MENU

体験説明会
資料請求

ニュース

株式会社ヒストリアに内定した高柳 俊一さん ロングインタビュー

株式会社ヒストリアに、AMGの学生が内定をいただきました!内定者であるゲームプログラマー学科の高柳 俊一さんに、AMGでの思い出や就職が決まるまでの道のりをお聞きしました。

Q1.AMGに入学を決めたのはなぜですか?

高校2年生の時に友人に誘われていった東京ゲームショウで、先輩のUnrealCharange作品を遊び、2年間でしっかりとしたゲームを作ることができると知り、自分も人を喜ばせるようなゲームを作りたいと思ったからです。

Q2.印象に残っている先生や講義はありますか?

自分自身の成長面で一番役に立った講義は加藤先生のゲーム数学です。自ら考えて答えを導き出すことで、より深い知識が身につきました。さらにこの講義で得られる知識はエンジンや言語に関わらず不変のものなので自身の実力に直結するためとても重要だと思いました。

null

Q3.クラスの雰囲気や担任の先生との思い出はありますか?

皆仲が良く、互いにわからないことがあれば気軽に聞くことができる環境でした。特に今年から3Dモデルファイルがfbxファイルに変わり、わからないことが多かったので出来るようになったことを互いに共有して効率よく学ぶことができました。

Q4.夏期・冬期共同制作(学院祭・発表会含む)の思い出は?

夏期共同制作でチーム内でのコミュニケーションがうまくいかず、仕様の見直しや進捗の管理が特に大変でした。そこで新しい仕様を提案し、他人に頼りっきりにならないように自ら行動し作りたいものを明確にすることで完成させることができました。

Q5.就職活動・就職指導の思い出

1年生で3本ゲームを作り挑んだ就職活動ですが、それぞれの作りこみや使用言語がC言語ということもあり、自身の実力不足と志の低さを痛感しました。幸い内定頂いた会社は選考にインターンがあったため、そこで普段よりも頑張ることで無事内定頂けました。

Q6.これからどんなクリエイターになりたいか?

クリエイターとして広い知識を身に着けつつ、一つの分野に特化をして行きたいです。自身の強味となる特化分野を伸ばすためにも多方面の知識は役に立つことと、臨機応変に対応するために知っていること自体が強味につながると思うのでそのようなクリエイターになりたいです。

Q7.これから業界を目指す方へのメッセージ

適当にやっていればいいというわけではなく、日々鍛錬を続けることで自らのやりたいことができるようになっていくので、そのことを心がけるといいと思います。 大変なことも多いですが、人から感想をもらいやすいものを作っているので作ってよかったと思える場面の多いので楽しいです!

◆   ◆   ◆   ◆   ◆

高柳さん、ありがとうございました。
AMGでは、実践的なカリキュラムはもちろんのこと、著名クリエイターによる特別講義や模擬面接など、学生たちの就職活動の手厚いサポートにも力を入れています。
カリキュラムや就職実績について詳しく知りたい方には、無料でパンフレットを送付いたしております。
また、学校見学・体験説明会も随時開催しておりますので、お気軽にお越しください。

今年もアトラス、カプコン、セガ、レベルファイブなどの大手ゲーム会社。さらにはウイットスタジオ、PAワークス、マッドハウなどの大手アニメスタジオに続々と内定!詳しくはコチラ

AMGをもっと知ろう

2分でかんたん申し込み!

学院の資料を取り寄せる