがはっきりしているのに、なんとなく収入が不安だからという理由で夢を諦めてしまうのはもったいないです。

    この記事では、イラストレーターになりたい人が安心して絵の仕事を目指せるように、収入事情について解説します。
    イラストレーターを目指すなら知っておきたい、フリーランスの収入についてもご紹介。

    イラストレーターの平均年収

    イラストレーターの平均年収は、356万円です。

    ただしフリーランスとして働いているイラストレーターも多く、個人差が大きいため、平均年収だけでイラストレーターの収入を判断するのは難しいでしょう。

    収入が多いイラストレーターになるには

    収入が多いイラストレーターになるには
    イラストレーターは、スキルと収入が直結しやすい仕事です。
    収入を上げたいなら、スキルアップするのが一番です。

    スキルアップというと、「画力を上げれば良いの?」と思う人も多いかもしれません。
    もちろん画力があるに越したことはありませんが、上を目指すとキリがありませんよね。

    そこでおすすめなのが、画力以外の能力も身に付ける方法です。
    たとえばイラストの他にマンガも描ければ、今流行りのマンガ広告の仕事を受けられるようになります。

    他にも、イラストだけでなくWebデザインの知識もあれば、ホームページのイラストを手がけられます。

    このように画力はもちろん、それ以外の能力も身に付けることで仕事の幅が広がり、収入も上がりやすくなるでしょう。

    フリーランスイラストレーターの収入事情

    すでに説明した通り、イラストレーターはフリーランスで活動している人も多いです。
    これからイラストレーターを目指す人は、フリーランスとして独立した場合の収入事情も知っておくのがおすすめです。

    フリーランスイラストレーターは会社に所属するイラストレーターと違い、仕事の量で収入が決まります。
    仕事を受けるほど収入が上がりますが、受けられなければ十分な収入が得られません。

    フリーランスとして生計を立てられるようになるまで、だいたい2〜3年はかかると考えましょう。

    ただし会社員イラストレーターとして経験を長く積めば、実力も実績も十分あるので、早く生計を立てられる可能性が高いです。

    また、学生のうちからフリーランスイラストレーターとして経験を積み、卒業する頃には十分生活していける程度の収入を得られるようになったというケースも珍しくありません。

    フリーランスイラストレーターが収入を上げるには

    フリーランスイラストレーターが収入を上げるには

    イラストの相場を知る

    イラストの仕事の中には、単価が極端に低いものもあります。
    イラストの相場を知らないと、単価の低い案件ばかり受けたり、報酬を不当に下げられたりするかもしれません。

    参考までに、雑誌の小さなカットイラストなら1点3,000円〜4,000円、ポスター広告なら20万円〜、キャラクターデザインなら数十万円ほどが相場です。

    ただし、依頼元の企業の予算やイラストレーター本人のスキルによって報酬も変わるので、上記の金額が必ず正しいわけではありません。

    最も確実なのは、同業者から相場を聞くことです。
    会社員時代の同僚や取引先、学生時代の同級生など、イラストレーター仲間から情報を集めましょう。

    制作スピードを上げる

    フリーランスのイラストレーターは、イラスト制作が早いほどたくさんの案件を受けられて収入が上がります。

    制作スピードを上げるためには、普段から基礎画力を上げるトレーニングをするのがおすすめ。
    特に、速写と呼ばれるクロッキーを練習すると良いでしょう。

    その他、デジタルソフトを使ったイラスト制作に慣れるのも、制作スピードを上げるのに役立ちます。

    プロのイラストレーターとして経験を積むうちに制作スピードを上げることもできますが、できればイラストを学ぶ学生のうちから制作スピードを意識するのが理想です。

    より専門性の高い仕事を受ける

    絵を描ける人なら誰でも受けられる仕事だと、競争率も高く、単価もそこまで上がらない傾向にあります。

    より専門性の高い仕事なら、単価も高く収入も上げやすいでしょう。
    「この仕事は自分にしかできない」という案件なら、継続して受注できるので収入も安定します。

    「収入が多いイラストレーターになるには」では、仕事の幅を広げるためにプラスアルファのスキルを身に付けると紹介しましたが、専門性の高い仕事を受けるためにもこのプラスアルファのスキルは必要です。

    まとめ

    イラストレーターはスキルと収入が直結しやすい仕事なので、年収の個人差が大きいです。

    特にフリーランスとして働くイラストレーターが多いので、平均を出すのは難しいでしょう。

    イラストレーターとして収入を上げるには、画力にプラスして他のスキルも身に付けるのがおすすめです。

    単に画力を上げるだけでなく、幅広くスキルを身に付けることで、十分な収入を得られるイラストレーターになれるでしょう。

    イラストレーターになるには?進路ややるべきことを解説

    資料請求案内 イベント案内

    監修・運営者情報

    監修・運営者アミューズメントメディア総合学院 キャラクターデザイン学科
    住所東京都渋谷区東2-29-8
    お問い合わせ0120-41-4600
    詳しくはこちらhttps://www.amgakuin.co.jp/contents/chara/
    名前
    トップへ