専門学校入学に対して不安を感じている地方出身者の方へ

region
  • この記事は、アミューズメントメディア総合学院の声優学科が執筆しています。

声優になりたいという希望を持っていても、地方に住んでいるために東京の専門学校に通うのは大変……
という思いを持っている方は少なくないのではないでしょうか。
しかしアミューズメントメディア総合学院には大勢、地方から上京して入学している学生がいます。
それはなぜなのか、ここでは地方に住んでいる方々の不安を解消するための情報をお伝えします。

 
 
 
 

  • この記事は、アミューズメントメディア総合学院の声優学科が執筆しています。

約4割は地方出身者

アミューズメントメディア総合学院に通う学生の約4割は地方出身者で占められています。
内訳は首都圏からの入学者が約6割、のこり4割は中部・北陸、中国・四国、北関東、九州・沖縄、東北、近畿、北海道という順番になっています。

これは声優プロダクションやアニメ・ゲームの制作会社、出版社といったエンタテインメント業界の企業の大半が、東京に集中していることと大いに関係があります。

声優になるには東京にある専門学校で学び、卒業後も東京のプロダクションに所属して仕事をするというのがひとつのモデルケースとして確立されているのです。
声優の専門学校自体、地方の学校はまだまだ多くなく、一番たくさん存在しているのは東京です。

声優学科

アルバイトとの両立も可能

ただ、東京でひとり暮らしをするとなれば学費のほかに家賃や生活費もかかります。そのためにはアルバイトをする必要もあるでしょう。

アミューズメントメディア総合学院には、アルバイトをしながら声優になるための技術や知識を学んでいる学生も大勢います。
全日制に通うとなれば本格的なカリキュラムをこなすことになりますが、それでも学校とアルバイトの両立は十分可能です。

もしもどんなアルバイトをすればよいのかわからない、あるいは経済的な理由から東京でのひとり暮らしは難しそうと考えているのなら、各新聞社の奨学生制度を利用することもできます。

新聞奨学生制度とは、朝夕の新聞配達に従事することで、学費の貸与や住宅費、食費などの援助を受けながら通学できるという制度のことです。
毎日、夜明け前に起床して新聞を配り、昼間は学校へ、夕方には配達所に戻って夕刊を配ることになるのでハードですが、経済的なサポートが受けられるのは魅力的でしょう。
同じようにがんばっている仲間もいるので励まし合うこともでき、貴重な体験にもなります。こうした選択肢もあるということを知っておきましょう。

声優学科

学生寮や学生マンションも選べる

東京でのひとり暮らしが不安という方には、アミューズメントメディア総合学院と提携している学生寮や学生専用マンションをご紹介することもできます。

学生寮というと共同生活が大変なのでは?と思う方がいるかもしれませんが、最近の学生寮は個室が用意されていることが多く、部屋もきれいで必要な家具もそろっているので、むしろ便利でおすすめです。

寮母さんなどがいるのでセキュリティ面も安心ですし、食事は食堂で栄養バランスが考えられたものを食べられます。また、同じ年代の仲間が集まっているため、コミュニケーション相手には事欠かず刺激も受けられます。

一方の学生専用マンションも、家具付き、セキュリティ設備付きなど学生寮に近いスタイルの物件が多くあります。場所も都内の交通の便がよいところが多いので、休日に気軽に映画や演劇も観に行けるでしょう。声優の勉強につながるエンタテインメント作品を十分に楽しめます。

最後に、地方に住んでいる場合にネックとなるのは専門学校選びのために東京に来て、体験レッスンや説明会に参加するのが難しいという点です。
本当は学校に足を運んで自分の目で確かめるのがよいのですが、それができない方のために、アミューズメントメディア総合学院では定期的に全国学校説明会を開催しています。
まずはどんな専門学校なのか資料を取り寄せることから、そして興味があればこうした説明会に参加してみるのもよいのではないでしょうか。話を聞くだけでも参考なることがたくさんあるはずです。
まずは一歩、行動を起こすことから始めてください。

資料請求案内 イベント案内

監修・運営者情報

監修・運営者アミューズメントメディア総合学院 声優学科
住所東京都渋谷区東2-29-8
お問い合わせ0120-41-4600
詳しくはこちらhttps://www.amgakuin.co.jp/contents/voice/