MENU

体験説明会
資料請求

ニュース

株式会社レベルファイブに内定した東山恭子さんロングインタビュー

『妖怪ウォッチ』『レイトン教授』『イナズマイレブン』シリーズなど、ビッグヒットを送り続ける株式会社レベルファイブに、キャラクターデザイン学科 東山恭子(ひがしやま きょうこ)さんがデザイナーとして内定が決まりました。
そこで、東山さんにAMGの思い出や就職活動の道のりをお聞きしました。

まず、内定の知らせを聞いたときの気持ちを聞かせてください。

電話で内定の連絡をもらった時は、夢だと思いました。
「レイトン教授シリーズやダンボール戦機シリーズなど今までユーザーとして遊んでいたあの憧れのレベルファイブに自分がクリエイターとして立つなんて!」と、本当にうれしかったです。

家族にもすぐに知らせると、とても喜んでくれてケーキとご馳走でお祝いしてくれました。

アミューズメントメディア総合学院で、就職に役立った講義や先生、サポート制度はなんですか?

授業を挙げるとしたら、1年次のハセガワ先生のデザインの授業です。

ポートフォリオを作るうえで必須ツールであるillustratorの使い方を教えていただきました。ポストカード作成などillustratorを駆使しないとできない課題などもあり、もともと基礎的なことは分かっていましたが、より理解を深めることで、ポートフォリオ制作に活かすことができました。

もちろん、このポートフォリオを持って就職活動をして内定をとりました!

就職活動、指導でなにか思い出のエピソードを教えてください。

まずは、提出しなければいけない履歴書を締め切りのギリギリで盛大に間違えていたことです。
そして、捺印しなければならない欄に性別をでかでかと書いていました。なんという痛恨のミス。その時は、さすがに先生も頭を抱えていました。

あと、面接の練習を何度もしていただいた事です。
自分のクセを良くわかっていたので時間のあるかぎり、納得できるまで練習をしました。

クラスの雰囲気はどうですか?

好きなキャラやゲームなど、趣味の合う友達がいます。就職活動の中で、気持ちが落ち込んだときも楽しい話をしたり、励ましてくれる仲間がいるのは、とても良かったです。

アミューズメントメディア総合学院へ入学してよかったと思うことがあれば教えてください。

まず入学のきっかけとなったのは、イラストの勉強ができて就職サポートがしっかりしているというところに魅力を感じたからです。私は一度、イラストとは関係のない仕事に就職していたこともあり、そして年齢的にもあまり後がないと思って就職面を重視して学校を探していました。

企業の方が展示会に来てくださる場があったり、学内クリエイター面接や説明会があったりと、企業と接することができる場が多くあったことは、この学校に入学してよかったと思える点です。

学院祭や展示会の思い出は?

学院祭で、私は物販の担当をしました。物販に参加する人を有志で集い、ポストカードやシール、缶バッジなどを販売しました。
学校で行うのは初めてでしたが、元々プライベートでイベントに参加したことがあったので物販リーダーとして頑張りました。

夏休みを通しての準備だったので大変でしたが、当日、多くの人が足を運んでくれて、また自分たちが一生懸命作ったものを購入していただいた事は、すごくうれしかったです。

これから、どんなクリエイターになっていきたいでしょうか。

ありきたりではない魅力的なキャラクターや世界観を生み出すデザイナーになりたいです。
そして年齢問わず、いろんな人に楽しんでもらえたり喜んでもらえたりするモノを作っていきたいと思います。

後輩や、これから同じ業界を目指す人にメッセージやアドバイスがあれば、お願いします!

最初は、「自分なんか受かるはずがないだろう」と、ものすごく弱気な中で就職活動をスタートしました。でも、ダメもとでも積極的に行動したら結果に繋がるということを知りました。

自信がないからと言って、何もしないより当たって砕けろ!な、気持ちで挑戦したら、きっとどこかで道は開けると思います!

◆   ◆   ◆   ◆   ◆

東山さん、インタビューありがとうございました。
AMGでは、実践的なカリキュラムはもちろんのこと、著名クリエイターによる特別講義や模擬面接など、学生たちの就職活動の手厚いサポートにも力を入れています。
カリキュラムや就職実績について詳しく知りたい方には、無料でパンフレットを送付いたしております。
また、学校見学・体験説明会も随時開催しておりますので、お気軽にお越しください。

今年もカプコンはじめ様々な大手ゲーム会社、大手アニメスタジオに続々と内定!詳しくはコチラ

AMGをもっと知ろう

2分でかんたん申し込み!

学院の資料を取り寄せる