⇒6/23更新:新型コロナウイルス感染症に関する対応について

MENU

入学イベント
資料請求
AOエントリー

ニュース

CLAMP先生 スペシャルインタビュー

©CLAMP/CLAMP FES

1998年に『聖伝』でデビューして以来、作家生活22年を迎えるCLAMP。女性4名からなる創作集団の手から生み出される作品は斬新で、ファンを魅了し続けています。

また、2011年9月には「CLAMPフェス2011 TOKYO」も開催し、オリジナルコミック「私立堀鐔学園番外編・転校生にドッキドキ!」も発表されました。

(ライブでオンエアされたモーションコミックにはアミューズメントメディア総合学院の学生も参加しています!)

今回は特別に、創作のヒミツや作品にまつわるエピソードなどを語っていただきました。

4人で描くということ

大川: デビュー前の関西にいた頃は、違う同人サークルだったんです。いわゆる遊び仲間で、私の家に泊まったりしてましたね。
もこな: 4人でやってみると、色々なことが4等分されるところがいいですね。
いがらし: 関係者の方々やアシスタントさん、編集者さんにも言えないことがあると思うけれど、私たちはチームなので、良いことも悪いことも共有できますね。
もこな: 自分が迷ったときに“どっちがいい?”って聞いたら、返事をもらえるのも嬉しいし。
迷ったらみんなの力を借りられるのは大きいです。

どのようにキャラクターを作り込んでいきますか?

©CLAMP/CLAMP FES

大川: お話を先に作るので、それに合わせてキャラクターをどうするか考えていきます。発注して、3人と相談していきますが、メインキャラは具体的で細かいです。
『カードキャプターさくら』の時は細かかったですね。たまに、何となく長い髪型にしてくださいとお願いしたことはありますが、基本は指定です。ものすごい細かいこともあれば、適度に軟派そうでよろしくとか……。主役でそれはないか(笑)
もこな: 主役ではないかな(笑)
大川: 1話しか出ないゲストキャラ、例えば『xxxHOLiC』の依頼人は、今、一瞬で描いてと言ったこともあります。
もこな: 依頼人は毎回女性だから、たまにかぶりますね(笑)
大川: あれ?これ前にいたじゃん、あわあわあわ……となったこともありますが、メインキャラはしっかり口頭で説明しますね。ラフもきっちり描いてもらって、オッケー出るまでやりとりします。
もこな: ここで、身長や年齢を決めていきますね。
いがらし: 他には、キャラクター発注のときに頭身まで指定する場合もあります。
大川: 描いてる本人だと絵が変わったか分からないから、私といがらしで確認して、変わっていなかったらやり直してもらったり。
猫井: 自分からすると、いつも同じ絵を描いてる、どれも私だなって思います。
その中で、手数で違いを見せてるっていうか、やっぱりこれも4人でやってるからこそかもしれませんね。
もこな: 私は、『xxxHOLiC』の侑子に苦労しました。あの高い頭身を描いてたら、『こばと。』まで頭身が高くなっちゃったり。描き分けるのが大変でした。だから冷静にチェックしてくれる仲間がいるのは、やっぱり心強いですね。
大川: 本人が意識して変えられる部分と、変えられない部分もあるので、そこは話し合いと調整です。

打ち合わせの段階から、画材も決めていますか?

大川: ペンを変えるだけで印象が違うので、最初の打ち合せで画材まで細かく決めることが多いですね。
『ちょびっツ』だとボールペンで絵を描いたり。
もこな: さすがに印刷所でどういう風に出力されるか分からなかったので、事前に試し刷りしたりしましたね。
いがらし: 『CLOVER』は、紙を変えましたしね。

©CLAMP/CLAMP FES

大川: 画用紙でしたね。それだけでもだいぶ印象が違います。こんな画材あったよ~とか、色々とみんなで話し合っています。
もこな: 『ANGELIC LAYER』は、猫井さんが教えてくれた、万年筆っぽい太いペンを使いました。
大川: 元々、お話に合わせて描いていくので、この話だと細い線は似合わないだろう、とか相談していきます。カラーの画材も同じ。物語に合わせて重い方が良かったり、逆に可愛く塗った方が良い場合もありますから、そこは臨機応変です。

台詞の言い回しや言葉のチョイスについて、メモやネタ帳はありますか?

大川: 昔はメモを取っていたけれど、デビュー当時ぐらいですね。
今は、ストーリーの流れをメモに取るぐらいで、名台詞をいわせるんだということはないです。
もこな: 座右の銘を繰り出そうってのはないですね。
いがらし: キーワードの台詞くらいかな。
もこな: 大コマなんだろうな、別枠の方がいいんだろうなっていうものは、貰ったシナリオから空間をあけて書いてあるので、今回の肝だとか分かりますね。
大川: 昔はわざわざメモしようっていう気合いがあったけど、すぐに終わったよね。
いがらし: 書いたメモを何用にかいたっけ? と2年後ぐらいに思い出すくらいで。
大川: メモ帳を持ち歩いていたけれど、全く活用されなかったよね。椅子にすわらなきゃだめだし、締め切りがないといけませんね(笑)

22年の間、立ち止まらず走り続けられている理由は何でしょう?

©CLAMP/CLAMP FES

大川: 結局、何かを創るのが好きなんでしょうね。昔、フランスでインタビューを受けたとき、どのくらい働いているかと聞かれたので、正直に答えたら、“それはフランスでは労働違反だ”といわれました(笑)そう考えると、ワーカホリックな部分はあるかもしれません。ただ、機嫌がいいときとか、時間があるときは、“楽しいっ!”って本当に思いながらやってるんですけど。

まあ、夜中の2時、3時になると、“何やってるんだろ……”と思うこともありますが(笑)

では最後に、今後の展開を教えてください。

いがらし: 『合法ドラッグ』の新シリーズが11月からスタートします。また、それに併せて新装丁された単行本も発売されます。『GATE 7』の第2巻も出版されますので、よろしくお願いします。って、宣伝ばかりですみません(笑)
もこな: アニメのキャラデザインなど、マンガとは違うお仕事もいただけて嬉しいです。
気になる『コードギアス』も楽しみです。
猫井: 8年ぶりぐらいに、『合法ドラッグ』を描くことになりました。またがんばります。
大川: 舞台のストーリー作りなどのお手伝いもさせてもいただいています。
色々なことを企画してくださる方々、何よりも見てくださる皆様に感謝しつつ、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

◆   ◆   ◆   ◆   ◆

CLAMP先生、インタビューをありがとうございました!
「CLAMPフェス2011 TOKYO」は盛況のうちに終了しましたが、これからもCLAMP先生のご活躍を応援します!

【PROFILE】
CLAMP(くらんぷ)
いがらし寒月、大川 七瀬、猫井 椿、もこなの4名からなる創作集団。
1989年、『聖伝』でデビュー。以来、『東京BABYLON』『X』『魔法騎士レイアース』『カードキャプターさくら』『ANGELIC LAYER』『ちょびっツ』『ツバサ―RESERVoir CHRoNiCLE―』『xxxHOLiC』『こばと。』など、多彩な作品を発表している。現在連載中の作品は、『ジャンプSQ』に掲載されている『GATE7』。そのワン&オンリーの作風から、海外では「COOL JAPAN」の代表格に位置づけられ、絶大な人気を誇る。

★CLAMP公式ウェブサイト
★CLAMPフェスティバル公式サイト

AMGをもっと知ろう

2分でかんたん申し込み!

学院の資料を取り寄せる