MENU

体験説明会
資料請求
AOエントリー

ニュース

株式会社バイキングに内定した早苗 宗一郎くんロングインタビュー

株式会社バイキングに、AMGの学生が内定をいただきました!内定者であるゲームプログラマー学科2年生の早苗 宗一郎くんに、AMGでの思い出や就職が決まるまでの道のりをお聞きしました。

Q1.AMGに入学を決めたきっかけは、何ですか?

私が入学する学校を選ぶ際、重要視していたのが、短い期間で実践的な技術を習得出来る事と、プロの現場でも即戦力として活躍出来る技術の習得が出来る環境であるかという点でした。
その点でAMGは二年制であり、一年のカリキュラムで三度のゲーム制作を行える本校を選びました。

Q2.役に立った講義は?お世話になった先生は?

私は入学前、ゲーム業界と関係のない業界で働いていました。その為全ての授業がとても刺激的で、今まで関わりの無い技術の数々に触れる事が出来たので、全ての講義が私の役に立ちました。
中でもゲームを作るという考え方自体を学ぶ事の出来る、真壁先生のゲームプログラミング基礎という講義はとても面白く、私のゲームを構築する考え方を形成する手助となりました。

Q3.クラスの雰囲気は?担任の先生はどうですか?

雰囲気はとても良いです。私はクラスの中で二番目に年上で、年齢も様々ですが、全員がゲーム好きという事もあり、話が合うため、すぐに仲良くなりました。
また、殆どがプログラムを学ぶのが初めてで、共に分からない所を教えあい学ぶ事が出来るクラスでした。

Q4.夏期冬期共同制作(学院祭・発表会含む)の思い出は?

入学して最初の夏期共同制作では、ゲーム制作に不慣れながらも、プランナーと良く話し合い、クラスメイトのプログラマーと技術について話し合い進められました。おかげで学院際や、発表会でとても素晴らしい結果を得る事が出来ました。
また冬期共同制作では今まで習得した技術を集結し、今の自分に出来る最高の作品を仕上げることが出来ました。
二度の共同制作とも、大変な事は数多くありましたが、それを乗り越える事が出来た時の達成感と喜びはその苦労に見合うだけの物があったと思います。

早苗くんが携わった冬期共同制作作品

Q5.就職活動 指導の思い出はいかがでしたか?

本格的に履歴書を書いたり、エントリーシートを書く就職活動を行うのはこのAMGに入り初めての経験でしたので、少し戸惑った事もありました。
そんな時にはキャリアセンターの先生が就職活動に不慣れな私の事を手助けしてくれたり、就職活動中に様々な相談に乗ってもらう事で、比較的早期に内定を頂く事が出来ました。

Q6.これからどんなクリエイターになりたいですか?

私は部下から話しかけられやすく、頼りやすい人物になりたいと考えています。その為には積極的に周囲の人とコミュニケーションを取り、幅広い知識を身に付ける必要があると思います。
もちろん簡単な事では無いとは思いますが、自分や周囲のスタッフと気持ち良く仕事を行う為にも、お客様により良い品質のゲームを提供する為にも精進し続けたいと思います。

Q7.これから業界を目指す方へのメッセージをお願いします。

一年間で三本のゲームを作る共同制作は結構大変です。また、プログラマーにはチーム全体の責任が課せられます。
しかし、その状況は実際の職場である事に近いと思っており、こなせれば自信を持つ事が出来ます。それらを経験できればしっかりとした技術を習得した状態で就職活動に臨む事が出来ると思います。特に一年次のカリキュラムは非常に大切です。大変な事は多いと思いますが、周りの仲間と共に頑張って乗り越えて下さい。

◆   ◆   ◆   ◆   ◆

早苗くん、ありがとうございました。
AMGでは、実践的なカリキュラムはもちろんのこと、著名クリエイターによる特別講義や模擬面接など、学生たちの就職活動の手厚いサポートにも力を入れています。
カリキュラムや就職実績について詳しく知りたい方には、無料でパンフレットを送付いたしております。
また、学校見学・体験説明会も随時開催しておりますので、お気軽にお越しください。

今年もアトラス、カプコン、セガ、レベルファイブなどの大手ゲーム会社。さらにはウイットスタジオ、PAワークス、マッドハウなどの大手アニメスタジオに続々と内定!詳しくはコチラ

AMGをもっと知ろう

2分でかんたん申し込み!

学院の資料を取り寄せる

AMG学院祭2019

10/24(木)・25(金)・26(土)・27(日)
※24、27は声優のみ

AMG学院祭2019

10/24(木)・25(金)・26(土)・27(日)
※24、27は声優のみ