MENU

体験説明会
資料請求
AOエントリー

ニュース

株式会社トライクレッシェンドに内定した小谷野 実紗さんロングインタビュー

株式会社トライクレッシェンドに、AMGの学生が内定をいただきました!内定者であるアニメ・ゲーム3DCG学科2年生の小谷野 実紗さんに、AMGでの思い出や就職が決まるまでの道のりをお聞きしました。

Q1.AMGに入学を決めたきっかけは、何ですか?

数多くの専門学校を調べていた中で、「共同制作」という実践での学習があることで興味をひかれ、体験説明会に参加しました。
最終的にこの学院に決めた理由は、体験説明会での先生方の熱心な指導を見て、「ここなら確実に『ゲームクリエイターになる』という夢をかなえられる」と思ったからです。

Q2.役に立った講義は?お世話になった先生は?

私は3Dモデラーを志望していたため、遠藤先生のCGの授業がとても参考になりました。
基本的なツールの使い方はもちろんですが、「こうしたほうが効率的に(楽に)綺麗に作れる」というクリエイターには大事な効率性を学ぶことが出来ました。
実際に3DCGを始めた当初と比べると、(慣れももちろんありますが)格段にスピードもクオリティもあがったと思います。
また、柴崎先生の授業では様々なツールに触れることができ、「どのツールならばより簡単に作れるか」を考えるようになりました。

Q3.クラスの雰囲気は?担任の先生はどうですか?

地元の静岡県から上京してきて、最初は知り合いが1人もおらず、コミュニケーション面でとても心配をしていました。
しかし、同じ目的、趣味を持っている人たちが多くいたので楽しく制作ができる環境だと思いました。
先生方も、ゲームの話だけでなく、漫画や趣味の話もできる親しみやすい方ばかりです。

Q4.夏期冬期同制作(学院祭・発表会含む)の思い出は?

一番印象に残っているのは学院祭です。 学院祭では1年生のうちから企業様、学院のOBの方に直接アドバイスをいただけます。
作品に対して「これはここがおかしい」「これではその意図はユーザーには伝わらない」などプロ視点からのかなり厳しいご指摘をいただきました。
そのときに「悔しい」という気持ちが一番に出てきて、まだ自分は100%の努力をできていないのだと気づかされました。ここから「クリエイターになる」ということをきちんと考えるようになりました。

Q5.就職活動 指導の思い出はいかがでしたか?

私は学院に企業の方が来校される、クリエイター面接からの流れで、内定をいただきました。
とても緊張しましたが直接企業の方とお話しできることで、自分のやりたいこと、好きなことを思い切りぶつけることができました。
就活指導の伊藤先生には履歴書の書き方から、企業様へ送るメールの内容までかなりお世話になりました。とても心強かったです!

Q6.これからどんなクリエイターになりたいですか?

ゲームのメインとなるキャラクターにふさわしいものを作れるようになります。
そして、そのゲームをプレイしたゲームクリエイターを目指している人に「こんなキャラクターを作ってみたい!」と思割れる立場になりたいです。

Q7.これから業界を目指す方へのメッセージをお願いします。

私も最初は全然3DCGツールも触ったことがなく、途中までプロになることを甘く考えていました。しかし、「自分はこれがやりたい!これが好きなんだ!」という気持ちを持ち続けていれば、作品を見てくださった方には必ずその気持ちは伝わります。
その気持ちを大事にプロになるため頑張っていきましょう!

◆   ◆   ◆   ◆   ◆

小谷野さん、ありがとうございました。
AMGでは、実践的なカリキュラムはもちろんのこと、著名クリエイターによる特別講義や模擬面接など、学生たちの就職活動の手厚いサポートにも力を入れています。
カリキュラムや就職実績について詳しく知りたい方には、無料でパンフレットを送付いたしております。
また、学校見学・体験説明会も随時開催しておりますので、お気軽にお越しください。

今年もアトラス、カプコン、セガ、レベルファイブなどの大手ゲーム会社。さらにはウイットスタジオ、PAワークス、マッドハウなどの大手アニメスタジオに続々と内定!詳しくはコチラ

AMGをもっと知ろう

2分でかんたん申し込み!

学院の資料を取り寄せる

AMG学院祭2019

10/24(木)・25(金)・26(土)・27(日)
※24、27は声優のみ

AMG学院祭2019

10/24(木)・25(金)・26(土)・27(日)
※24、27は声優のみ