MENU

体験説明会
資料請求

ニュース

株式会社ダイダロスに内定した池田 拓海くんロングインタビュー

株式会社ダイダロスに、AMGの学生が内定をいただきました!
内定者であるゲームプログラマー学科2年生の池田 拓海くんに、AMGでの思い出や就職が決まるまでの道のりをお聞きしました。

Q1.本学院に入学を決めたきっかけは、何ですか?

きっかけは、高校の時にいろいろなゲーム系の学校の説明会に参加していたのですが、その時に聞いた1年でゲーム制作を3回できるというところはほかの学校とは違い、ちゃんとチームを組んで現場さながらのカリキュラムを見て、学院への入学を決めました。

Q2.役に立った講義は?お世話になった先生は?

私が役に立ったと思う講義は真壁先生のゲームプログラミング基礎と瀧本先生のC++基礎・応用です。真壁先生の講義は夏に行ったゲーム制作でとても役に立つことを沢山教えていただきました。
瀧本先生の講義はC++でゲームを作っていくのに必要なことを教えていただきました。

Q3.クラスの雰囲気はどうですか?

講義を受けているときは静かに先生の話を聞いていて、休み時間になったら、いつもみんなゲームの話をしているとても楽しいクラスです。
担任の猪狩先生は、夏に行ったゲーム作りで、困っていた時に助けていただきました。

Q4.夏期・冬期共同制作の思い出は?

私が共同制作を行ったうえで大事だと思ったことは、コミュニケーションだと思います。
分からないことがあったら先生やクラスメイトに聞くことや、ゲーム作りは一人でやっていることではないので、良いゲームを作るために、チームの人とのコミュニケーションが大事だと思いました。

Q5.就職活動指導の思い出はいかがでしたか?

高校生の時に就職活動や面接の練習をほとんどしてなかったので不安ばかりでしたが、就職指導の先生が面接練習をしてくださったり、履歴書の添削をしてくださったりしていただいたおかげで内定をいただけました。
企業で面接をする時も、先輩たちが書いてくださった企業訪問報告書のおかげで、企業の傾向などを知ることが出来ました。

Q6.これからどんなクリエイターになりたいですか?

ゲームプログラマとして企画の人に言われたことをただするのではなくて、自分も、こうしたら面白くなるんじゃないかという事を一緒に話しながら作ることができ、そのために自分からも新しい技術や知識を模索できるようなゲームプログラマになりたいです。

Q7.後輩へのメッセージをお願いします。

私は共同制作で辛いこともたくさんあり、心が折れそうなこともたくさんありましたが、作ったゲームを遊んでいただいて、面白いといっていただけたときはとてもうれしかったです。
辛いことがあってもあきらめずにちゃんとゲームを作り続けていれば、絶対に結果は返ってきます。

◆   ◆   ◆   ◆   ◆

池田くん、ありがとうございました。
AMGでは、実践的なカリキュラムはもちろんのこと、著名クリエイターによる特別講義や模擬面接など、学生たちの就職活動の手厚いサポートにも力を入れています。
カリキュラムや就職実績について詳しく知りたい方には、無料でパンフレットを送付いたしております。
また、学校見学・体験説明会も随時開催しておりますので、お気軽にお越しください。

今年もアトラス、カプコン、セガ、レベルファイブなどの大手ゲーム会社。さらにはウイットスタジオ、PAワークス、マッドハウなどの大手アニメスタジオに続々と内定!詳しくはコチラ

AMGをもっと知ろう

2分でかんたん申し込み!

学院の資料を取り寄せる