⇒1/8更新:新型コロナウイルス感染症に関する対応について

MENU

入学イベント
資料請求

Webデザイナー

Webデザイナーとは

WebデザイナーはWebサイト・ホームページを制作するデザイナーです。

クライアントの要望に応じて、Webサイトの構成を考え、文字や画像、動画、音などを効果的に取り入れながらデザインを手がけます。

Webデザイナーの仕事内容は幅広く、文章を書くこともあれば、コーディングを行うこともあります。

クライアントの要望から、どのようなWebサイトが望ましいのかを考え、使いやすさや見やすさ、Webサイトの管理のしやすさといった、Webサイトの全般をデザインする仕事だと言っても良いでしょう。

専門的な知識が必要になるので、学校などで学ぶ方が多いです。

Webデザイナーの仕事

Webデザイナーに求められる能力としては、デザインに関する知識や技術はもちろん、ユーザーのニーズを読み取る力や、依頼主に対して説得力のある提案ができるコミュニケーションスキルも必要になります。

Webデザイナーの仕事として最初に行われるのが、Webサイトの構成とレイアウトを決めることです。

制作に入る前に制作するWebサイトの大まかなレイアウトを決めることで、方向性を定めていきます。

この段階で基本的な構成や全体のボリューム、キーとなるビジュアルやWebサイト全体のイメージを決定していきます。

レイアウトが決まったら、次はWebサイトの色合いや装飾を実際につくりながら調整していきます。

IllustratorやPhotoshopといったグラフィックソフトを用いて、Webサイトの配色やロゴ・アイコンの配置を決定します。

ここまでのWebサイトの大まかなレイアウトにクライアントからOKが出た後に、Webサイトを構成する言語であるHTML、CSS、JavaScriptを使用してコーディングを行います。

HTMLは文章や画像の大まかなレイアウトを、CSSは配置、フォント、文字サイズ、色といった細かい部分の調整、JavaScriptで動きを表現することが可能です。

ユーザー視点での使いやすさや見た目も意識しつつ、事前に決めておいたレイアウトに沿ってWebサイトを構築していきます。

最終的なデザインの調整は非常に細かい部分の修正作業になるので、Webデザイナーには集中力と根気が不可欠です。

パソコンと向き合って黙々と仕事をしているイメージのあるWebデザイナーですが、クライアントとのミーティングなど、人と接する機会も多々あります。

専門的な知識はもちろん、クライアントからのヒアリングも重要になる職業です。

Webデザイナーのやりがい

Webデザイナーのやりがいとして、自分の作ったものが多くの人の目に触れるということがあります。

Webデザイナーが手がけるものは広告や情報提供、エンターテーメントなどさまざまな形で発表され、それらの作品は多くの人から評価を受けることも。

ただし、アーティストとは違ってクライアントの要望に沿って制作するので、自分の好きなように作品を作ることはできません。

基本的にクライアントのためにWebを構築する仕事なので、クライアントの目的への理解が大切です。

クライアントの目的をしっかりと把握し、専門知識などをもとにより良い案があるなら提案を行うことは可能なので、そこはWebデザイナー腕の見せ所です。

近年はインターネットの普及により、ホームページの作成はほとんどの企業にとって必要不可欠になり、さまざまなホームページが毎日作成・更新されています。

好奇心があり、業界や業種にとらわれず、幅広い分野に関わりたいという人にもWebデザイナーはおすすめの仕事です。

いち早くゲーム業界でWebデザイナーとして働いて、ヒット作品を売り出してみたい方には専門学校等で早期に学習を進めるのがおすすめです。

Webデザイナーになるには?

Webデザイン会社などに就職するのが一般的です。

デザイン力はもちろん、Webページを構成するためのHTMLの知識、PhotoshopやIllustratorといったグラフィックソフトやDream weaver、FLASHといったWebサイト・コンテンツ制作ソフトなどの知識も求められます。

Webサイトに対するクライアントの要望をしっかりとヒアリングする必要があるため、デザイン能力に加えてコミュニケーション能力も必要となります。

ほとんどの業界・業種でもホームページの作成や運用は欠かせないため、Webデザイナーの求人は比較的多い傾向にあります。

実力のある人なら、Web制作会社や広告会社、事業会社など、自分の好きな会社を選ぶことも、独立してフリーランスとして活躍することも夢ではありません。

仕事とプライベートとの両立も意識されていることが多く、リモートワークや短時間勤務など、働き方が固定されてないこともWebデザイナーの魅力です。

自由に働けるようになるまでに相応の経験を積む必要はありますが、仕事に困ることがないのはWebデザイナーの大きな強みです。

専門学校では現場で活躍するプロのもとで身につけることができるので、効率よく学習を進めることができます。

イラスト・デザイン関係の仕事

ゲーム専門の学校に通うメリット

Webデザイナーとして活躍するためには、日々新しくなる情報に対して敏感になり、新しいものを次々に吸収していく気持ちが大切です。

比較的新しい職業でありながら人気のある職業でもあるため、目指している人も少なくはありません。

そんなWebデザイナーとして早く活動したいという人は、専門学校等で組まれたカリキュラムで効率よく学習を進めていくことがおすすめです。

ゲーム業界で働きたいのなら、的を絞って専門で学べる学校に通う方がスキルアップには向いていると言えるでしょう。

ゲーム専門の学校への進学も選択肢として考えておくことをおすすめします。

この職業を目指す方へ
おすすめの学科はこちら!

キャラクターデザイン学科

キャラクターデザイン学科

イラスト、ゲーム、マンガ、アニメ、広告(CM)…。 身の回りに無数に存在するキャラクターは、老若男女を問わず愛される存在です。キャラクターメイキングで大切なのは、アイデアをカタチにするテクニックと、どこにもないオリジナリティ。キャラクターデザイン学科では、独自の『現場実践教育』と『産学共同システム』により、 エンターテインメント業界の現場と同じ環境で即戦力となるプロの技術やノウハウをしっかりと学ぶことができます。「絵を描くことが好き」「キャラクターデザイナーになりたい」というあなたの思いや夢をとことん応援します。

キャラクターデザイン学科の詳細を見る

キャラクターデザインのカリキュラムを見る

2分でかんたん申し込み!

学院の資料を取り寄せる