⇒6/13更新:新型コロナウイルス感染症に関する対応について

MENU

入学イベント
資料請求
AOエントリー

ニュース

卒業生進路実績! 業界No.1のプロダクション直接所属率73.8%!

今年も昨年に引き続き、75社以上のプロダクションが学内オーディションを行いました。
数多くの卒業生が、プロダクション直接所属合格を果たし、卒業後すぐにプロ声優として活躍することになりました!

2018年3月卒業生進路実績 直接所属合格73.8% 特待生合格18.5% 養成所合格5.6% 劇団合格2.1%
2018年3月卒業生 直接所属者インタビュー
テアトル・エコー 準所属 西岡 璃南さん

きっかけは高校 1年生の夏に友だちとアフレコ体験説明会に参加したことでした。
初のアフレコにドキドキワクワク!やってみると本当に楽しくて「声優になりたい!」という気持ちがより強くなりました。
その後の学校説明で先生がおっしゃった「あなたをプロの声優にします!」という熱い言葉が心に響き、AMGで頑張ろうと心に決めました。
在学中には色々なイベントがありましたが、中でも思い出に残っているのがアフレコライブと卒業公演です。
クラスには個性的な人が多く、年齢が違えば考え方も違うので一つものを作る過程でぶつかりあうことがあって大変でした。
でもこうした 経験は人生でそうたくさんは出来きません。お芝居はもちろんですが、人としても成長できた2年間でした。

【これから声優を目指す方へ】
AMGの先生方は家族のような存在で、何かあったときには親身に相談にのってくれたり、プライベートな部分から一人一人の強みとなる「個性」を見出してくれます。
AMGは全力でサポートしてくれます。でも声優になれるかどうかは自分の努力次第です。目標や夢はたくさん言葉にして、行動して、自己主張もたくさんできる キラキラした人になってください。私も負けませんのでみなさんも夢に向かって頑張ってください。

WITH LINE 準所属 高田 優花さん

声優を目指そうと決心したとき、どうせやるなら毎日レッスンに通いたいと思いましたので、養成所ではなく全日制の学校を探していました。
当時、AMGのテレビCMをたまたま目にし、”夢を、夢で終わらせない”という言葉が強く印象に残っていました。
そうしてAMGについて調べていくうちに、70社を超えるプロダクションから自由にオーディションが受けられ、プロダクションへの所属率も高いことから入学を決めました。
そして実際に入学してからは、本当に様々なことを学び、2年間の集大成である卒業公演では今まで経験したことがない役を演じることになりました。
この時、「人からどう見えるか?」に着目して、講師の方々やクラスメイトと一緒に練習し、一丸となって演じたことが一番の思い出です。

【これから声優を目指す方へ】
普段からアルバイトをするなど積極的に人と関わり、コミュニケーション能力を培って欲しいです。そこで得た経験や感情は演技の糧になると思います。
お芝居では、自分がした体験や感じた思いをベースにすることが多いと思うので、一日一日を大切に過ごしてください。

青二プロダクション ジュニア所属 岡本 卓也さん

声優に興味を持ったのは高校3年生の時でした。風紀委員長を務めていて、たまたま学内放送を担当したとき、 先生方の間で「あの声は誰だ」と話題になったことがありました。
そのとき「自分の声って意外といいんだな」と思ったのが、最初のきっかけです。
高校卒業後は家庭の事情もあって、いったんは社会人として働いていましたが、やはり声優への夢を諦めきれずにいました。友人の紹介でAMGの体験説明会へ行ったとき、先生方の熱い思い、やる気と自信に惹かれて、そこで不安はすべて払拭されました。
在学中には社会人の時にはなかなか経験できないイベントが多かったので、どれも思い出深いです。
中でも有志で集まって開かれたダンスコンテストではダンス経験者チームよりも高評価をいただけたことが、とてもうれしかったです。

【これから声優を目指す方へ】
入学してからは悩んだり、泣いて怒って、たくさん苦労をします。そんなどん底な状況でも夢をあきらめなかったのは、入学前からあった「好き」という気持ちが、僕を立ち直らせてくれたからです。
どんなことがあっても「好き」を忘れないでください。それと同時に自分を信じてください。
これだけで続けることが出来ますし、続けていれば自分にとって良い未来が待っています。

