MENU

体験説明会
資料請求

ニュース

平成31年度 アミューズメントメディア総合学院 入学式レポート

平成31年4月10日(水)にメルパルクホールにて、アミューズメントメディア総合学院・平成31年度入学式が行われました。
創立から25周年を迎え、今まで約30,000人以上の卒業生クリエイターを輩出してきたアミューズメントメディア総合学院に今年も「プロとなり活躍する夢」に向かって大きな一歩を踏み出した新入生たちが入学してきました。

こちらのページでは、当日の様子をご紹介いたします。

第一期生232名でスタートした学院は、今では東京、大阪と合わせて1,000名を超える新入生を迎える規模にまで成長しました。
この理由は、ほかの学校では決して真似のできない「産学共同・現場実践教育」という、創立以来一貫した教育理念に基づき、学院が制作会社としてコンテンツを生み出す機能を備え、在校生や卒業生が、それらの制作現場に参加できる仕組みを持つ業界唯一の学校だからです。
学院で過ごす2年間は長い人生の中で1度きりしかありません。これから「プロとしての第一歩を踏み出したのだ」という気持ちを強く持ち、「自分自身が選んだ道だ」という事をシッカリと意識して、今までの人生で最も凝縮された2年間をこの学院で過ごして下さい。

クリエイティブの世界で食べていける人材になる為には、オリジナリティを持つことです。そのために、様々な視点で物を見てください。それは色々な作品を見るだけではなく、生活の中からも得られる事があります。短所は長所になるし、マイナスはプラスになると感じるような、人と違う視点を持ってください。
またクリエイターになるという事は、自分で発信する側になるという事です。発信すれば打たれることもありますが、打たれ強くなってください。打たれ続けていくうち、自分がやりたかった事と人が求めている事が重なる瞬間来ます。 今日ここに集まった皆さんは全員が自分で自分の扉を開こうとしている仲間たちです。私たちスタッフ全員全力でサポートします。令和元年の入学生として、新しい時代に向けて新しいクリエイトを育んでいってください。今日から2年間一緒に頑張っていきましょう!

これから皆さんはクリエイターになり、作品を作る立場になります。その時に大切にして頂きたいことは、楽しいと思う気持ちを忘れないという事です。これから、一人ひとりが作品の作り手になり、自分の力で創り上げて行かなくてはいけません。常に締め切りがあり、読者や視聴者からは厳しい評価を受けることもあります。しかし、どんな時でも自分が面白いと思って作らないと読者や視聴者は楽しんでくれません。
作品を面白くするために、考え抜いて現実に落とし込む。それは時に辛い作業かもしれません。この辛い時を乗り越えるために、「楽しい」という気持ちを失わずに作品を作って行くのが大事なのです。その先に皆さんの明るい未来があると信じています。

これからの時代は、有名な会社に入り、終身雇用で一歩ずつ昇進するという時代ではなく、自分の力で自分の好きな夢を持って生きて行くという時代だと思います。演じるだけ、言われた事をやるだけではなく自分の好きな事をどんどん実践する事が大事です。
このエンタテインメントの仕事は、人間や世界の素晴らしさを、作品を通して作っていく。そんな仕事だと思っています。これから次の世代に生きる、皆さんが創る作品は私たちの光です。
今日の第一歩を踏み出す皆さんが業界で大輪の花を咲かすこと、そして二年後、私たちの業界で一緒に頑張っていける日々を楽しみにしております。

皆さんは今日から、この業界を目指すと決め、コンテンツを受け取る側から創り出す側になります。それを踏まえ、これから意識して頂きたい事があります。
それは、コンテンツを批評家の目としてではなく、創り手としての目で見ていただきたいのです。
創る側の立場で作品を見ると、そこにはどのようなコンセプトがあり、それをどのように表現しているのか、内側から構造が見えてきます。どのようなことに気を付ければそのような目で作品を見られるかは、この学院で学ぶことができます。
今日が皆さんの学院生活の始まりではございますが、もっと広い目で見るとエンタテインメント業界に入る第一歩だと思います。まずはがむしゃらにプライドを捨てて学んでください。
皆さんが将来この業界に飛び込んでくるのを楽しみにしております。

今日ご入学された皆様も、いずれプロの現場で私とご一緒する機会があるかもしれませんが、出会いというものはとても大事だと考えております。今回、弊社で担当した作品で、監督を担当した人間とは、この学校で出会いました。在学中からずっと友人で、今回、彼とタッグを組んで作品を世に送り出せたことは非常に幸せに思います。
また在学当時を思い返した時、その監督と自分が共通して持っていたのは、積極性です。
ここでは、やりたいことがあるなら、迷わずにやりましょう。ここには各方面のプロを目指す、人材や、やりたい事を実現できる機材や設備がそろっています。
2年という年月は考えているよりも短いです。後悔しないように楽しんで行動していきましょう。数年後皆さんとお会いできることを楽しみにしています。

僕が声優をやる中で大切にしている言葉が「声は人の身なり」という言葉です。
声優は内面の良さが素敵な声になっていると、自分が感じる事が多く、魅力的な人間になれれば、自然と声も魅力的になるのではないかと思っています。
どの職業でも言える事ですが、作品を作る事は、色々な人に支えられてやれている事です。その責任と感謝の気持ちを持って、一生懸命やるという気持ちを常に持ち魅力的な人間になってください。
また、好きこそ物の上手なれという言葉がありますが、その好きという気持ちが、実力の差になってくる業界です。これから、わき目も振らず、好きな事に全力で臨んでいただければ必ず夢は叶うと思っていますのでそれを忘れず頑張ってください。

このアミューズメントメディア総合学院の卒業生の方々の多くは、今エンタテインメント業界の第一線で活躍しています。私はそんな偉大な先輩方を目標として追いつき、追い越せるよう努力していきます。
これから新しい生活が始まり、多くの人に支えられて、助けられる事になると思います。
大きな夢を掲げた私を信じ、背中を押してくれる家族、全力で応援すると言ってくれた、たくさんの友人たち、学院生活をサポートしてくれる教務の方々や講師の皆様。
そしてこれから互いに高めあっていくたくさんの仲間たち。これらの方々への感謝の気持ちを忘れることなく日々精進していきたいと思います。
26期生の代表としてこの素晴らしい舞台で入学の挨拶ができたことを誇りに思います。
26期生の皆さん、信念も持って学び、決意を持って歩み続け己の夢を勝ち取りましょう!

あなたもアミューズメントメディア総合学院で学んでみませんか?
気になる学院生活や授業の内容がすべてわかる学院パンフレットを無料で送付させていただきます。
ここだけでしか見ることができない業界のプロフェッショナルからのメッセージも多数掲載。
ぜひチェックしてみてくださいね。

AMGをもっと知ろう

2分でかんたん申し込み!

学院の資料を取り寄せる