声優になるには? AMGが本気で伝えるプロ声優になる方法

声優になるには? AMGが本気で伝えるプロ声優になる方法
  • この記事は、アミューズメントメディア総合学院の声優学科が執筆しています。

声優という仕事の需要は、年々増加傾向にあります。
アニメ作品の対象年齢が広がって市場が成熟し、外国映画の吹き替え版も一定のファンがいるのに加え、ゲームやドラマCDやナレーション、さらに人気が加速しているスマホゲームにおいてもプロの声優による“声の演技”が求められています。
最近では声優としてイベントやラジオ番組などに出ることで、アニメのキャラクターと並ぶほどの人気が出ることもあり、声優に憧れる人も増えています。
それでは、どうすればプロ声優になることができるのか、その方法と道筋をご紹介しましょう。

 
 

  • この記事は、アミューズメントメディア総合学院の声優学科が執筆しています。

そもそもプロ声優って何?

「プロ声優」を定義するなら、声優の仕事をメインとして継続的にこなしている人ということになります。
声優の仕事にはアニメをはじめとして、外国映画や海外ドラマの吹き替え、ゲームのキャラクターボイス、ドラマCDなどがあります。
ラジオのパーソナリティや歌手活動、ナレーション、舞台公演などさらに活躍の幅が広がっていくのです。

声優の仕事を始めるにはまずオーディションを受けてプロダクション(声優事務所)に所属する必要があります。
その後に作品にキャスティングされるためのオーディションを受けることになります。
そこから声優として継続的に仕事をもらうには、多様な努力が必要です。そこへ至るにはどのような道があるのか、プロ声優の入り口から見ていきましょう。

声優科や演劇科がある高校に通う

東京や大阪などの都市部には、声優科のある私立の高等学校があります。
声優の中には10代から仕事を始めるケースもあるので、一刻も早く技術を身につけたい人向けでしょう。
ただし、これらの高校は通信制の場合が多く、まだまだ数も限られるのであまり一般的とはいえません。
通常の高校生活を送ったほうが、将来のためになるという人もいます。

また、高校の演劇科に入るという選択肢もあります。
演劇を学ぶことで、演技の基礎をマスターすることができます。
短大や大学にも声優科、演劇科を設けている学校はあるので、選択肢に入れてみてはどうでしょうか。

声優養成所に通う

声優養成所とは声優になるための演技力やノウハウを教える、養成機関です。
多くは、声優が所属するプロダクションや劇団が経営しています。
もしくは、有名な声優が設立に関わっていることも。
養成所に入るためのオーディション(入所試験)も行われており、一部の養成所は演技経験者や専門学校卒者しか採用しないなど、養成所に入ること自体にもハードルが存在します。
最初は比較的門戸の広い基礎科に入り、その後試験を受けて合格すれば本科へ進めるという方式もポピュラーです。

週数日の声優専科のあるスクールに通う

夜間や日曜日、あるいは週1~3日だけ通えるよう、専門学校や専修学校などのスクール、声優養成所に設けられたコースです。
対象は中学生、高校生、大学生、社会人など幅広く、学校に通いながら、もしくは働きながら声優になるための勉強をすることができます。

全日制の専門学校・専修学校に通う

声優学科などを設けている全日制の専門学校や専修学校では、声優になるための知識や演技力、技術についてじっくりと体系的に学ぶことができます。
週5日の2年制が標準的で、学校によっては在学中からプロダクションに所属して声優としてデビューできる態勢を整えているところもあります。
卒業時にプロダクションオーディションを受けて声優の道に進んだり、プロダクションと直結した養成所に入ったりする人もいます。
専門学校・専修学校の優れているところは基礎から応用、オーディション対策までを授業や実技指導を通して段階を追って学べるところです。
反面、いい加減な気持ちで入学して通っていると漫然と時間だけが経ってしまうことにもなりかねないので、注意が必要です。

声優学科

どんな技術を身につけ、磨くべき?

