MENU

体験説明会
資料請求

ニュース

株式会社タムソフトに内定した髙橋 進さん ロングインタビュー

株式会社タムソフトに、AMGの学生が内定をいただきました!内定者であるアニメ・ゲーム3DCG学科の髙橋 進さんに、AMGでの思い出や就職が決まるまでの道のりをお聞きしました。

Q1.AMGに入学を決めたのはなぜですか?

⼊学前に⼤学に進学しようと思っていた⼀⽅で、クリエイターとして⽣きていくことをどうしても諦めきれずネットで検索していく中でこの学校が⼀番最初に⾒つかったからです。

Q2.印象に残っている先生や講義はありますか?

内⽥先⽣の作画・イラストレーションの授業が毎回印象的でした。技術的な⾯だけでなくクリエイターとしての⽣き⽅、考え⽅、モノのとらえ⽅など、どこを聞いても参考になる事だらけでした。お話をするだけでもとても刺激的でした。

Q3.クラスの雰囲気や担任の先生との思い出はありますか?

文名が⾃分より突出した能⼒や知識があり、刺激になりました。⾃分ひとりでやっていたらたどり着けなかったことがいくつもあったと思います。教務の先⽣は厳しく接してくれたりもしましたが、時にその厳しさが⼼地よかったです(笑)

Q4.夏期・冬期共同制作(学院祭・発表会含む)の思い出は?

毎回トラブル続きでしたが、そこでメンタル鍛えられたと思います。また、本気でぶつかり合える環境があるのはいいことだと思いました。⾃分の不甲斐なさ、弱点が⾒つかり、制作の課題が⾒つかるのもいい点だと感じました。

Q5.就職活動・就職指導の思い出

就職指導に関して、1人ひとり、個⼈的に指導してくださり、⾮常にありがたかったです。⾃分は⾯接が致命的に苦⼿だったのですが、キャリアセンターの先⽣⽅が時間を合わせて練習をして頂いたおかげで、うまくできました。就職の相談も毎回親⾝になって聞いて頂いたりと本当に⼼強かったです。感謝です。

Q6.これからどんなクリエイターになりたいか?

⼀⽬で⼼を動かし、記憶に残る作品を⽣み出し続けるクリエイターになりたいです‼

Q7.これから業界を目指す方へのメッセージ

AMGに関して個⼈的に思う点は、就職指導がかなり⼿厚く、先⽣⽅も⾮常に真摯に向き合ってくださるところです。やることをきちんとできれば就職は難しくありません。また⼤変な点は、共同制作でデザイナーは、複数のゲームを担当しなければならないところです。必然的に膨⼤な作業量に追われてしまうので、中々⼤変でした。上のどちらにも当てはまることですが、ほんの少しの⾃分からアクションで、どちらも良いほうに転がっていくと思います。この学校への⼊学を考えてる⽅の参考になれば幸いです。

◆   ◆   ◆   ◆   ◆

髙橋さん、ありがとうございました。
AMGでは、実践的なカリキュラムはもちろんのこと、著名クリエイターによる特別講義や模擬面接など、学生たちの就職活動の手厚いサポートにも力を入れています。
カリキュラムや就職実績について詳しく知りたい方には、無料でパンフレットを送付いたしております。
また、学校見学・体験説明会も随時開催しておりますので、お気軽にお越しください。

今年もアトラス、カプコン、セガ、レベルファイブなどの大手ゲーム会社。さらにはウイットスタジオ、PAワークス、マッドハウなどの大手アニメスタジオに続々と内定!詳しくはコチラ

AMGをもっと知ろう

2分でかんたん申し込み!

学院の資料を取り寄せる