MENU

体験説明会
資料請求

ニュース

株式会社トライクレッシェンドに内定した宮川 岳丈くんロングインタビュー

株式会社トライクレッシェンドに、AMGの学生が内定をいただきました!内定者であるゲームプログラマー学科2年生の宮川 岳丈くんに、AMGでの思い出や就職が決まるまでの道のりをお聞きしました。

Q1.AMGに入学を決めたきっかけは、何ですか?

中学生の時に学院祭に訪れ、実際に先輩方が作っているゲームを遊び、幼い頃から好きなゲームを作る側への興味を持ちました。AMGでは1年次から、年間で3本のゲーム制作を行い、現役のゲームプログラマー講師の指導を受けれる事と、同じ志を持つクラスメイトたちと業界への一歩を共に踏み出したいと思ったからです。

Q2.役に立った講義は?お世話になった先生は?

プログラム未経験からの私にとっては、猪狩先生のC言語基礎とC言語プログラミングの授業、真壁先生のゲームプログラミングの授業は、学院で学ぶことのすべての基礎となり、大切な授業だっだと思います。内容も丁寧でわかりやすかったです。

Q3.クラスの雰囲気は?担任の先生はどうですか?

講義中は、集中し授業を受け、わからない事があったら先生や友達にしっかり相談できる環境がありました。普段から様々なゲーム制作への意見やアドバイスをしあったり、進路の事を相談したり、クラス全体で日々、進歩している印象でした。

Q4.夏期冬期共同制作(学院祭・発表会含む)の思い出は?

共同制作は、自分の技術や知識を発揮できる大切な機会でした。
作品をよくする為、チーム全体で意見を交換したり、時折ぶつかり合うこともありました。作品がよくなっていったり、自分の思いつかなかった価値観を感じ学ぶことができ、全体を通し、とても良い経験になりました。
実際に学院祭で遊んでもらい、「面白い」と言ってもらえたことは、ゲームを作って本当によかったと思いました。

宮川くんが携わった冬期共同制作作品

Q5.就職活動 指導の思い出はいかがでしたか?

自分は高校から直接この学院に入ったので、就職活動も初めてでした。わからないことも沢山あり、先生方には、とてもお世話になりました。
特に就職指導の伊藤先生には、面接練習や履歴書の添削等、心身に相談に乗ってくださり、おかげで内定を頂くことができました。本当に感謝しています。

Q6.これからどんなクリエイターになりたいですか?

ゲームを遊ぶと感じる面白さや、ワクワクする気持ちを、多くの人に体験してもらえるように、プログラマーとして出来ることを常に考え、技術を磨き続けて行きたいです。そして自分が作ったゲームが多くの人に面白いと言ってもらえるゲームを作れるクリエイターになりたいです。

Q7.これから業界を目指す方へのメッセージをお願いします。

私は高校卒業後、すぐの入学だったため、プログラム未経験でこの学院に入りました。最初は自分にもゲームが作れるのかと不安でしたが、面白いゲームを作りたい一心で努力を積み重ね、不安も感じないくらい知識が身に付き、ゲームを作る事が楽しくりました。
夢を実現するために、自分の力を信じて、頑張ってください。

◆   ◆   ◆   ◆   ◆

宮川くん、ありがとうございました。
AMGでは、実践的なカリキュラムはもちろんのこと、著名クリエイターによる特別講義や模擬面接など、学生たちの就職活動の手厚いサポートにも力を入れています。
カリキュラムや就職実績について詳しく知りたい方には、無料でパンフレットを送付いたしております。
また、学校見学・体験説明会も随時開催しておりますので、お気軽にお越しください。

今年もアトラス、カプコン、セガ、レベルファイブなどの大手ゲーム会社。さらにはウイットスタジオ、PAワークス、マッドハウなどの大手アニメスタジオに続々と内定!詳しくはコチラ

AMGをもっと知ろう

2分でかんたん申し込み!

学院の資料を取り寄せる