声優になるために身につける技術とは、具体的にどのようなものがあるのでしょうか? 項目を立てて説明しましょう。

演技力

まず必要なのが演技力です。実際私たちが聞いているのは声だけですが、実際にはキャラクターになりきること、役作りをすることという意味では、声優も俳優と同等の演技力や表現力が求められます。
昔は、外国映画の吹き替えは舞台俳優などが仕事の合間に行っていたという経緯もあります。
脚本を読み解き、監督の意図を汲み、ときにはアドリブ入れることもあります。
養成所や学校でも、マイクなしで芝居や立ち稽古をするというレッスン法がしばしば行われています。声優は俳優の一種であるということを知っておきましょう。

発声法

とはいえ、声優の最も大きな武器は声です。
正しい発声法を身につけなければ魅力的な演技もできません。
キャラクターに合わせて声や話し方を変えることも大事なのですが、そのときも無理な発声法だと喉を痛めてしまいます。
呼吸法、声の張り方、響かせ方、そして体づくりのためのトレーニング法、ストレッチ法を教わることもあります。関連して声色、アクセント、滑舌に関するテクニックも身につけていきます。

歌唱力

歌唱力は今の声優業界でとても重要です。
オーディションで歌の審査があることもあります。
声優が歌を歌う機会が増えているのは、ご存知でしょう。
アニメ作品の中で歌うこともあります。
ボイストレーニングが発声練習になるという側面もあります。

ダンス力

ダンスもオーディションに役立つことがあります。
表現力の向上につながる部分もあり、声優となった後もイベントなどで舞台に立ち、歌って踊る機会もあるかもしれません。
エンターテインメント性のあることは、声優としてのパフォーマンス力を高めるためにも何にでも触れる機会を持っておくという気持ちも大切です。

声優学科

学校で学んだ後はどうする?

学校で知識や技術を身につけたからといって、誰もが必ず声優になれるわけではありません。
卒業してからが、本当の勝負だともいえます。
プロ声優に近づくためにどのような方法があるかを見てみましょう。

仕事をもらいやすくするための人脈を作る

声優にとって、人脈作りはとても大切です。
養成所や学校に通っているときから、プロダクションや現役の声優さん、テレビ局やアニメ制作関連の人と接する機会があれば積極的に質問をしてみるなどして顔を覚えてもらいましょう。
インターンで現場に行ったときも同様です。
もし機会ができたら、積極的にコミュニケーションを取ることも大切です。

プロダクションのオーディションを受ける

プロダクションに所属するためには、オーディションに合格する必要があります。
学校での案内やネット上にある情報を収集して積極的に受けるようにしましょう。
プロダクションには大手のほかにも小さな事務所でも、アニメ作品に強いところ、ナレーションの仕事が多いようなところもあります。
自分がしたい仕事に強みを持つところを探し、選ぶようにしましょう。

さらに、プロダクションに所属するのは一般的な会社への就職とは違います。
プロダクションは仕事を紹介してくれ、売り込みや作品オーディションのセッティングを行い、マネージメントをしてくれるところです。
給料がもらえるわけではなく、報酬(ギャランティ)は作品に出演したときに発生し、一部をプロダクションへ渡すスタイルになります。モデルや芸能人などと同じような立場になるということを認識しておきましょう。

作品オーディションを受ける

声優としての仕事はプロダクション経由で紹介されます。
会場に行って制作会社や監督など、作品関係者の前で審査を受けます。
このオーディションはキャストオーディションなどと呼ばれ、俳優やタレントがドラマなどの作品に出るために受けるものと同じです。
新人声優には脇役の仕事ですら手にすることが難しく、最初は名前もない端役(モブキャラ)から始めることが多いでしょう。

声優学科

声優のオーディションって何をするの?

