MENU

体験説明会
資料請求

ニュース

アミューズメントメディア総合学院と角川プロダクションの合弁事業「株式会社プロダクション・エース」設立について

2008年6月30日
【報道関係各位】
20080701_amg_01.jpg 20080701_amg_02.jpg
株式会社アミューズメントメディア総合学院 株式会社角川グループホールディングス
アミューズメントメディア総合学院と角川プロダクションの 合弁事業「株式会社プロダクション・エース」設立について

  クリエイターの教育・育成事業を営む株式会社アミューズメントメディア総合学院(本社:東京都渋谷区東2-29-8、代表取締役社長:吉田尚剛、以下、AMG)と株式会社角川グループホールディングスの子会社で角川グループの版権ビジネスを担う株式会社角川プロダクション(本社:東京都千代田区富士見2-13-3、代表取締役社長:井上伸一郎、以下、角プロ)は、共同出資し、声優を軸とした総合タレントプロダクション「株式会社プロダクション・エース」を立ち上げることとなりましたのでお知らせします。

  昨今、アニメーション作品は従来の子供向け作品だけでなく、深夜枠、BS、CSアニメ専門局、さらには劇場映画など、放映、公開の場が拡がっています。またDVDによるパッケージ販売やネット配信などでも一層の需要増が見込まれています。さらに、その人気は日本国内に留まらず、広く北米、欧州、アジアなど全世界で放映され、多くのファンを獲得。Cool Japanを象徴するコンテンツとして急激に認知度を高めてまいりました。一方、アニメーション作品のキャラクターに命を吹き込む役割ともいうべき声優業は、より個性的、多様なキャラクターが求められるようになり、現在活躍中の声優は、アテレコだけでなく、アイドルやタレントとして活躍の場を拡げ、エンタテインメント業界における注目度はより高まってまいりました。

  このような流れを受け、AMGと角プロの両社は、AMGが培ったクリエイター、声優、コミック作家育成のノウハウと、アニメ化作品の原作となるコミック、ライトノベルを多く有し、アニメ作品の制作、販売を行ってきた角川グループのノウハウを融合させたタレントプロダクションを設立することで合意いたしました。両社が共同で声優・タレントの新人発掘・養成、声優・音楽系アーティストのマネージメント、声優のキャスティング・コーディネートなどの事業に取り組むことは、質の高い人材を輩出し、かつより作品世界に合致した効果的なキャスティング・コーディネートが行えるものと考えます。また、全世界に向けて将来性のあるアニメ市場における確固たる役割を担うことができると判断いたしました。

  今後、株式会社プロダクション・エースの設立により、コンテンツと声優・タレントとの強い連携力を持った独自性のあるプロダクションとして、多くの優秀な人材を輩出し、独自のマネージメント力をもって、今まで以上に質の高いアニメ作品の創出をサポートし、日本のコンテンツ産業の発展に寄与すべく事業を展開してまいります。

AMGをもっと知ろう

2分でかんたん申し込み!

学院の資料を取り寄せる