青二プロダクション ジュニア所属 木村 真悠さん

入学前は他の学校もいろいろと調べて見学にもいきました。その中でAMGを選んだのは講師陣が現役で活躍されているプロの声優であることと、卒業された方々の活躍や実績が多くみられる学校だと感じたからです。
歌やダンス舞台での芝居だけでなく、礼儀やマナーまでしっかりと学べるのもAMGならではの他の学校にはない魅力でした。
在学中の思い出は、卒業公演で主人公を演じたことです。今まで学んで培ってきたものをすべて出すことが出来たイベントになりました。
クラスのみんな、ひとりひとりに役割があって、それが合わさったときにとても感動しました。
卒業公演には家族や中学・高校時代の同級生も来てくれて「本当に変わったね!」と言ってくれたことが忘れられません。
この経験で感じ得たものをこれから先も忘れず糧にしていきたいと思っています。

【これから声優を目指す方へ】
AMGでは様々なことを学ぶことが出来ます。どうか、その学びの一日一日を大切にして自分のものにしてほしいです。
「私にはできない」という先入観は捨てて、何事にも全力でぶつかってみると新しい自分が見えてくると思います。私も 、入学した当初は「他に出来る人がいるから」と思っていましたが、自分を変えなければいけない、と考え方を変えてからは仕事もいただけるようになりました。今では、可能性は無限大だと思っています。
自分自身をもっと成長させていき 、それを個性にしたい と思います。

81プロデュース ジュニア研究生 横林 奈津子さん

高校生の時に吹奏楽部に所属していて、吹奏楽部の発表会のナレーションを任せていただいたときに、褒めてもらったことと、もともとアニメが好きということもあって声優になりたいと思うようになりました。
はじめてAMGの体験説明会に参加したときにカリキュラムの紹介に書いてあった「感情開放」という授業に興味を持ち、講師の先生に質問したり、 頂いた資料を読んでいくうちに、AMGに興味を持ちました。
在学中にはたくさんの行事がありましたが、1年次のボーカルライブコンテストが一番思い出に残っています。私たちのチームは、皆で奇抜な髪形にしたり 顔を白く塗った男の子もいて、面白ネタに振っていくというテーマでした。
実は すごく恥ずかしかったのですが 、見てくれた先輩が「おもしろかったよ!」と言ってくれた時に恥ずかしながらも全力でやったことが誰かに喜んでもらえることにとても感動しました。
感情開放の授業がこのときにも役立ったのかな と思います。

【これから声優を目指す方へ】
AMGでの2年間はみなさんの想像以上に濃い2年間になると思います。
学院生活で、他の人と自分を比べたり、劣等感を抱いてしまうこともあるかもしれません。
でも、誰かと比較するのではなくて、将来なりたい自分に足りないもの、必要なものをどんどん吸収していってください。
どんな人にも、自分にしかない良さが必ずあります。それをAMGでみつけて自分らしく進んでください。

81プロデュース ジュニア研究生 有隅 融さん

高校2年生で 進路を意識し始めたときに、何かを演技する人になりたいとぼんやり思いはじめて 、高校3年生の時には明確に声優になろうと思いました。
AMGで初めて体験説明会に参加したときに聞いた事務所への所属率の高さが衝撃的で、ずっと頭に残っていました。ほかにも著名な講師の方々、親身に接してくださる先生方に心を動かされてAMGへの入学を決意しました。
在学中は2年次の学院祭でのアフレコライブが一番印象に残っています。
1年生からの自分の成長が見せられればと、自分なりに思いきり力を出し切りました。

【これから声優を目指す方へ】
AMGに入学する前の自分と今の自分とでは、驚くほど大きな違いがあります。
当初は人と話すことがなかなかできなくて、人の目を気にしてしまうような性格でした。
それを先生に指摘されたときに、はじめて気づくことができ、自分の弱点を知ってからは大きく変わりました。今振り返ると自分ってこんなに変われるんだという事に気づいて、驚きました。
AMGの先生方は良いところも悪いところも指摘してくれて色々と気づかせてくれます。変われるきっかけはたくさん用意してくれますが、それを行動にうつすかは自分次第です。

AMGをもっと知ろう

2分でかんたん申し込み!

学院の資料を取り寄せる

声優エンタメチャンネル放送中
声優エンタメチャンネル放送中
スペシャルゲスト実績
スペシャルゲスト実績