オーディションでは、どんなことをするのでしょうか。
プロダクションに入るためのオーディションでは、まずはオーディション用履歴書、写真、ボイスサンプルなどを送る書類審査があり、それが通れば実技審査に移ります。
作品オーディションは、プロダクション経由の仕事であればすぐに実技審査がメインとして行われるでしょう。そのときに行われる実技審査の内容は次のようなものです。

台本読みやナレーション

与えられた台本の指定箇所を読んで演技をします。またはテーマが与えられて自分でセリフを創作しながら演技することもあります。
セリフではないナレーション(朗読)のテストもよく行われます。作品オーディションでは、キャラクターに合った声質や演技スタイルかどうかを確認されます。

自己PR

通常は「1分間で」など時間が決められ、自己PRをします。
どんな経験があるのか、何ができるのかを話すことが求められます。
作品オーディションでは自分がその作品にふさわしいことをアピールする人もいるでしょう。
特技があるかを聞かれたら、歌やダンス、そのほかトーク以外の特技を披露することもできます。
ときには、突然アカペラでの歌唱や自由演技を求められるようなケースもあるようです。

質疑応答

面接に近いものです。審査員からの質問に答えます。「○○はできますか?」といった質問に答え、臨機応変な受け応えができるか、プロダクションならそのカラーに、作品なら作風やキャラクターに合っているかどうかを確認されるというのが一般的です。

そのほか

個別の面談やマイクテスト、台本読みでほかの参加者とのセリフの掛け合いの審査などが行われることもあります。

声優学科

新人声優からプロ声優になるためにすべきこと

声優の仕事をもらえるようになったら、端役ではなくレギュラー役をつかむため、更なる努力が必要です。
何年間もアルバイトをしながら声優の仕事をやり続け、数年後に主役に抜擢されて賞をもらうほどにブレイクしたというような人もいます。
プロ声優になるには、どのようなことが必要なのかを考えてみましょう。

小さな役から大きな役まで幅広く経験する

新人の頃は声優に関わることであれば、どんな仕事でもなるべく幅広くいろいろやってみましょう。
どんな役でも現場で仕事をすることは、とても貴重な経験になります。人脈作りにも役立ちます。
また、自分が考えたことのなかったような役でもやってみることで演技の幅を広げてくれるかもしれません。
そして、もしも大きな役が来たら、臆せずチャレンジしましょう。新人のうちには、なかなかレギュラーはもらえないと書きましたが、中には突然の大抜擢をされる新人が存在することも事実です。
チャンスはがっちりつかみましょう。

自分にしか出せない特徴を見つける

ほかの声優との差別化を図っていくことも大切です。
シリアスでもコミカルでもどちらの芝居もできるのは今や誰でもやっていること。
アニメならこれまで、人間以外の特殊なキャラクターの声を担当して有名になった人、声が出せない設定のキャラクターの役を演じて評価された人もいます。
また、自分の中のヒットキャラをつかまえることも大切です。
レギュラーがもらえたら、視聴者に「このキャラはこの声優じゃなければダメだ」と思われるようにするにはどうすればいいのかを考えましょう。
外国映画の吹き替えでも「この俳優の吹き替えはこの声優でなければ」というイメージが作られることはよくあります
自分の演技の中で評価されるのはどんな部分なのか、自分の強みは何なのかを把握して、それを生かしましょう。

継続して基礎技術の向上に取り組む

そして、最も重要なポイントは「継続する」ということです。新人声優のギャラは一般のサラリーマンと比べてもけっして高くはありません。
しかし、諦めず継続することで芽が出て収入が跳ね上がる可能性は常にあります。「◯歳までは続ける」と自分で期間を区切って努力するのもいいかもしれません。
続けていれば経験値がたまり、スキルも必ず上がっていきます。
目標はプロの声優として「活躍する」こと。声優が必ずしも華やかな存在である必要はなく、むしろ真面目に仕事をこなすことで評価される部分も大きいはずです。
毎日コツコツと努力を続けることが、プロ声優への一番の近道であることは間違いありません。

自分の声で多くの人に笑いや涙や感動を与えられる仕事である声優……。声に自信があり、アニメや映画、演技に興味がある人にとって声優はとても魅力的なものに映るでしょう。
しかしプロ声優への道のりはけっして平坦ではなく、覚悟とやる気、努力が必要です。
しかし、だからこそ夢を現実にするために本気になれる、チャレンジしがいのある仕事なのです。

資料請求案内 イベント案内

監修・運営者情報

監修・運営者アミューズメントメディア総合学院 声優学科
住所東京都渋谷区東2-29-8
お問い合わせ0120-41-4600
詳しくはこちらhttps://www.amgakuin.co.jp/contents/voice/