MENU

体験説明会
資料請求

ニュース

株式会社グレッゾに内定した大橋 明訓くんロングインタビュー

株式会社グレッゾに、AMGの学生が内定をいただきました!内定者であるゲームプログラマー学科2年生の大橋 明訓くんに、AMGでの思い出や就職が決まるまでの道のりをお聞きしました。

Q1.AMGに入学を決めたきっかけは、何ですか?

学院に入学を決めた理由は、「ゲームプランナー学科」、「ゲームプログラマー学科」、「アニメ・ゲーム3DCG学科」など複数の学科が共同でゲームを制作するという、他の学校にはない独自のカリキュラムに魅力を感じたためです。
実際の現場と同じような体制でゲームを制作することで、より良い経験が積めると思い入学を決めました。

Q2.役に立った講義は?お世話になった先生は?

学院の講義で最も役に立った講義は、真壁先生の「ゲームプログラミング基礎」という講義です。
私は学院に入学する以前から、少しだけプログラミングをしていたのですが、ゲームのプログラミングをしたことはありませんでした。
そんな中で、真壁先生の講義ではゲームプログラミングの導入を知ることができ、非常に助かりました。

Q3.クラスの雰囲気は?担任の先生はどうですか?

多くの人が、新たな技術を身につけるために毎日勉強に励んでいます。
わからないことがあれば教え合ったり、自分の知ったことを共有するなど、向上心の高いクラスだと思います。
また、プライベートでも一緒にゲームをするなど、仲の良い友人も多くできました。

Q4.夏期冬期共同制作(学院祭・発表会含む)の思い出は?

共同制作では、チーム内で意見が対立したり、技術的な壁に当たったりと大変な事が多かったですが、マスターアップを終えたときには大きな達成感を得られました。
発表会では、プロの方々から意見を頂き、モチベーションの向上にも繋がりました。

大橋くんが携わった夏期共同制作作品

Q5.就職活動 指導の思い出はいかがでしたか?

今まできちんとした就職活動を行ったことがなかったので、キャリアセンターの伊藤先生には非常にお世話になりました。
面接練習から履歴書、エントリーシートの添削等、様々な角度から就職活動をサポートして頂きありがとうございました。

Q6.これからどんなクリエイターになりたいですか?

ゲーム制作を通してわかったことは、ゲームというのは様々な分野の技術が集まってできているということです。
技術者として、またクリエイターとして、そういった技術をより発展させて行きたいと考えています。
将来的にはCEDECやSIGGRAPHという大きなイベントで発表できるような技術開発を目指して頑張ります。

Q7.これから業界を目指す方へのメッセージをお願いします。

共同制作というものは皆さんにとっても辛い経験になると思います。
ただ、どんなにつらい状況になっても諦めなければ最後にはなんとかなります。
最後までやり遂げるために最も大事なことは、ちゃんと毎日学校に来て作業することだと思います。頑張ってください。

◆   ◆   ◆   ◆   ◆

大橋くん、ありがとうございました。
AMGでは、実践的なカリキュラムはもちろんのこと、著名クリエイターによる特別講義や模擬面接など、学生たちの就職活動の手厚いサポートにも力を入れています。
カリキュラムや就職実績について詳しく知りたい方には、無料でパンフレットを送付いたしております。
また、学校見学・体験説明会も随時開催しておりますので、お気軽にお越しください。

今年もアトラス、カプコン、セガ、レベルファイブなどの大手ゲーム会社。さらにはウイットスタジオ、PAワークス、マッドハウなどの大手アニメスタジオに続々と内定!詳しくはコチラ

AMGをもっと知ろう

2分でかんたん申し込み!

学院の資料を取り寄せる