MENU

体験説明会
資料請求

ニュース

株式会社アニマに内定した川端 慎平くんロングインタビュー

株式会社アニマに、AMGの学生が内定をいただきました!内定者であるアニメ・ゲーム3DCG学科2年生の川端 慎平くんに、AMGでの思い出や就職が決まるまでの道のりをお聞きしました。

Q1.AMGに入学を決めたきっかけは、何ですか?

この学院のことを知ったのは3DCGの職種を目指したいと考え、どのような学校があるかを調べた時でした。
いくつかの学校を調べ、体験入学へ行ったのですが、AMGは1クラスを少人数で実施しており、その分、講師との距離も近く、学ぶ上で良さそうな環境だと思いました。
また、2年制ということもあって、忙しい部分もあるかもしれないですが、4年制などの学校よりも濃密な時間を過ごせると考え、AMGに決めました。

Q2.役に立った講義は?お世話になった先生は?

役に立った講義と聞かれてまず思い浮かぶのは遠藤先生によるMAYAの講義です。
MAYAの基本操作から、私の目指している方向のキャラクターのモデリング、そして実際に先生が仕事で使っているテクニックなども、教えて頂けました。
たぶん、私の学校生活で一番役に立った講義だとおもいます。

Q3.クラスの雰囲気は?担任の先生はどうですか?

クラスの雰囲気は皆、同じような趣味の方が多いこともあって、基本的に和やかで親しみやすい雰囲気です。
先生も、話しやすく優しい方が多いため、軽い冗談なんかも言いあっている雰囲気です。

Q4.夏期冬期同制作(学院祭・発表会含む)の思い出は?

共同制作は正直に言うととても大変だったという印象です。
まず、ほか学科と共同で制作するということもあり、足並みがなかなか揃わなかったり、初めての経験でもあったので具体的にどうすれば良いのかが掴めず、スケジュール通りに事を進めることが難しかったです。
そのようなこともあり、一番苦労した点はスケジュールです。
ただ、実際に作ったものが動いているところを見た時はとても嬉しく、達成感は凄かったです。
それから、作ったゲームは実際に学院祭などでお客様にプレイして頂くのですが、ちょっとした所でも褒められた時は感無量でした。

Q5.就職活動 指導の思い出はいかがでしたか?

就職活動は不安だらけでした…。
自分が作ったポートフォリオで大丈夫か、自分だけ就職できないなんてことにならないか。
ですが、学院で様々な企業の方を呼んで頂いたり、模擬面接を組んで頂いたりと手厚いサポートをして頂いた結果、無事内定をいただくことが出来ました。

現時点での反省点として、もっと早く動いていればもう少しスムーズに内定を頂くことが出来たかもしれない、というちょっとした後悔ですね。
1年は長いようで短く、いつの間にか過ぎているので、今後就職活動をする方には早め早めの行動をお勧めします。

Q6.これからどんなクリエイターになりたいですか?

クリエイターとして目指すところは、可愛いものを可愛く、カッコイイものをかっこよく作り、送り出せるようになりたいです。

自分が手がけた作品が、立体になってもっと良くなったと言われるようにこれからも頑張る次第です。

Q7.これから業界を目指す方へのメッセージをお願いします。

これからこの学院に入ってくる方にはとにかく、早め早めの行動をし、暇な時間に少しでも作品を作ることを心がけると良いと思います。
作品の数が多ければ多いほど、選択肢は増えていきます。
それから、自分が好きな作品だけでなく、、もっと世に出ている様々な作品も見てみると、何か良い発見があるかもしれません。

◆   ◆   ◆   ◆   ◆

川端くん、ありがとうございました。
AMGでは、実践的なカリキュラムはもちろんのこと、著名クリエイターによる特別講義や模擬面接など、学生たちの就職活動の手厚いサポートにも力を入れています。
カリキュラムや就職実績について詳しく知りたい方には、無料でパンフレットを送付いたしております。
また、学校見学・体験説明会も随時開催しておりますので、お気軽にお越しください。

今年もアトラス、カプコン、セガ、レベルファイブなどの大手ゲーム会社。さらにはウイットスタジオ、PAワークス、マッドハウなどの大手アニメスタジオに続々と内定!詳しくはコチラ

AMGをもっと知ろう

2分でかんたん申し込み!

学院の資料を取り寄せる