⇒7/17更新:新型コロナウイルス感染症に関する対応について

MENU

入学イベント
資料請求
AOエントリー

ニュース

株式会社メテオライズに内定した本田くんロングインタビュー

株式会社メテオライズに、在校生が内定をいただきました!内定者であるゲームプログラマー学科・本田慈泰くんに、AMGでの思い出や就職が決まるまでの道のりをお聞きしました。。

Q1.内定を頂いた今の心境をお聞かせください。

内定をもらえたことは嬉しいと感じています。ですが自分が将来やっていけるかと言う不安もあります。なのでこれからの学校生活も頑張りたいと思います。

Q2.ゲーム業界を目指したいと思ったきっかけはなんですか?

昔からゲームが好きだったからです。友達とゲームを遊びながら改善点を話し合ったりして「一緒にゲーム業界を目指そう」と口約束を純粋に覚えていて叶えたいと思ったからです。

Q3.AMGに入学を決めたのはなぜですか?

高校の友達が声優を目指していてどの学校か決めるときに大阪アミューズメントメディア専門学校の存在を知り「夢を夢で終わらせない」と言う言葉に魅力を感じました。

Q4.入学前にゲーム制作の経験はありますか?

言語は軽く触れていましたが、ゲームを作ったことはありませんでした。

Q5.クラスや授業の雰囲気はどうですか?

講師は実際に業界に働いている方々なのでの授業は自分の知らなかったことや、業界のことをたくさん教えもらえるため勉強になります。クラスの雰囲気は今までの学校ではありえないような雰囲気です。険悪なムードなど全くないし、自分と共通の趣味、感性の持ち主とはとことん仲良くなれます。

Q6.印象に残っている先生や講義はありますか?

1年、2年の最初の1か月の授業です。1年目の最初は高校生の時に触れていたプログラムの知識を、たった数日で終わるぐらいのハイペース授業は今でも驚いています。2年目は将来お世話になるC++の基礎を教えてもらえるため、とても印象に残っています。

Q7.AMGに入学して最初の制作『夏期共同制作』での思い出を教えてください。

夏期共同制作は入学して初めての山でした。自分達のプログラム技術や他の学科とのコミュニケーション不足による意見の食い違い、提出期限に間に合うかなど課題が多かったです。また講師の方や企業の方の厳しい意見をもらい精神的にきついと感じた場面もありましたが、乗り越えたからの今があると思います。

Q8.学祭やビジネスデーで自分のゲームを遊んでもらった時の感想を教えてください。

学祭はいろんな方に作ったゲームをプレイしてもらい「楽しかった」と言う声をもらえると嬉しくなりますが、プレイしている人の反応などを見ると課題が多いことにも気づかされます。ビジネスデーは企業の方に見てもらい、直したほうがいいところを複数指摘してもらえるので良い刺激になりました。

Q9.就活指導や就職活動で印象に残っていることは何ですか?

就職活動で印象に残っていることはひたすらに頑張ったことです。作品を提出するためブラッシュアップや志望動機では自分を改めて見つめなおす機会になります。放課後は残って企業を調べて書類の作成は日常になりました。

Q10.入社後の目標や決意を教えてください。

プログラムリーダーになりたいので視野を広げていきたいのと、人一倍頑張って技術や信頼を得たいと考えています。

Q11.最後に、これから業界を目指す皆さんへのメッセージをお願いします。

これから何度も後悔し傷つくことがあると思いますが、「ゲームを楽しむ」ことを忘れずに諦めず自分の人生を選択してほしいです。悔いの残らないように一日一日をすごしてください。

◆   ◆   ◆   ◆   ◆

本田くん、ありがとうございました。
AMGでは、実践的なカリキュラムはもちろんのこと、著名クリエイターによる特別講義や模擬面接など、学生たちの就職活動の手厚いサポートにも力を入れています。
カリキュラムや就職実績について詳しく知りたい方には、無料でパンフレットを送付いたしております。
また、学校見学・体験説明会も随時開催しておりますので、お気軽にお越しください。

AMGをもっと知ろう

2分でかんたん申し込み!

学院の資料を取り寄せる