【声優のお仕事vol3】吹き替え声優とは

【声優のお仕事vol3】吹き替え声優とは
  • この記事は、アミューズメントメディア総合学院の声優学科が執筆しています。

外国映画の日本語吹き替え版なども声優の仕事の1つです。
アニメとはどんなところが違っていて、どんなスキルが求められるのでしょうか。
今回は吹き替え声優について解説します。

 
 
 
 

  • この記事は、アミューズメントメディア総合学院の声優学科が執筆しています。

吹き替え声優とは?

吹き替え声優とは主に外国映画や海外ドラマの日本語による吹き替えを行う声優のことです。

最近の子供向け外国映画は、字幕スーパー版のほかに、日本語吹き替え版も同時に制作され、上映されるのが一般的です。
また、外国映画は、テレビで放送するときやDVDを制作するときにも、吹き替え版が制作されます。海外ドラマ、外国アニメも同様です。

こうした吹き替えは、昔は舞台俳優などがアルバイトで担当していました。やがてテレビで放送される外国映画が人気を博すと同時に、声優も人気となりました。

その後、日本でアニメ作品が数多く作られ、アニメ声優が人気を集めると、映画やドラマの吹き替えもアニメ声優が担当する機会が増えていきました。

現在ではどちらかをメインにやっているという区分はありますが、両者の違いはそれほどなくなってきています。

俳優、タレント、お笑い芸人などが吹き替えを担当するケースもあります。

アミューズメントメディア総合学院 声優学科オーディション

ボイスオーバーって何?

ボイスオーバーというのは吹き替えとは少し違うスタイルのレコーディング方法です。
ボイスオーバーでは英語などの外国語で話している映像に、外国語音声も小音量で残しつつ、日本語の音声を重ねます。

1950年代頃の初期の海外ドラマでは英語の音声だけを消して日本語で吹き替えることが技術的に難しかったため、英語の音声をのこしつつ、翻訳した日本語のセリフをかぶせることが一般的でした。

現在ではドラマや映画でボイスオーバーをすることはほとんどありませんが、海外ドキュメンタリーやニュースではまだ使われている手法です。海外の衝撃映像を紹介する……といった番組で、同時通訳のように日本語音声がかぶさっている放送を観たことがある方も多いでしょう。

アミューズメントメディア総合学院 声優学科オーディション

吹き替え声優とアニメ声優の違いは?

吹き替えとアニメを比べると、どんな違いがあるのでしょうか。
吹き替え声優は、実際の外国の俳優が演技をしている映像に、日本語の音声を加えるため、よりリアリティのある演技が必要といわれています。

もちろん、アニメ声優もリアルな演技が必要です。ただ、作品によっては独特の誇張した抑揚を求められることもあります。
向こうの俳優の唇の動きに合わせるリップシンクをより意識する必要も出てくるでしょう。

また、有名俳優の吹き替えでは役柄だけでなく、俳優自身のキャラクターやイメージに合わせて声を作ることも求められます。
これはアニメ声優も同様です。

声優のなかでもとくに吹き替えに興味があるという方もいるかと思います。
そういった方は、アニメ声優以上にリアルな演技が求められることを知っておきましょう。
また、外国映画を観るときには字幕スーパー版、日本語吹き替え版、どちらもたくさん観て勉強するとよいでしょう。

資料請求案内 イベント案内

監修・運営者情報

監修・運営者アミューズメントメディア総合学院 声優学科
住所東京都渋谷区東2-29-8
お問い合わせ0120-41-4600
詳しくはこちらhttps://www.amgakuin.co.jp/contents/voice/