女性の方に効果的なボイストレーニング方法

ガッツポーズをする女子高生

  • この記事は、アミューズメントメディア総合学院の声優学科が執筆しています。

女性がより魅力的な声を出すためには、どのような練習を行っていけば良いのでしょうか?
男性と女性では音域に違いがあるため、鍛えるべきポイントは変わってきます。
今回は女性の方に効果的なボイストレーニングの方法を紹介していきますので、是非とも参考にしてみて下さい。

 

  • この記事は、アミューズメントメディア総合学院の声優学科が執筆しています。

 

女性の声の特徴

女性の声の平均周波数は220Hz〜270Hzと言われており、男性の平均周波数 130Hz〜150Hzに比べて高い数値となっています。
そのため日常で耳にする女性の声は大抵の場合、男性よりも高く聞こえます。
さらに、女性の歌声を聴いていると、地声の限界値が男性よりも高いという点や、裏声が得意な点に気付くでしょう。
しかしその反面、女性は低い声を出す機会がほとんど無いので、男性のような低音域の声を出すことに慣れていません。
では、女性が低い声を自然と発生できるようにするには、どのようなボイストレーニングが効果的なのでしょうか?
これについては、以下の項目で紹介していきます。

声優学科

女性に効果的なボイストレーニング

まずは低音の発生しやすい言葉を見つける

探し物をする女性まずはじめに、練習は低音の発生しやすい言葉を探すところから始めましょう。
例えば、「あ」という言葉が自分にとって低音の発生しやすい言葉だとすれば、その言葉を繰り返し発生していくことで、自然と低音域の声を出せるようになります。
人によって低音の出しやすいポイントは異なるので、まずは自分にとって低音の出しやすい言葉を見つけて下さい。

喉を開いて低い声を発声する

そもそも喉を開くとは何なのかと言うと、口の奥をしっかりと開けて発生するということです。
そのため、喉を開くことは、発生を上手にする上で欠かせないポイントになります。
喉が開いていない状態で発声をした場合、喉の奥にあるスペースが狭いせいか安定して声を出すことが難しくなります。
しかし喉を開いた状態のまま発声をすると、喉の奥にあるスペースに余裕が生まれることによって響きのある声を出せるようになります。
初めの内は慣れないかもしれませんが、できる限り喉を開くことを意識してボイストレーニングを行っていきましょう。

自分の声に合った曲を歌う

カラオケなどで曲を歌う際は、自分の声や音域に合わせて選曲することをオススメします。
難易度の高い曲を歌うのも良いですが、自分の音域から明らかにかけ離れたキーの曲を選んでしまうと喉を痛めてしまう恐れがあります。
大切なのは余裕のある範囲内で発声練習を行うことなので、歌う際はなるべく自分の歌いやすい曲を選びましょう。

声優学科

まとめ

今回は女性に効果的なボイストレーニング方法を紹介させて頂きました。
女性の場合は声のバリエーションをより増やしていけるよう、低音の発生練習が必要になります。
しかし女性の中にも個人差はありますので、自分に適した方法を日々行っていくことが大切です。

自分に合ったボイトレの方法を知りたい方はこちら

資料請求案内 イベント案内

監修・運営者情報

監修・運営者アミューズメントメディア総合学院 声優学科
住所東京都渋谷区東2-29-8
お問い合わせ0120-41-4600
詳しくはこちらhttps://www.amgakuin.co.jp/contents/voice/