声優を志した方の体験談

声優を志した方の体験談

  • この記事は、アミューズメントメディア総合学院の声優学科が執筆しています。
声優として活躍できる方は、ほんの一握りです。
その実情を知ってしてしまうと、不安が込み上げてくるのは仕方ありません。
なので、声優を志している方の体験談を見てみましょう。
リアルな体験談を見ることで、声優という道を歩む覚悟を決める後押しになるのではないでしょうか。

  • この記事は、アミューズメントメディア総合学院の声優学科が執筆しています。

努力し続けて声優になれた(24歳・男性)

口コミ僕は今後の進路を決める際に声優という職業が頭に浮かび、関西に支部を持つ養成所の体験レッスンを見て心が惹かれた結果、試験を経て入所しました。
4月から入所したと同時に僕は社会人になったのですが、仕事とレッスンの両立はとても大変でした。
レッスンの内容は日増しにハードになっていき、課題も増えたので、克服するために会社でも発声練習をして怒られたのが良い思い出です。
次第に演技や朗読、台本を使用しての本格的な稽古、そして養成所とは関係なく無料でラジオの仕事をしたりと、とても充実した日々でした。
進級審査を無事合格した直後に、声優として第一線で活躍している方とイベントで共演し、フリートークで数分間でしたがお話しできたのは、何よりも得難い経験です。
仕事がハードすぎたので、晴れてフリーターになる事で声優という夢のために邁進し、夜間の声優専門学校にも通いました。そして上京して東京の養成所にも通ったんですが、中々上手くはいきませんでした。
それでも諦め切れずに努力し続けた結果、最終的にプロダクション所属の声優になれました。
まだまだスタートラインに立ったばかりですが、努力し続ければ夢は叶うんだと思いました。

声優学科

年齢を重ねていても声優になれる(31歳・女性)

周りに夢を追い掛ける人が増え、自分の今の仕事に疑問があったのもあって、声優になるための勉強をしようと決心しました。
養成所の面接に行くと、同じく受けに来た人のほとんどが私より年下で、年上の方は1人しかいなかったですが、それでも私の声が最も大きかったと自負しています。
レッスンでは。腹式呼吸やストレッチ、自己PRの段階からビシバシと注意されましたが、若い子に負けないように本気で取り組みました。だけど、演技の面で置いてけぼりになったと感じたり、濁音の発音が上手くできなかったりと、悔しい事ばかりが続きました。それでも必死にしがみ付き、1つ1つ課題を乗り越えて行くうちに、時はあっと言う間に過ぎ去って行くばかり。気付けば養成所には4年通っていました。
ですが、最終的に私は声優としての一歩を踏み出す事になりました。
今となっては、年齢を含めて他人と比べずにひたすらポジティブな思考であり続けたのが、功を奏したと思います。

声優学科

専門学校で人間性が養われた(21歳・女性)

口コミ2専門学校に入学する前は、内気な性格からか人前で話すのが苦手でした。
ですが専門学校では人前に出る機会が多く、自然にイベントなどで大人数の視線に晒されても楽しめるようになりました。
また他の学科の方達と作品を共同制作をするので、協力しようとする姿勢を常に持ち続けました。
在学中にも関わらず、専門学校のプロジェクトのおかげで、プロの声優と共演できた事が何より嬉しかったです。
そして、様々な方と接する機会をいただいたので人脈が広がり、この繋がりこそがプロダクションに所属できた理由かもしれません。
専門学校では、声優としての技術をひたすらに磨くだけでなく、実に多くの人と関われる事で人間性も養えます。
これからは、技術と人間性を兼ね備えた声優を目指したいです。

声優学科

養成所のオーディションに受かりました(19歳・女性)

養成所のオーディションを受けるには書類審査に通らなければならず、可否の通知が来るまで気が気でありませんでした。
合格通知が来て、いざオーディション会場へ向かうと多くの人が参加していて、なおかつ幅広い年齢層だったのが印象的でした。
他の養成所だとオーディション形式が違うと思いますが、私が受けた養成所は5人ずつ受けるスタイルで、台本は当日に渡されるだけでなく、1人につき複数の役をこなさなければいけませんでした。
待ち時間中は静かにしなければならなかったので、イメージトレーニングを繰り返しながら、家を出る直前に喉を慣らしがてら発声練習をしていて正解だっと同時に安堵しました。
オーディションで特に気を付けた点は、はっきりと伝わるように心掛けた事です。大声で一音一音を明確に発音していないと、審査員には伝わりませんからね。
書類審査以上にオーディションの結果通知が届くまで気掛かりでしたが、合格できて胸を撫で下ろしました。

声優学科

まとめ


ここでご紹介した声優を志す方は、専門学校もしくは養成所に通い、その場所でコツコツと頑張り続けたのが窺えます。その果てにプロダクションへの所属、そして声優になるための第一歩を踏み出しています。
また養成所へ入所するに至った体験談はとてもリアルで、参考になったのではないでしょうか。
専門学校や養成所に通っていても、必ずしも声優になれるとは限りませんが、諦めずにひたすら頑張り続けましょう。

声優になるにはまずこちらをチェック

資料請求案内 イベント案内

監修・運営者情報

監修・運営者アミューズメントメディア総合学院 声優学科
住所東京都渋谷区東2-29-8
お問い合わせ0120-41-4600
詳しくはこちらhttps://www.amgakuin.co.jp/contents/voice/