MENU

体験説明会
資料請求

ニュース

株式会社エイリムに内定した穂積 拓弥くんロングインタビュー

株式会社エイリムに、AMGの学生が内定をいただきました!内定者であるゲームプログラマー学科2年生の穂積 拓弥くんに、AMGでの思い出や就職が決まるまでの道のりをお聞きしました。

Q1.AMGに入学を決めたきっかけは、何ですか?

この学院の特徴である産学共同・現場実践教育に魅力を感じたからです。
私は、大学を卒業して一度就職をしてからゲーム業界を目指しました。働いていた時に一番感じたのは、どんなに座学で知識を蓄えても現場でしか学べない事が多いということでした。そこで、より現場に近い環境で学ぶことが出来るこの学院への入学を決めました。

Q2.役に立った講義は?お世話になった先生は?

全ての講義が大切で役に立たちましたが、その中で一つ選ぶのであればC言語基礎です。C言語基礎は文字通り基礎を学ぶ授業で、このC言語の基礎をしっかりと学ぶことが出来たからこそ、その後のゲーム制作や他の言語の学習が比較的スムーズになったと感じています。また、先生方は全員個性があり、とても面白い人たちばかりです。

Q3.クラスの雰囲気は?担任の先生はどうですか?

クラスの雰囲気はとても良いです。授業でわからないことがあれば、すぐ相談し解決できる環境です。
そして勉強だけではなく、時にはみんなでゲームをしたり、放課後、教室で映画を観たりもしてます。

Q4.夏期冬期同制作(学院祭・発表会含む)の思い出は?

正直なところ、辛かった思い出が9割、良い思い出が1割です。自分のプログラミングの作業の遅れ、ゲームの急な仕様の変更、グラッフィクのミスなど大変だった事は思い出したらきりがありません。
しかし、ゲームを完成に持って行った時の達成感や満足感はこのつらさを補って有り余るものでした。割合的には9対1ですが、この1割は9割を超える価値のあるものだと感じています。

穂積くんが携わった夏期共同制作作品

Q5.就職活動 指導の思い出はいかがでしたか?

もともと人前で話をする事が得意ではなかったので、面接で上手く受け答えできるのかなど、就職活動には不安ばかりでしたが、就活指導の先生が熱心に、面接指導や履歴書の添削などの相談に乗ってくれたこともあり、無事に内定を頂く事が出来ました。

Q6.これからどんなクリエイターになりたいですか?

こだわりをもち、貫いていけるクリエイターになりたいです。私は、ゲームを遊んでくれた人の心にいつまでも残るようなゲームの制作に携わりたいと考えています。
これを実現するには何が必要か考えた時、自分が面白いと思ったゲームには何かしらの強いこだわりがあると思いました。結果としてそのこだわりが他のゲームとの面白さの差につながっていると感じています。

Q7.これから業界を目指す方へのメッセージをお願いします。

ゲームを作るということは非常に大変な事だと思います。そこで自分に負けずに、周りに負けずに頑張っていくには、何かしらの得意分野を持つことが大切だと思っています。
今は得意だと胸を張って言えることがない、という人もゆっくりでいいので得意分野を見つけてみてください。

◆   ◆   ◆   ◆   ◆

穂積くん、ありがとうございました。
AMGでは、実践的なカリキュラムはもちろんのこと、著名クリエイターによる特別講義や模擬面接など、学生たちの就職活動の手厚いサポートにも力を入れています。
カリキュラムや就職実績について詳しく知りたい方には、無料でパンフレットを送付いたしております。
また、学校見学・体験説明会も随時開催しておりますので、お気軽にお越しください。

今年もアトラス、カプコン、セガ、レベルファイブなどの大手ゲーム会社。さらにはウイットスタジオ、PAワークス、マッドハウなどの大手アニメスタジオに続々と内定!詳しくはコチラ

AMGをもっと知ろう

2分でかんたん申し込み!

学院の資料を取り寄せる