声優のオーディションの自己PRについて

声優のオーディションの自己PRについて
  • この記事は、アミューズメントメディア総合学院の声優学科が執筆しています。

声優デビューを果たすためには、プロダクションや養成所のオーディションを受けて合格することが前提となります。
そうしたオーディションの中でも重要なポイントとなるのが自己PRです。
オーディションの自己PRとはどのようなものなのか、その概要をご紹介しましょう。

 
 

  • この記事は、アミューズメントメディア総合学院の声優学科が執筆しています。
アミューズメントメディア学園 声優学科

声優オーディションの流れ

声優オーディションは書類を送るところから始まります。所定の用紙や応募フォームが用意されていればそれらを使って必要事項を記載します。
用紙の指定がないときはオーディション履歴書を使用しましょう。書類と一緒にセリフやナレーションを録音したサンプルボイスの提出を求められることもあります。
この書類審査に合格すると、次は実際に審査員と顔を合わせてのオーディション=面接に移ります。そこでは自己PR、台本を読むなどの実技試験、質疑応答などが行われます。
オーディションは一次、二次など複数回行われることもあります。すべてのオーディションが終わればその後、合否を決める審査が行われて、発表または通知となります。

声優学科

面接で行う自己PR

自己PRには30秒~1分程度の時間が与えられます。審査員が並んでいる前に立って何か話すというスタイルが一般的ですが、特に決まった形式はありません。
にいえば自己PRはどんな方法で自分をアピールしてもいいフリータイムということです。
一般的にはなぜ声優になりたいと思ったか、自分のセールスポイントは何か、なぜそのプロダクションや養成所を選んだかなどを簡潔にまとめて話すという人が多いでしょう。
ただし、借りてきたようなフレーズばかりを使っても審査委員の印象には残りません。「自分」というものが伝わるような言葉で語るようにしましょう。
中には自分のキャッチフレーズを言う人、歌やダンスなどの特技を披露する人もいます。

声優学科

自己PR力を高めるためには?

自己PRにはコツがあります。盛り込んだほうがいいとされる要素があり、それを伝えるための話の構成の仕方があり、声の出し方、姿勢、態度で気をつけるべきことがあります。
さらにいえば、あなたの個性に合わせた、魅力を十分に引き出すような自己PRのスタイルもあります。
あるいは、目指す養成所やプロダクションに合わせて傾向を知り対策を練ることも効果があります。

専門学校の声優学科では自己PRに関するレクチャーを受けることができます。
一般的なコツのほか、客観的にあなたのアピールポイントを判断してもらった上でのアドバイスも受けられるはずです。
養成所やプロダクションごとの傾向と対策を伝授してもらえる場合もあります。
それらを基に自分で自己PRのやり方を考えることができれば、かなりのアドバンテージとなるでしょう。

アミューズメントメディア総合学院でも、オーディションの自己PR対策を行っています。
オーディションでどんな風に自分を売り込めばいいのか、自分に合った自己PRはどんなスタイルなのか、悩んでいる人、気になる人にとっては必ず役に立つノウハウが得られます。
声優になるために専門学校に行こうと考えているなら、ぜひこうした機会を有効に活用してください。

資料請求案内 イベント案内

監修・運営者情報

監修・運営者アミューズメントメディア総合学院 声優学科
住所東京都渋谷区東2-29-8
お問い合わせ0120-41-4600
詳しくはこちらhttps://www.amgakuin.co.jp/contents/voice/