⇒1/8更新:新型コロナウイルス感染症に関する対応について

MENU

入学イベント
資料請求

モーショングラフィックスとは

モーショングラフィックス

モーショングラフィックスとは

モーショングラフィックスとはロゴやイラスト、文字、図形、写真などに動きや音を加えて動画にしたもののことを指すことが多いです。


身近な例としては、テレビCMの「動きのある企業ロゴ」、ミュージックビデオの音楽に合わせて「テンポよく動く図形やイラスト」、動くインフォグラフィックス等、お洒落な動画に使われることの多いモーショングラフィックスは現代の世の中にあふれています。


モーショングラフィックスを利用することで、文字を読まなくても、音と連動した図形やロゴ、イラストでより具体的な情報を記憶に残すことができます。


近年、WEBやSNSに現れる広告では、動画広告が多く採用されており、モーショングラフィックスが多く取り入れられています。


専門性が高い職業のため、デザイン専門の学校等で学習する人も増えています。

モーショングラフィックスの仕事

先ほど述べたように、モーショングラフィックスの制作は、テレビ番組のオープニングやCM、Webの広告動画、イベント映像、プロジェクションマッピング、デジタルサイネージなどの現場で行われています。

モーショングラフィックスでは視聴者を引き付けることを意識して動画表現を作成・編集します。

モーショングラフィックスを活用することで本来、静止画では伝えにくいインパクトのある表現などを動画化、メッセージ性を高め、視聴した人に覚えてもらいやすくなります。

実際の仕事の流れは、専門の学校等で行われる実習を通して学ぶことがおすすめです。

モーショングラフィックスに求められる能力とは

モーショングラフィックスには、グラフィックデザインが好き、得意という気持ちが大切になることが多いです。

デジタルソフトを扱っての仕事となるため、これらの操作が苦でない、楽しいと思えることが上達の鍵にもなります。

モーショングラフィックスは、その動きや効果もですが、モチーフであるグラフィックのかたちや色が引き出す魅力も大きいので、センスが必要になってきます。

他にも映像作品の制作をしている人や、3DCGのグラフィック作品を制作している人も、普段の制作の延長線上に始められるので、適性があると考えて良いでしょう。

自信がないという人も専門の学校等でスキルを身につけられるよう工夫されたカリキュラムが組まれているので、おすすめです。

モーショングラフィックスのやりがい

モーショングラフィックスを使った映像は、情報を早くわかりやすく伝えることができます。

さらに、音楽や効果音にリンクさせる動きは、見ていて癖になるような印象を視聴者に与えられるため、今後の広告制作ではさらに取り入れられていきます。

視聴回数という具体的な数字として頑張りが評価される場面もあるので、多くの人の目に入ったとなればそのやりがいを感じることが可能です。

また、近年ではその効果の高さと専門性が買われ、YouTube等の編集でも利用されることが多いので、活躍の場は広がっていると言えるでしょう。

専門スキルを学べる学校も増えてきているので、自分にあった環境を選んでみましょう。

モーショングラフィックスになるには?

モーショングラフィックスは専門性の高いスキルのため、専門の学校や映像・デザイン学科がある大学などで学んだ後、グラフィック制作や映像制作、Web制作会社などに就職するのが一般的です。

モーショングラフィックデザイナーの経験を積んだ後、モーションやエフェクトの分野のスペシャリストを目指すことが多いです。

例としては、プロジェクトの進行管理やデザインのクオリティをチェックする立場としてのアートディレクターといった上級職を目指す人が比較的多くなっています。

モーショングラフィックスを作る上で最も主流なソフトであるAfter EffectsはIllustratorやPhotoshopとの連携はもちろんのこと、3DCGのモーショングラフィックス制作に使うCINEMA 4Dとの連携もスムーズなので、専門性は高いですが、興味がある人はソフトに触れておくのがおすすめです。

専門性の高いスキルを身につけるためにも、専門の学校に通うということも考えておくと選択肢が広がります。

イラスト・デザイン関係の仕事

イラスト・デザイン専門の学校に通うメリット

現在は専門の学校を経てからモーショングラフィックス制作に携わる人が増えています。

周りと差をつけていち早くモーショングラフィックス制作に関わるためには、専門的なスキルをいち早く身に付けておくことが有利に働きます。

そのため、専門の学校を進路に考えておくことも大切です。

短期間で必要な能力が身につけられ、就職の際にサポートも行ってくれる学校も少なくありません。

手堅くモーショングラフィックス制作を仕事にしてみたいという方はぜひ専門の学校で学ぶという進路を視野に入れてみてください。

この職業を目指す方へ
おすすめの学科はこちら!

ゲーム・アニメ3DCG学科

ゲーム・アニメ3DCG学科

アニメ・ゲーム業界では、今や専門スキルが必要な3DCGの技術は世界的に必要不可欠になってきています。しかし、飛躍する業界ですがクリエイターは未だ少人数です。
ゲーム・アニメ3DCG学科では、そんなアニメ・ゲーム業界で活躍するために、学校内でのカリキュラムも強化。
業界の最前線で活躍する講師だからできる実践的カリキュラムで、最新の専門的な知識と技術を学び、個性と創造力を磨いてプロフェッショナルな3DCGクリエイターを育てます。

ゲーム・アニメ3DCG学科の詳細を見る

ゲーム・アニメ3DCG学科のカリキュラムを見る

2分でかんたん申し込み!

学院の資料を取り寄せる