売れっ子声優になれるのは一握り?将来性について

妙齢の声優

  • この記事は、アミューズメントメディア総合学院の声優学科が執筆しています。
声優になりたいと考えている方の中には、ナレーションの仕事をしたい・洋画の吹き替えをしたいなど、様々な夢や理想を掲げているかと思います。
声優と一言で表しても現在では、様々な仕事があり広がりを感じさせる業界です。しかし、どの仕事を担うにしても、声優として売れなければいけません。
すなわち、売れっ子の声優になる必要があります。

しかし、そもそも声優として何をすべきか分かりにくいですし、将来性を考えた時に様々な疑問や悩みも抱えているでしょう。
そこでこの記事ではこれから声優になりたい方へ向けて、声優の将来性を考える上で重要な活躍できる場所についてや、売れっ子声優になるために必要なことをお話していきます。

  • この記事は、アミューズメントメディア総合学院の声優学科が執筆しています。

声優デビューを目指す人が増えている

声優デビューを目指す人が増えている声優業界は、以前から不定期に声優ブームと言われる現象が発生していて、近年でもその現象が発生しています。つまり声優デビューを目指す人が増えているということです。

ただ、声優としてのデビューを目指すといっても、活躍できる場所がなければ仕事を得ることは出来ません。
そこでまずは、声優として活躍できる場所について解説していきます。

声優が活躍できる場所も増えている

一般的に声優と聞いてイメージするのは、アニメのアフレコや洋画の吹き替えではないでしょうか。もちろん、これらの仕事も一定数ありますし、常に需要のある仕事です。

しかし、声優として活躍できる場所は、他にもナレーションの仕事や電車などのアナウンスなどもあります。更に、年々声優が活躍できる場所は増えていて、たとえば以下のような仕事もあるのです。

  • ゲームキャラクターの声
  • ボイスオーバー(海外の番組で現地の方の声を小さく残しつつ声優が日本語で被せる)
  • ラジオのMC
  • アニメやゲームのイベント出演
  • 声優をメインにしたトークイベントなど
  • 舞台役者
  • 歌手活動
  • タレント活動

主な活躍場所をご紹介しましたが、それだけでも多数あるのが分かります。ですので、声優としてデビューを目指す方は、様々な活躍場所について調べておくといいでしょう。

声優学科

声優にはなれても売れっ子声優になれるかは分からない

声優が活躍できる場所は増えているので、以前より仕事が獲得できる機会も増えています。しかし、声優の仕事は直接オファーを受けるか、オーディションで勝ち取らなくてはいけません。

つまり売れっ子の声優にならなければいけません。
しかし、声優デビューした人みんながみんな引く手数多の売れっ子の声優になれる業界でもないため、厳しい側面もあります。

多くはアルバイトと掛け持ち

声優の多くは、基本的にアルバイトなど声優以外の仕事を掛け持ちしながら、働いている状況です。
売れっ子声優や一定のキャリアや仕事量をこなしている声優であれば、本業1本で生活できますが、そうでない場合は難しいでしょう。

また、声優の中には、デビュー前に勤めていた会社で正社員や派遣社員として働きながら、声優の仕事をこなしているケースもあります。

常にオーディションで勝ち抜く必要がある

声優プロダクションは基本的に歩合制を採用しているため、仕事を獲得し続けなければ収入も維持することが厳しいです。

ですので声優は常にオーディションに応募して、勝ち抜いていく必要があります。また、人気声優でもオーディションに必ず勝ち抜ける訳ではありませんので、オーディションに落ちたとしても切り替えて前向きに考えるメンタルも求められるでしょう。

声優学科

声優としての将来性を考えるなら

声優としての将来性を考えるなら声優としての将来性を考える時は、声優として仕事ができれば良いという考えではなく、あくまで売れっ子声優になることを目標に活動しましょう。
売れっ子声優になり知名度と実力を上げることが、仕事を増やすために必要な要素にもなります。

声優学科

売れっ子声優になるにはどうするべきか

売れっ子声優になるにはどうするべきか売れっ子声優になることが、将来性を考える上で重要な要素となっています。
しかし、どのようなことに力を入れたり、努力したりすれば売れっ子声優になれるのか悩んでしまいますよね。

声優に限らず運も大切な要素ですが、様々な努力も非常に大切です。
ここでは、具体的にどのようなことをすべきなのか、解説していきます。

新人時代から人脈を作っておく

声優としての将来性を考える上で、デビュー直後の新人時代から人脈を作っておくのが大切です。
声優は、いわゆる個人事業主と同じ扱いになるため、自身で営業活動をする必要があります。

そして所属事務所から仕事のオファーやオーディションについて相談を受けることもありますが、そもそも関係者から顔を覚えてもらったり関係を築いたりしておかなければ気付いてもらえません。

そのため事務所のスタッフや、仕事の関係者などと接点を持っておくことが将来的に仕事を増やすことへ繋がります。

声優としてだけでなく、俳優、アーティストとしてのスキルも磨いておく

声優としての仕事は少ない訳ではないものの、声優の数が非常に多いため仕事を得られる人とそうでない人の差が大きくなっています。

たとえばアニメの仕事に集中したいと考えるのであれば、アニメ業界に重宝される技術を磨いたり人脈を広げたりするのもいいでしょう。しかし、誰でもできることではありません。

そこで声優としてだけでなく、俳優活動や歌手活動、ラジオMCなど声優以外の場所でも活動できるようスキルの幅を広げておきましょう。

スクールや専門学校でデビュー前に技術を身につけておく

誰もが売れっ子声優になれる訳ではありませんが、売れっ子となる声優は皆スキルが高いです。
声優専門学校やスクールで、デビュー前に基礎的なスキルからしっかりと身につけておきましょう。

また、声優専門学校で授業を受けている時以外も、練習や声優に関する情報を収集するなど努力を惜しまないことが大切です。

声優学科

まとめ

声優は歌手やタレント、俳優など声の仕事以外でも活躍できる場所が増えているので、業界としての将来性は期待できます。

しかし、声優としての将来性は、売れっ子声優になれなければ仕事が増えなかったり、活躍の場が広がらなかったりするでしょう。ですので、これから声優を目指す方は、売れっ子声優になることを目標とした上で、今何が自分に不足しているか考えながら練習や勉強を行うことが大切です。

声優になるための方法を知りたい方はこちら

資料請求案内 イベント案内

監修・運営者情報

監修・運営者アミューズメントメディア総合学院 声優学科
住所東京都渋谷区東2-29-8
お問い合わせ0120-41-4600
詳しくはこちらhttps://www.amgakuin.co.jp/contents/voice/