【業界ナビ 31(最終回)】自分の道にあった進路を選ぼう!(2)

20170705_news2

「声優業界ナビ」では、声優業界に興味を持っている方や現在勉強中の方に役立つ内容をご紹介していきます。最終回は「自分の道にあった進路を選ぼう!(2)」です。


 
 
 
 

  • アミューズメントメディア総合学院 声優学科
  • アミューズメントメディア総合学院 声優学科は、プロダクション直接所属67.7%。インターンシップではプロの声優と一緒に仕事ができ、学生のうちから現場を経験できます。
  • 柿原徹也さん、白井悠介さん、降幡愛さんなど、AMG卒業生の人気声優もたくさんいらっしゃいます。
  • アミューズメントメディア総合学院 声優学科
  • アミューズメントメディア総合学院 声優学科は、プロダクション直接所属67.7%。インターンシップではプロの声優と一緒に仕事ができ、学生のうちから現場を経験できます。
  • 柿原徹也さん、白井悠介さん、降幡愛さんなど、AMG卒業生の人気声優もたくさんいらっしゃいます。


声優の専門学校や大学で学ぶ

養成所の中には初心者を対象としたコースもありますが、入るための審査があるため、初心者コースといえど狭き門です。従って、入るための審査がない専門学校や大学などで演技の基礎を学んでから、養成所へ進むのがいいかもしれません。道のりとしては遠回りと思うかもしれませんが、演技初心者なら逆に最短コースなのかもしれません。
専門学校は週5日で、演技の基礎からじっくりと学ぶことができる上、現役のプロ声優から直接演技指導を受けることもできます。さらにインターンシップでの声優体験やプロダクション所属への学内オーディションなど、多くのチャンスがあります。また、多くの卒業生はプロダクション付属の養成所に合格しています。中には直接プロダクションに所属するケースもあり、専門学校から養成所へと入りデビューした人も少なくありません。
また、大学や短大などの声優学科などに所属して学ぶのもいいかもしれません。大学の授業で得られる豊かな教養や広い視野は、演技をしていく上で必ず役立ちます。さらに大学卒業資格も得られるため、もし声優の道が絶たれたとしても、大学卒業資格があれば就職で苦労することも少なくなると思います。
その他、高校や大学の演劇部や演劇サークルで演劇も学ぶ方法もあります。部活やサークルは、仲間と一緒に演じる楽しさや喜びを最も実感できる場所かもしれません。ですが、部活やサークルの場合、専門の指導者がいないことが多いため、発声や発音に変なクセがついてしまうこともあります。独学での練習は避け、ボイストレーナーなどの専門の指導者がいるところを選んだ方がいいでしょう。

声優学科

演技初心者なら専門学校が最短コース

声優の基本は演技。そのため、演技経験者なら養成所をスタート地点に選ぶといいでしょう。ですが、これから声優になろうと思う演技初心者の人は、専門学校をスタート地点に選ぶことをオススメします。先にも述べましたが、専門学校は基礎からしっかりと学べる他、指導レベルが高く実践的な技術が学べます。専門学校の入学者の多くは演技初心者ですが、指導レベルの高さから演技経験者も入学するほどです。
さらに、プロダクション所属の学内オーディションでは、声優プロダクションだけでなく、ナレーション系プロダクションや音楽プロダクションなど、幅広いジャンルのプロダクションが参加するため、自分の行きたいプロダクションをじっくり選んで受けられるのも専門学校がオススメの理由の1つです。
ですがどの進路を進むにしても、常に思い続けてほしいことは「絶対に声優になるぞ」という強い意志です。この意志が強固であれば、どんな困難にも負けずに乗り超え、声優への道が切り開かれるはずです。


「声優業界ナビ」は、学院が発行している業界本「業界ナビゲーションブック 声優編」の一部を抜粋してご紹介しています。

20160929_navi

資料請求案内 イベント案内

監修・運営者情報

監修・運営者アミューズメントメディア総合学院 声優学科
住所東京都渋谷区東2-29-8
お問い合わせ0120-41-4600
詳しくはこちらhttps://www.amgakuin.co.jp/contents/voice/