3Dモデルの作り方とは?初心者が知るべき作成方法まとめ

  • by
    3Dモデルを作りたい人

    今の時代、ゲームや映画などさまざまなコンテンツにおいて3Dモデルが使用されています。
    みなさんの中にも、そのような3Dモデルを自分で作ってみたいと考えたことのある人がいるのではないでしょうか。
    3Dモデルの作り方は難しいと思われがちですが、3D制作用のソフトを用いることで意外と簡単に作ることができてしまいます。
    今回は3D初心者の方に向けて、3Dモデルの作り方について解説していきたいと思います。


    • アミューズメントメディア総合学院 ゲーム・アニメ3DCG学科
    • アミューズメントメディア総合学院 ゲーム・アニメ3DCG学科では、モデリングやエフェクトなど、企業が求めるスキルを幅広くマスター。
    • 2年間で計4回のチームでの制作実習の経験を生かし、カプコンなど大手企業で先輩たちも活躍しています。
    • アミューズメントメディア総合学院 ゲーム・アニメ3DCG学科
    • アミューズメントメディア総合学院 ゲーム・アニメ3DCG学科では、モデリングやエフェクトなど、企業が求めるスキルを幅広くマスター。
    • 2年間で計4回のチームでの制作実習の経験を生かし、カプコンなど大手企業で先輩たちも活躍しています。

    3Dモデルとは

    3Dモデルとは、3次元の立体として作られたモデルデータのことをいいます。つまり、3Dの人や動物などのイメージということになります
    平面上のイメージである2Dとは異なり立体的なイメージであるため、全角度から姿を捉えることができます。

    3Dモデルの多様性

    近年のゲームなどはそのほとんどが3Dモデルを用いて作られているため、日常的にゲームをされる方にとっては馴染みのあるものでしょう。
    また、ゲームだけでなく映画やCM、ミュージックビデオ、VR・AR、バーチャルYouTuberなどあらゆるコンテンツにおいても、3Dモデルが取り入れられています。特にディズニーやピクサーなどの立体的なアニメーション映画では、キャラクターや背景などすべてが3Dモデルで制作されていることもあります。
    最近では個人でも、3Dモデルを使用したゲームや映像などを作る人がおり、また3Dプリンターでオリジナルのフィギュアを作る人などもいるようです。

    3Dモデルを入手する3つの方法

    無料ソフトを使って3Dモデルを作る

    >無料ソフトを使って3Dモデルを作る最もおすすめの入手方法は、やはり自分で3Dモデルを作成するという方法です。3D作成用のソフトを使うことで、個人で3Dモデルを作ることができます。
    3D作成用のソフトには無料ものもあり、中には初心者向けの操作が簡単なものもあるため、初心者の方でもつまずくことなく手を出すことができるでしょう。
    ここではおすすめの無料ソフトを2つご紹介いたします。

    Blender

    「Blender」は有志の寄付によって開発された、統合型3DCG作成専用ソフトです。
    Blenderには、無料のソフトなのにもかかわらず、有料ソフトに匹敵するほどの豊富な機能を備えているというメリットがあります。
    チュートリアルもネットに多く出ており、CG作成初心者でも扱いやすいソフトとして知られています。
    全く3D作成の経験がなく、まず手始めに無料で3Dモデルを作ってみたいという方にはぴったりのソフトではないでしょうか。

    Meshmixer

    「Meshmixer」はスカルプト系の無料の3DCG作成専用ソフトです。
    メッシュ合成機能や最適な形でサポート素材をつけられる機能など、3Dプリントに適した性能が豊富な点が大きなメリットとなります。
    さらに、3Dプリント用にデータを修正したり、備えられているいくつかのベースモデルを組み合わせて簡単に質の高い3Dモデルデータを作成したりと、とても使い勝手の良いソフトになっています。

    有料ソフトを使って本格的に3Dモデルを作る

    前の項で紹介した無料ソフトでも3Dモデルを作成することが可能ですが、より本格的な3Dモデルを作りたいと考えている方には、有料の3D作成ソフトをおすすめします。
    ここではおすすめの有料ソフトを3つご紹介します。

    3DS MAX

    「3DS MAX」はAutoDesk社によって開発された、高品質で機能性に富んだ3D作成専用ソフトです。
    数ある専用ソフトの中でも特に多くの機能を備えたソフトになっており、この「3DS MAX」か後述の「MAYA」があればCG作成のほとんどの作業を行うことができると言われています。
    世界的にも多くの3D制作会社でも導入しており、ハリウッド映画に使用される3Dデータの作成にも使われています。
    価格はプロ仕様のソフトなりにやや高めに設定されていますが、最初の30日間は体験版として無料で使用することができます。
    また、学生の方は無料で使用することができます。

    metasequoia

    株式会社テトラフェイスが開発した国内産の3D作成ソフト「metasequoia」は、各コマンドの視認性が良く、動作が軽いという特長があります。3D作成ソフトにおいて動作の軽さはとても重要で、ストレスなく作業を行うことができます。
    有料ソフトの中では安めの価格設定であり、無料版もあるため、無料ソフトから乗り換えたいという方にもおすすめです。

    MAYA

    MAYA「MAYA」は先述の「3DS MAX」と同じく、AutoDesk社によって開発された、高品質で機能性に富んだ3D作成専用ソフトです。
    こちらのソフトも世界的に多くの制作会社が導入しており、授業に取り入れている学校や企業なども存在しているほど、勉強しやすいソフトでもあります。
    「3DS MAX」にはないメリットとして、MELがあることによって豊富な機能を備えるプラグインの開発が出来るようになっています。
    カスタマイズの選択肢がとても多い、まさに使いがいのあるソフトだと言えます。

