声優のナレーションについて

声優のナレーションについて

  • この記事は、アミューズメントメディア総合学院の声優学科が執筆しています。
声優はアニメや外画の登場人物に命を吹き込む仕事、というイメージが先行しがちです。
ですが、あらゆる媒体におけるナレーションは実は声優がやっている、なんて事は珍しくありません。
目立たないかもしれませんが、ナレーションは声優における活躍できる立派な現場の1つです。
ここでは、ナレーションについて詳しく見ていきたいと思います。

 

  • この記事は、アミューズメントメディア総合学院の声優学科が執筆しています。

ナレーションの仕事について

仕事の流れ

ナレーション、つまりナレーターという仕事は、TV番組などの情報媒体において、声による解説や進行を担うことです。
具体的な仕事の流れとしては、ディレクターや放送作家が制作した原稿を受け取り、打ち合わせで収録に関する細かな事を話し合います。そして、リハーサルと本番にて、実際にナレーションを入れる事になります。
収録であればそこまでの緊迫感を強いられる事はありませんが、生放送の場合はやり直しができないので、入念な準備は欠かせません。

幅広い活躍現場

ナレーションの種類は、ドキュメンタリー番組や報道番組、バラエティ番組やスポーツ番組などが主に挙げられます。その他にもラジオやCMがあるなど、ナレーションの種類、そして活躍現場は非常に多岐に渡ります。
このように活躍できる現場が幅広いのがナレーションという仕事ですが、誰もが活躍できるなんて事はありません。その点はきちんと注意する必要があるでしょう。

声優学科

ナレーションに求められる能力

ナレーションに求められる能力声優は表現力や演技力が求められ、アナウンサーには情報を分かりやすく伝える能力が求められます。
そして、ナレーションには声優とアナウンサー、両方の能力が求められます。その理由としては、情報を正確に伝えつつ、ナレーションをする事で視聴者を惹きつける必要があるからです。
ですので、ナレーターは声優のようにキャラクターを演じる訳ではありませんが、臨機応変に対応できる表現力を養っていなければなりません。
映像に説得力と躍動感を与え、どういうカラーになるのかは、ひとえに声優のナレーションスキルに掛かっていると言えるのではないでしょうか。

声優学科

ナレーションの収入

声優のアニメ収録における1本あたりの収入は、日本俳優連合に定められたランクに従う形になります。
しかしナレーションであれば、日本俳優連合に定められたランクによる縛りは発生しません。つまりは、自身の実力や番組などの規模により、1本あたりの収録の収入は大幅に変わります。そのため、アニメや外画よりも収入が多い傾向にあるので、ナレーションの仕事は大事にしていきたいですね。

声優学科

ベテラン声優が多い

年齢を重ねたいわゆるベテラン声優は、アニメよりナレーションが仕事の中心であることが多いみたいです。
その理由は、年齢を重ねていくと味わいのある表現ができるようになっていく反面、演じられれる役が限られていくからです。
ベテラン声優の技術は言うまでもないので、味わいのある表現力もあいまって、ナレーションの仕事はうってつけという事なのかもしれませんね。

声優学科

両立は少数派

年齢を重ねるにつれて、主戦場をナレーションに移行してい傾向があるためか、アニメとナレーションの分化が進んでいるようです。そのため、アニメとナレーションを両立させている人は少数派みたいです。
年齢を重ねてしまうと、それが武器になる反面、残念ながら役が狭まってしまう可能性があるのは否定できないのでしょう。
しかしながら、少数派であってもきちんと2つの領域で活躍している人は存在します。
それ相応の努力が必要かもしれませんが、声優を目指していてナレーションにも興味がある方は、努力を怠らないようにしましょう。

声優学科

まとめ

ナレーターという職業は確立されていますが、ナレーションは声優業の1つとしてきちんと確立されています。
ナレーションには声優としての表現力も求められるので、いきなり活躍するのは容易ではないでしょう。
ですが、ナレーターをやれるという事は、声優としての実力を認められたという事になるかもしれません。機会があったら是非やってみましょう。

声優になるための知識はこちらへ

資料請求案内 イベント案内

監修・運営者情報

監修・運営者アミューズメントメディア総合学院 声優学科
住所東京都渋谷区東2-29-8
お問い合わせ0120-41-4600
詳しくはこちらhttps://www.amgakuin.co.jp/contents/voice/