声量を上げるためのボイトレ方法とは

声量を上げるためのボイトレ方法とは

  • この記事は、アミューズメントメディア総合学院の声優学科が執筆しています。
ボイトレとは声優や俳優が空いた時間などに取り入れている発声練習のことです。
ボイトレを日々適切な方法で積み重ねていくことによって声の通りが良くなり、今まで以上に物事を相手に伝えやすくなります。
また、カラオケで歌を歌う際などにはブレずに芯の通った歌声を披露することが可能です。
今回は声量を上げるためのボイトレ方法を分かりやすく紹介していきます。
ぜひ、今後の参考に目を通してみて下さい。

  • この記事は、アミューズメントメディア総合学院の声優学科が執筆しています。

声量が小さい人の特徴

声量が小さい人には幾つかの共通点が存在します。
その特徴として挙げられるのは主に以下の3つです。

  • 姿勢が悪い
  • 声帯が閉じていない
  • 口の開きが狭い

これら3つは声量が小さい人の特徴であると共に、声量が小さい原因でもあります。
従って、声量を上げるためには上記の3点を改善していかなければなりません。

声優学科

独学で声量を上げることはできるのか

結論から言うと、独学で声量を上げることは可能です。
一生懸命トレーニングに取り組んでいけば、声量を今まで以上に上げることができます。
しかし、しっかりとした予備知識を頭に入れておかないと、いくら練習を行ったところで声量を上げることはできません。
独学で声量を上げるためには、正しい方法や上手に行うコツなどを押さえておく必要があるので、実戦に入る前にあらかじめ方法やコツに関するポイントを把握しておくことが大切です。

声優学科

声量を上げるボイトレ方法

声量を上げるためにはどのようなボイトレを行っていけば良いのでしょうか?
これから声量を上げるためのボイトレ法を分かりやすく紹介していきたいと思います。
今後の参考に詳しく見ていきましょう。

腹筋、横隔膜を鍛える

腹筋、横隔膜を鍛える
体内にある腹筋や横隔膜は声量と深い関わりを持っています。
そのため、日々欠かすことなく適切な方法で鍛えていくことにより声量を上げることができます。
腹筋、横隔膜を鍛える方法としては、腹式呼吸やリップロールがあります。
もしかしたら意味や方法について知らない方がいるかもしれないので、それぞれの詳細を以下の項目で説明していきます。

腹式呼吸とは

腹式呼吸は胸筋を使わずにお腹だけで呼吸をすることです。
息を吸い込んでお腹を膨らませた後、今度はお腹を凹ませるように吸い込んだ息を吐き出します。
腹式呼吸を行うことで横隔膜という筋肉が上下し、通りの良い声を発声できたり、長時間息を継続することができるようになります。

リップロールとは

リップロールとは唇を閉じた状態でプルプルと動かすボイトレのことです。
リップロールには喉や表情筋をリラックスさせる効果や、お腹周りの筋肉を活性化させる効果があります。
リップロールは心身の落ち着いた状態で行うことが大切なポイントなので、実行する際は体全体をなるべくリラックスさせて臨むようにしましょう。

ロングブレスを行う

ロングブレスとは言葉通り強く呼吸することを言います。
思い切り空気を吸い込んで吐くという行為を繰り返すことによって声の安定感が増すため、音程が正確になったり、歌声の強弱のコントロールがしやすくなります。
ロングブレスで重要なポイントとしては、息をしっかりと最後まで吐き切ることと、使うべき筋肉に意識を向けることです。
そうすることで肺活量が上がりやすくなり、より息のコントロールを長く継続的に行うことができるようになります。
これからロングブレスを行う方は、この2つのポイントに意識してトレーニングに励んでいきましょう。

滑舌を意識して発声トレーニングを行う

滑舌を意識したトレーニングというのも声量アップに繋がる方法の1つです。
「早口言葉」や「同じ発音のトレーニング」、「50音を読むトレーニング」を行うことで、自分の苦手な音階や子音が鍛えられるため、次第に滑舌が改善していきます。
滑舌が良くなることで今まで出すのが難しかった音階もハッキリと発声することができるようになります。

タングトリル

タングトリルタングトリルとは、舌を上の歯の裏あたりに置いて巻き舌のように振動させるボイトレ方法になります。
タングトリルを行うことによって、舌がリラックスした状態となり、正しく音程を取ることができるようになります。
高音と低音のブレが無くなるので、カラオケやライブで歌を歌う際には、安定した歌声を披露することができるでしょう。

声優学科

まとめ

今回は声量を上げる方法について紹介させて頂きましたが、いかがだったでしょうか?
声量を上げることで声の響きが良くなるのは勿論、息が長時間持続しやすくなったり、歌声の強弱をコントロールしやすくなります。
また、滑舌も良くなるので、カラオケや日常会話のシーンでは自身の声をより明確に相手へと伝えることができるようになります。
現在声量を上げたいと考えている方はトレーニングを行っていく中で、今回紹介した内容を少しでも今後に活かして頂けると嬉しいです。

オススメのボイトレの方法はこちら

資料請求案内 イベント案内

監修・運営者情報

監修・運営者アミューズメントメディア総合学院 声優学科
住所東京都渋谷区東2-29-8
お問い合わせ0120-41-4600
詳しくはこちらhttps://www.amgakuin.co.jp/contents/voice/