MENU

体験説明会
資料請求
AOエントリー

ニュース

株式会社バイキングに内定した杉本 閑くんロングインタビュー

株式会社バイキングに、AMGの学生が内定をいただきました!内定者であるゲームプランナー学科2年生の杉本 閑くんに、AMGでの思い出や就職が決まるまでの道のりをお聞きしました。

Q1.AMGに入学を決めたきっかけは、何ですか?

昔からゲームが好きでどこでもゲームを遊んでいる少年でした。ですが、ゲームを仕事にするという考えはありませんでした。
中学2年の時に友人たちとRPGツクールでゲームを作ろうと誘われました。
その時の役割で今のプランナーと同じような役割をしてました。ゲームは完成しませんでしたが、その仕事が楽しかったので将来ゲームを企画する人になりたいと思いました。
中学の時から様々な専門学校の説明会に参加していましたが、自分に合うようなところが見つかりませんでした。
偶然リスナーとして聴いていた『ぶるらじ』でこの学校を知り、調べたり、説明会に行く内にここならいいのでは?と思い決心しました。

Q2.役に立った講義は?お世話になった先生は?

1、2年次の大塚先生の授業の企画/プレゼンです。自分が吃音症だということもあり人前で立つプレゼンがとにかく不安で苦手でした。
ですが、大塚先生の授業を受けて何度かプレゼンをしていく内に自信がつきました。
相手に伝える情報の順番やプレゼンで使うパワーポイントの作り方、それらを駆使して自分の好きな事をプレゼンするといった内容でこの講義で習ったことはすぐにゲーム製作で活用できたのでとても役に立つ講義でした。 あと、純粋に大塚先生と映画の話をしたり、大塚先生の知識の幅の広さに驚いたりしました。

Q3.クラスの雰囲気は?担任の先生はどうですか?

クラス自体はみんなわいわいしてました。
作業するときは黙々と作業をしていて作業中の空気は重たかったです…しかし、ゲームを起動するとその重い空気はすぐに無くなり作業を中断しゲームを遊んでました。
一人で遊ぶゲームよりみんなと一緒に遊べるパーティーゲームや格闘ゲームをたくさん遊んだと思います。学校帰りではゲームセンターに寄って遊んだり、ご飯を食べたりと色んな思い出があります。
担任の渡辺先生とはゲームの話で盛り上がった他に様々な相談に乗って貰いました。
相談に乗るたびに涙を流した思い出があります…。こう思い出すとこのクラスで一番涙を流したのでは…?

Q4.AMGで身についたことはありますか?

プランナーとしての基本的な技術や製作チームの運営方法など講義や製作を通して学びました。講義で教わり、共同制作で実践する。この流れで講義で教わった内容を深く理解できました。
そして、自分のことを深く知ることができました。友人からの視点、先生からの視点など様々な視点から自分を知ることが出来たので、今後どうしたいか、プランナーとしてどこが強いか分かったので就職活動にも役に立ちました。

Q5.夏期・冬期共同制作の思い出は?

夏期冬期、学院祭を合わせて様々な失敗を経験しました。
夏期ではチームの運営不足や企業プレゼンでの失敗、学院祭実行委員としての指揮が出来なかった等、精神的に一番辛かった時期でした。ですが、夏期のさまざまな失敗のおかげで成長できたと思います。冬期では大きな失敗は無かったもののスケジュールの調整やメンバーとの相談のしすぎで自分がやりたかったものが少ししか出来なかったのでゲームとしては完成しましたが、自分のプランナーの動きとして失敗したと感じています。
自分が企画したゲームが形になるというのはどんな形であれとても嬉しかったです。そして、テストプレイしてもらった時に「楽しかった!」と感想を貰うとこのゲームを企画して良かった、考えてよかったと思いました。
でも思い出すだけで精神にダメージが来るのでやっぱり辛かったんだなぁと感じます…

Q6.就職活動 指導の思い出はいかがでしたか?

最初は大手に入らなきゃとの気持ちで就職活動してました。特にSEGAが好きだったのでSEGAに入ろうと必死にやってましたが、その時は入るだけでその後に何をしたいかを考えていなかったので、就職活動の先生や実際の面接でボコボコにされました。
入りたかった会社に落ちたことで自分を見つめなおしやりたい事は何だろうと友人と話し合ったり、先生と相談しました。
そこから自分の答えが見つかり就職活動が一気に楽しくなり、比較的早く内定を貰いました。
自分の感覚として就職活動は楽しい印象でした。特に面接で自分を相手に伝えるという体験が楽しかったです。

Q7.これからどんなクリエイターになりたいですか?

ユーザーとの距離が近い、近く接することできるクリエイターになりたいです。
ゲームを良くする、更に楽しくするには製作チームだけでなく、ユーザーからの意見が大切だと思います。自分も自分のゲームを遊ぶときは出来る限りユーザーの視点で遊んでいますが、限度があり、なにかと友人に頼んで遊んで意見を貰ってます。
自分が憧れているクリエイターもSNSでのユーザーとの距離感が非常に近く、意見の汲み取りが上手いのでその人のようになりたいと思っています。

Q8.これから業界を目指す方へのメッセージをお願いします。

この学校に入ったらOK!なんてことはないです。なので入ったら何をしたいか何をしようか目標を決めるといいと思います。
そして、なにか困ったり詰まったりしたら友人先生問わず相談して下さい。同じ志で生きているので必ず相談に乗ってくれると思います。
ゲームプランナーとして活躍したいと言って根詰めずにたくさんゲームをして下さい。たくさんのゲームを遊んでおくといいことがきっとあるので今昔問わず様々なゲームを遊ぶことをオススメします。
あと、友達をたくさん作って!一人だと辛いです!!

◆   ◆   ◆   ◆   ◆

杉本くん、ありがとうございました。
AMGでは、実践的なカリキュラムはもちろんのこと、著名クリエイターによる特別講義や模擬面接など、学生たちの就職活動の手厚いサポートにも力を入れています。
カリキュラムや就職実績について詳しく知りたい方には、無料でパンフレットを送付いたしております。
また、学校見学・体験説明会も随時開催しておりますので、お気軽にお越しください。

今年もアトラス、カプコン、セガ、レベルファイブなどの大手ゲーム会社。さらにはウイットスタジオ、PAワークス、マッドハウなどの大手アニメスタジオに続々と内定!詳しくはコチラ

AMGをもっと知ろう

2分でかんたん申し込み!

学院の資料を取り寄せる

AMG学院祭2019

10/24(木)・25(金)・26(土)・27(日)
※24、27は声優のみ

AMG学院祭2019

10/24(木)・25(金)・26(土)・27(日)
※24、27は声優のみ