MENU

体験説明会
資料請求

ニュース

株式会社グレッゾに内定した達野 実友哉くんロングインタビュー

株式会社グレッゾに、AMGの学生が内定をいただきました!内定者であるゲームプランナー学科2年生の達野 実友哉くんに、AMGでの思い出や就職が決まるまでの道のりをお聞きしました。

Q1.AMGに入学を決めたきっかけは、何ですか?

様々な専門学校から自分に合うところを探していたときにAMGの体験説明会に参加したことがキッカケです。
元々ゲームで遊ぶのが好きで、小学生の頃にゲームクリエイターのインタビューを見たときに、ゲームを作る仕事に憧れました。
そのまま月日は過ぎていき、大学受験の時期になりましたが、自分の本当にやりたいことは大学に行ってできるようになるのかという悩みから大学受験をやめ、専門学校に行くことを決意しました。
様々な専門学校に資料請求をし、体験説明会にも参加しました。その中でAMGなら実践的な制作活動を通じて学ぶことができるということがわかったため、経験から学ぶ自分の性格と合うと思い、入学しました。

Q2.役に立った講義は?お世話になった先生は?

真壁先生のプログラムの講義です。
本当に基礎の部分から分かりやすく教えてくださるので、短い期間でプログラムを読めるようになりまして、これが夏期共同制作では効果を発揮しました。自分の作りたいゲームのアイデアがどう形にできるのかをプログラマーと一緒に考えることができ、バグが発生したときは自分でも直接プログラムのソースコードを見て原因を探すことができたため、ゲームの完成度を高めることができました。
また、読めるようになるだけでなく、スクリプトという簡単なプログラムを自分で書くことも教えていただけるため、冬期では自分でもマップを作ることができて、実装の際、役に立ちました。

Q3.クラスの雰囲気は?担任の先生はどうですか?

クラス仲はとてもいいです。全員がゲーム好きという共通の趣味を持っているので、まずゲームをやれば仲良くなれます。
ただそれだけではなく、全員のそれぞれいいところ、得意なところが違うためお互いに刺激しあうことができます。友達でありライバルであり、互いに師匠でもある。そんな不思議で濃密な関係です。
そんな個性的なクラスを教務の渡辺先生はしっかりまとめてくださっていて、それぞれの生徒のことをよく見てアドバイスしてくださる他、クラス全体の雰囲気が良くない方向に進みそうなときには厳しく指導してくださいました。
そしてもちろん、先生ともゲームでよく遊びます。そのときは本当に対等な関係で一緒に遊んでくださりつつも、ゲームから参考になる部分を見つけてくださるため勉強になります。

Q4.AMGで身についたことはありますか?

世の中の物がどうしてこうなっているのかを考えるクセが身に付きました。学院内では吸収するものが多く、常に周りからいいところを取り入れようと必死でしたが、それを繰り返しているうちに、ふと学院外のものからも学べることが多いことに気づきました。
自分でゲームを遊んでいるときはもちろん、電車の中吊り広告からはどうして見やすい画面になっているのかを、アニメからはキャラの感情がどうして伝わってくるのか、図書館の案内はどうして迷わないようにできているのかなど、様々なことを学んでいます。

Q5.夏期・冬期共同制作の思い出は?

夏期冬期、学院祭を合わせて様々な失敗を経験しました。
夏期ではチームの運営不足や企業プレゼンでの失敗、学院祭実行委員としての指揮が出来なかった等、精神的に一番辛かった時期でした。ですが、夏期のさまざまな失敗のおかげで成長できたと思います。冬期では大きな失敗は無かったもののスケジュールの調整やメンバーとの相談のしすぎで自分がやりたかったものが少ししか出来なかったのでゲームとしては完成しましたが、自分のプランナーの動きとして失敗したと感じています。
自分が企画したゲームが形になるというのはどんな形であれとても嬉しかったです。そして、テストプレイしてもらった時に「楽しかった!」と感想を貰うとこのゲームを企画して良かった、考えてよかったと思いました。
でも思い出すだけで精神にダメージが来るのでやっぱり辛かったんだなぁと感じます…

Q6.就職活動 指導の思い出はいかがでしたか?

ありがたいことに、無事に第一志望に合格することができました。
履歴書の書き方やアピールポイントなどを丁寧に教えてくださった担任の渡辺先生とキャリアセンターの伊藤先生のおかげで書類選考はかなり順調に進みました。なかでも決め手は学内クリエイター面接だと思います。自分でも会社説明会に参加をしていたのですが、学内クリエイター面接でも機会をいただいたため、そちらでエントリーしました。
慣れている環境での面接ができたため、リラックスして自分の言いたいことを言うことができたのだと思います。

Q7.これからどんなクリエイターになりたいですか?

自分の代表作を生み出したいという野望もありますが、まずはゲームを作ることをチームメンバー全員で楽しめるような、そんな環境づくりができるクリエイターになりたいです。
「奏者が本気で楽しんでいないと、観客には伝わらない」。この言葉は自分が音楽をやっていたころの座右の銘なのですが、ゲームでも同じだと思います。
クリエイターが本気で楽しみながら作ったゲームは、プレイヤーも楽しめるゲームになると思います。まずはクリエイター側が楽しめるように努力していきたいと思います。

Q8.これから業界を目指す方へのメッセージをお願いします。

ゲーム作りは、とにかく大変です。特に、AMGではかなりハードなスケジュールでゲームを作ります。ですが、本気でゲームを作りたいのであれば、どんな努力も楽しさに変わります。
そしてその努力を乗り越えて、1年でみるみる成長していく体験は、他の場所ではなかなか得られないと思います。
本気でゲームを作りたい人は、ぜひAMGへ。そして、あなたが作ったゲームを遊ばせてください!

◆   ◆   ◆   ◆   ◆

達野くん、ありがとうございました。
AMGでは、実践的なカリキュラムはもちろんのこと、著名クリエイターによる特別講義や模擬面接など、学生たちの就職活動の手厚いサポートにも力を入れています。
カリキュラムや就職実績について詳しく知りたい方には、無料でパンフレットを送付いたしております。
また、学校見学・体験説明会も随時開催しておりますので、お気軽にお越しください。

今年もアトラス、カプコン、セガ、レベルファイブなどの大手ゲーム会社。さらにはウイットスタジオ、PAワークス、マッドハウなどの大手アニメスタジオに続々と内定!詳しくはコチラ

AMGをもっと知ろう

2分でかんたん申し込み!

学院の資料を取り寄せる