    業者から3Dモデルを購入する

    3D作成ソフトで自分で作る以外の3Dモデルの入手方法として、プロの制作業者から既製品を購入するという方法があります。
    代表的な例として、「CGtraⅮer」や「sketchfab」などでは3Dモデルデータを販売しています。
    業者から購入する場合には費用がかかり、自分で作成するという目的は果たせませんが、プロが作成したデータであるため品質は申し分ないものになっているでしょう。
    とにかく早急に3Dモデルデータが必要だという方には、この方法が最も適しているかもしれません。

    3Dモデルの作り方

    3Dモデルを作り方は、以下のようになります。
    それぞれの工程を詳しく解説するので、ぜひ参考にしていただきたいです。

    3Dツールを選ぶ

    先程ご紹介した3Dの制作ツールを、まずは選ぶ必要があります。
    先述した特徴を参考に、目的に応じてツールを選定していただきたいのですが、3Dモデルを初めて作成するという方は、無料ソフトを使用してみてはいかがでしょうか。
    そして、作成しているうちに本格的に作りたいと思い始めたら、有料ソフトを購入してみてみましょう。

    3Dにするキャラクターの三面図を用意する

    まずは、3Dにするキャラクターの三面図(データ)を用意することから始めましょう。
    三面図がなくてもモデルを作成することは可能ですが、精微な3Dモデルを目指すなら、必要となる代物です。
    人物を3D化するなら、正面と横、そして背面の絵を書くのが一般的で、なおかつパースがない方が、下絵としての役割を存分に果たしてくれます。

    モデリングを行う

    三面図を書き上げたら、次はモデリング(ポリゴンモデリング)を行います。
    まずは、正面と横、そして背面の絵をx軸とz軸に下絵として用いながら頂点を配置し、線で繋いでいきます。
    具体的には、三面図に沿って頂点を作成し、頂点同士を線で繋いでポリゴンを複数作成していくのです。

    ポリゴンとは

    ポリゴンのイメージ
    ポリゴンとは、三角形や四角形などにおける面を意味します。ちなみに、ポリゴンで構築させた物体(人体)であっても、頂点を移動させたり、頂点と頂点の間に別の頂点を配置することで、擬似的に曲線を再現できます。
    初心者の方は、ポリゴンや頂点を作りすぎないようにしましょう。作りすぎでしまうと、それだけ扱うのが難しくなってくるので、初めのうちは少なめに作ることがオススメです。

    モデリングとは

    そもそもモデリングとは、2Dデータを用いて3Dグラフィックの形状データを作成する作業のことを言います。
    そして、上記ではポリゴンを作っていく作業方法について述べましたが、それはポリゴンモデリングと言います。
    ちなみに、モデリングを専属で行う人はモデラーと言われています。
    なお、モデリングの方法は他にもあるので、下記にて説明いたします。

    スカルプティングとは

    スカルプティングとは、粘土を用いてこねているかのようにモデル全体を思うがまま変形させる作業のことです。
    きめ細かく作れる特徴がありますが、結果的にポリゴンの数が増加してしまうので、このままの状態でゲームに組み込まれることはありません。

    テクスチャー・マテリアルの設定

    モデリングにより形状データを作成した後に、テクスチャー(マテリアル)の設定を行います。
    テクスチャーおよびマテリアルの設定は、具体的には色や質感を付与したり、透過率などを設定することで、無機質な3Dモデルにリアル感を持たせるための作業になります。
    3Dモデルに質感を持たせるための方法を『テクスチャマッピング』と言い、色を付与する『カラーマップ』や透過率を調整する『透過マッピング』など、その方法の種類は様々あります。

    リギングを行う

    モデリングとテクスチャーの設定を行うことで、3Dキャラクターは完成します。
    ですが、このままではただ立っているだけのキャラクターになってしまいますので、リギングという作業を行って、キャラクターが動く仕組み(リグ)を作っていきます。
    まずは、ボーン(ソフトによっては『スケルトン』もしくは『バイブ』)をキャラクターに埋め込み、リグを生成しましょう。

    最後に、キャラクターを動かしても不自然に見えないように調整することで、完成します。
    ちなみに、このリギングという作業を専属で行う人をリガーと呼び、アニメのように絵と絵を繋いでキャラクターに動かす作業を、『アニメーション』と言います。

    レンダリング

    最後に、3Dデータのファイルを2Dの静止画や動画として書き出す(生成)作業、レンダリングを行います。
    上記の作業をすることで、画像や映像を出力できるのですが、特に映像を出力するには多大な時間が費やされます。
    そのため、テクスチャーなどの段階で簡易的にレンダリングを幾度か行って、微調整をするのが一般的です。

    まとめ

    ゲームや映画などで見かけることも多い3Dモデルは、無料や有料のソフトを使うことで自作することが可能です。
    ソフトによって特徴があるため、自分の作りたいイメージに合わせて選んでいくと良いですね。
    今後さらに進歩するであろう3D技術。作り方を知っておくことで、自分の強みとして活かすことができるかもしれません。

    資料請求案内 イベント案内

    監修・運営者情報

    監修・運営者アミューズメントメディア総合学院 ゲーム・アニメ3DCG学科
    住所東京都渋谷区東2-29-8
    お問い合わせ0120-41-4600
    詳しくはこちらhttps://www.amgakuin.co.jp/contents/cg-design
    名前