MENU

体験説明会
資料請求

ニュース

株式会社レベルファイブに内定した川田 諒くんロングインタビュー

「妖怪ウォッチ」シリーズや「レイトン」シリーズで有名な株式会社レベルファイブに、AMGの学生が内定をいただきました!
内定者であるゲームプログラマー学科2年生の川田くんに、AMGでの思い出や就職が決まるまでの道のりをお聞きしました。

Q.内定の知らせを聞いたときの気持ちを教えてください。

まさか受かると思ってなかったのでとても驚きました(笑)

Q.今回内定した会社を受験しようと思ったのはなぜですか?

学内で会社説明会があり、そこで「クロスメディア戦略」による様々なメディアへの展開に興味を持ち、後日学校を通して応募できることを知り応募しました。

Q.ゲーム業界を目指すようになったきっかけは何ですか?

小さいころからゲームが好きで、好きなことを仕事にしようと思っていました、また、高校時代に少しプログラミングの授業があってそこで興味を持ち、ゲームプログラマーになりたいと思いました。

Q.AMGに入学を決めたのはなぜですか?

私は高校卒業後は、なるべく早く業界に行きたいと思っていました。AMGは2年間で業界へ行けて、1年間にゲームを3本作るという実践的カリキュラムに惹かれました。また様々なゲーム会社への就職実績があった事も決め手のひとつでした。

Q.クラスの雰囲気や友人関係はどうですか?

ゲーム好きが集まっているので自分の好きなゲームを勧めたり、面白いゲームを教えてもらったりして、とても仲が良く面白いクラスです。

Q.印象に残っている先生や講義はありますか?

すべての講師の先生方が現役で開発に携わっている方なので、昔の苦労した話や今現在の開発の話などリアルな話が聞けるのでとても面白いです。
1年時の担任の先生には入学してから様々な迷惑をかけてきましたが、ご結婚の為に退職をされたので、内定をいただいた事をこの場をもってお伝えしたいです。

Q.入学してすぐに始まる夏期共同制作はうまくいきましたか?

うまくいきませんでした。当然ですがゲーム制作をしたことの無いメンバーばかりで、リーダーの自分が右往左往してしまって、うまくチームをまとめられませんでした。

Q.学祭およびビジネスデーでの思い出は?

自分の作品を人に見てもらうことにとても緊張しました。ですが、もっとこうしたほうがいいなど様々な意見をもらい、勉強になることばかりでした。

Q.冬期共同制作と春季発表会はどうでしたか?

夏期と同じ失敗をしないように、コミュニケーションを大切にするよう意識し、ちゃんと管理がうまくできたので良かったです。
発表会では自信を持って積極的にプレゼンができ、また、よい評価をたくさんいただき、とてもうれしかったです。

Q.就活指導や就職活動で印象に残っていることは何ですか?

私は面接等に苦手意識は特に無かったのですが、キャリアセンターの先生方から「もっとこうしたほうが良い」などのゲーム業界へ向けた指導をしてもらい、複数回面接練習をしていただきました。

Q.入社後の目標や決意を教えてください。

もちろんプログラマーとして成長するのは当然ですが、それだけではなく様々な事業を展開をしている企業に行かせていただくので、自分自身も色々なことにチャレンジしていきたいです。

Q.最後に、これから業界を目指す皆さんへのメッセージをお願いします。

夢は必ず叶うと思います。 そのためには諦めない心が大切です。自分の心に正直になって夢を追いかけていってください。

◆   ◆   ◆   ◆   ◆

川田くん、ありがとうございました。
AMGでは、実践的なカリキュラムはもちろんのこと、著名クリエイターによる特別講義や模擬面接など、学生たちの就職活動の手厚いサポートにも力を入れています。
カリキュラムや就職実績について詳しく知りたい方には、無料でパンフレットを送付いたしております。
また、学校見学・体験説明会も随時開催しておりますので、お気軽にお越しください。

今年もアトラス、カプコン、セガ、レベルファイブなどの大手ゲーム会社。さらにはウイットスタジオ、PAワークス、マッドハウなどの大手アニメスタジオに続々と内定!詳しくはコチラ

AMGをもっと知ろう

2分でかんたん申し込み!

学院の資料を取り寄せる