リップロールの練習方法とは?やり方も利点もご紹介

女性の唇

  • この記事は、アミューズメントメディア総合学院の声優学科が執筆しています。
発声練習(ボイストレーニング)の一環として、よく行われるリップロール。

リップロールは発声練習の中でも基礎とされているため、多くの声優や歌手が実践しています。

またリップロールができるようになると、その過程であらゆることが身に付けられるようになります。
ここでは、まずリップロールをする事による利点を踏まえつつ、その練習方法について詳しく解説していきます。

  • この記事は、アミューズメントメディア総合学院の声優学科が執筆しています。

そもそもリップロールとは

リップロールとは、唇を閉じた状態で息を吐き出し、唇をプルプルと振動させることです。

そして、声優や歌手などの声の職業を目指すのであれば、マスターした方が良いものでもあります。
慣れれば、自宅だけでなく運転中などでも気軽にできるようになるので、いつでもどこでも基礎能力の確認ができます。

そんなリップロールではありますが、何故『声の職業』に必要なファクターなのか、マスターする利点を詳しく見ていきます。

声優学科

リップロールをする利点

下記の通り、リップロールをする過程でリラックスができたり、発声の基本のマスターや音程コントロールができたりなどの利点があります
なぜ、上述した利点が生まれるのか、以下にて詳しく解説します。

リラックスができる

リラックスをできる女性リップロールは、特に口周りの表情筋や唇、喉をリラックスさせた状態でないと、そもそも上手くやる事ができません。

そして、何事にも言えることかもしれませんが、リラックスは声優や歌手にとって、ベストパーフォマンスを出すためのとても重要なファクターです。

練習をする際には、リラックスを念頭においてやってみましょう。

発声の基本をマスターできる

リラックスも含めてですが、リップロールの練習を通して、発声の基本をマスターできる利点があります。

例えば、溜め込んだ空気を一定量で吐き出し続けたりしないと、リップロールは長く続きません。

長続きさせるためには、腹式呼吸により横隔膜を上手く使って、吐く空気の量をコントロールしなければなりません。

リップロールを持続してできるようになれば、横隔膜によるコントロールができたという証明になり、結果として発声能力の底上げを図れるようになります。

音程コントロールができる

歌っている女性リップロールは唇を閉じた状態で息を吐き出すため、自然に音程を声帯1つでコントールしなければなりません。

日常会話をする分には、声帯だけでコントロールする必要性はありませんが、声優や歌手を目指すのであれば、その術をマスターしていた方が、今後の可能性が広がります。

声帯だけで音程をコントロールするには難儀かもしれませんが、この利点も含めてリップロールの練習は推奨されているので、頑張りましょう。

また、唇が閉じた状態で行うため、高い音量を出すには限界があります。
つまり、自然な音量の裏声を出せるようになるのです。

リップロールを通して、声帯による地声から裏声へのシフトを円滑に行える術をマスターできます。

ただし、リップロールはあくまで基礎スキルなため、プロの声優デビューを目指すなら応用スキルを身につけなくてはなりません。

おすすめしたいのが、在学中にプロの声優としてインターンシップに参加することでプロに求められる応用スキルを身につけられる「アミューズメントメディア総合学院の声優学科」です!

プロの声優として活躍したいなら、まずは無料の資料請求やオンライン学校説明会を検討してみてくださいね。

声優学科

リップロールのやり方

リップロールのやり方は、まずリラックスした状態で唇を閉じ、鼻から吸った空気を用いて、唇がプルプルと振動するように息を吹きかけます。

先述した通り、リラックスしていないと唇は上手く振動してくれないので、まずはとにかくリラックスすることを念頭に起きましょう。

もしも唇が振動するようになったら、次はできるだけ振動が長続きするようにリラックスした状態を維持しながら、横隔膜を意識して、一定量の空気を吐き出せるようにしましょう。

リップロールをする為のポイント

もしかしたら、リップロールがすぐにできない場合があるかもしれませんが、そこまで気にしなくても大丈夫です。
確かにすぐにできる人もいますが、できない人も多くいるからです。

上手くできない理由として考えられるのが、リラックスの有無だけではなく、吐く息の量です。

息の量が少ない、もしくは多いと上手く振動してくれないので、適量な息を吐けるように、横隔膜を意識して練習してみましょう。
また、唇を上へやや引っ張るように口角を上げると、リップロールがしやすくなります。

リップロールのやり方を覚えたら、今度はプロの声優として必要な実力を磨いていきましょう。

アミューズメントメディア総合学院の声優学科なら、プロと同じ環境で学べるのでおすすめです。

授業ではプロの声優がレコーディングで使う機材を使うため、「自分の声がマイクにどう届くのか」をよりリアルに知ることができ、声優デビューに求められるクオリティも想像しやすくなります。

声優デビューを目指して頑張りたいなら、ぜひ無料の資料請求からチェックしてみてくださいね。

声優学科

リップロールは段階的に練習する

リップロールは、段階的に練習することで、声の職業に必要なあらゆることをできるようになります。
順序としては、

  1. 唇の振動→リラックスができている
  2. 振動の継続→横隔膜を上手く使えている
  3. リップロールと並行して音を出す『プルル』
  4. 様々な音程の『プルル』を出す(地声から裏声まで)→声帯による音程調節ができている
  5. 音階練習(音や楽曲を聞きながら)→緻密な声帯(音程)コントロールができている

以上5つの手順を段階的に練習することで、声優や歌手に求められる基本的な能力をマスターできるようになります。

ですが、それらは一朝一夕でマスターできるものではありませんので、継続的に練習することが肝心です。

すぐにできなくてもめげずに、リップロールの練習をしましょう。

声優デビューをするためには、リップロールの練習だけでなく、プロの声優として必要なスキルを総合的に学ぶのが重要です。

アミューズメントメディア総合学院の声優学科なら、プロの声優からアドバイスをもらいながらスキルを身につけられるので、卒業後のプロダクション直接所属率は67.7%※を誇っています!
※2019年実績

本気でプロの声優になりたいなら、まずは無料の資料請求やオンライン学校説明会を検討してみてくださいね。

声優学科

まとめ

リップロールは、基本的かつスタンダードな発声練習方法の1つです。
ですが、あくまでリップロールは発声の基礎能力を身に付けられるだけで、発声に必要な全てをマスターできる訳ではありません。

しかしながら、基礎を積み上げてこそプロになる道が開けてくるので、『継続的な努力』を自分から進んでやる習慣を付けるためにも、ぜひ参考にしていただきたいです。

発声練習をより詳しく知りたい方はこちら

資料請求案内 イベント案内

監修・運営者情報

監修・運営者アミューズメントメディア総合学院 声優学科
住所東京都渋谷区東2-29-8
お問い合わせ0120-41-4600
詳しくはこちらhttps://www.amgakuin.co.jp/contents/voice/