MENU

体験説明会
資料請求

ニュース

有限会社ランカースに内定した出口 啓太くんロングインタビュー

有限会社ランカースに、AMGの学生が内定をいただきました!内定者であるゲームプログラマー学科2年生の出口 啓太くんに、AMGでの思い出や就職が決まるまでの道のりをお聞きしました。

Q1.AMGに入学を決めたきっかけは、何ですか?

いくつかの学校の体験入学行った中で、AMGはゲーム業界への就職率が高く、カリキュラムも実践的であるいう話しを聞きました。ここでなら多くのゲーム制作を経験ができると思い入学を決めました。

Q2.役に立った講義は?お世話になった先生は?

加藤先生のゲーム数学という講義です。この講義では提示された課題を自力で調べ、考え、実装します。そして、それを先生に説明することで理解し説明する力が身につきました。
これからプロとしてゲームを作る上で必要とされる技術だと感じました。

Q3.クラスの雰囲気は?担任の先生はどうですか?

講義中は真摯に先生の話を聞き、休み時間になれば講義の内容を復習したり、ゲームの話をしているとても楽しいクラスです。
担任の猪狩先生は、夏に行ったゲーム作りで、困っていた時にアドバイスをいただきました。

Q4.夏期冬期同制作(学院祭・発表会含む)の思い出は?

未経験で入学したので、制作についての知識が足りなく苦労した事や、チーム内でのコミュニケーションのとり方など、いろいろと問題があり、想定通りにはいきませんでしたが、基本的なゲーム制作の流れと、ゲームを作る楽しさや難しさを学びました。そして最後まで「諦めずにゲームを作ろう」という意思を持って、チーム全員でやり遂げる事もできたので、非常に得るものが多い経験でした。

出口くんが携わった夏期共同制作作品

Q5.就職活動 指導の思い出はいかがでしたか?

就職活動の思い出として、学内での企業説明会の際に、多くの会社の方々に、様々な話を聞かせて頂き、とても印象深く、心に残った思い出があります。
また活動の際、行き詰った時には就職指導の伊藤先生に履歴書の添削や面接練習をして頂き、大変助けられました。学院の先生や先輩に相談しながら進められたので、内定を頂けたのは、自分1人だけの力ではないと思っています。

Q6.これからどんなクリエイターになりたいですか?

プログラマーとして常に新しい技術や知見に対して貪欲になり、今の技術も磨き努力し、新しい技術を提供出来るゲームクリエイターなりたいと考えています。
そして培った技術で多くの方々に感動を届けられるようなゲームを作りたいです。

Q7.これから業界を目指す方へのメッセージをお願いします。

ゲームプログラマーはソースコードを打てば打つほど実力が上り、想像していたことを自分の力で表現することができる、楽しい職業だと思います。
本気でこの業界を目指すなら、努力をすれば夢を諦めずに叶えられると思います。でみなさんも頑張ってください。

◆   ◆   ◆   ◆   ◆

出口くん、ありがとうございました。
AMGでは、実践的なカリキュラムはもちろんのこと、著名クリエイターによる特別講義や模擬面接など、学生たちの就職活動の手厚いサポートにも力を入れています。
カリキュラムや就職実績について詳しく知りたい方には、無料でパンフレットを送付いたしております。
また、学校見学・体験説明会も随時開催しておりますので、お気軽にお越しください。

今年もアトラス、カプコン、セガ、レベルファイブなどの大手ゲーム会社。さらにはウイットスタジオ、PAワークス、マッドハウなどの大手アニメスタジオに続々と内定!詳しくはコチラ

AMGをもっと知ろう

2分でかんたん申し込み!

学院の資料を取り寄せる