⇒1/8更新:新型コロナウイルス感染症に関する対応について

MENU

入学イベント
資料請求

マンガアシスタント

マンガアシスタント

マンガアシスタントとは

物語を、絵・コマ割り・セリフなどの手法で「マンガ」として表現する職種。

絵とお話作りの両方の力が必要とされる、総合クリエイターです。

マンガ家同様、週刊誌、月刊誌といった雑誌だけではなく、Web漫画も増えており活躍の場が広がっています。

マンガは、細密な絵を何枚も描いて作られているため、細密な絵になればなるほど、〆切までの限られた時間内に1人で作品を完成させるのは困難になります。

クオリティの高い絵が求められる現代で、アシスタントなしで短期間でマンガを仕上げるのは本当に難しいものとなっています。

そんな時、マンガの原稿を完成させるためにマンガ家の作画を補助するのが「アシスタント」という仕事です。

アシスタントとはいえ、現場で仕事をすることには変わりないので、専門性が求められる職業です。

マンガ、イラスト専門の学校からアシスタントを経てマンガ家にになるというキャリアも考えておきましょう。

マンガアシスタントの仕事

マンガアシスタントの仕事の範囲ですが、大まかなストーリー、コマ割り、キャラクターのベースの部分などはマンガ家自身でないと描けません。

そのため、アシスタントが担当するのは主に背景や効果線を入れる作業です。

具体的には、ペン入れ、ベタ塗り、ホワイト、消しゴム、トーン貼り、効果線といったマンガ作者でなくてもできる細かな作業です。

マンガ製作ソフトを導入している現場もあるので、場合によってはITスキルも求められます。

現場によっては、例外的に登場人物の下書き、人物の体の線入れ、アイデア出し、洋服のデザインなども、アシスタントに依頼することがあります。

基本的にはペン入れまで自分で行うマンガ家が多いです。

また、出版社の編集者がOKを出すまでは、一部描き直すという作業が入ってくる可能性もあるので、根気が必要な部分もありますが、得られる達成感も相応のものです。

これは現場にもよりますが、買い物や掃除などの雑用も仕事に含まれることがあるそうです。

技術的、専門的な仕事に関しては、専門の学校で実際に制作に携わることができます。

マンガアシスタントに求められる能力とは

マンガアシスタントに求められる能力としてあげられるのはマンガを描く上で基本となることをおさえていることと、マンガを描き切る忍耐力です。

主に背景や効果線を描くことになるので、「集中線」「ベタフラッシュ」「カケアミ」などが自信を持って描ける程度の技術は必要となってきます。

それから、背景に入ってくる自動車や住宅、部屋など、実用的な絵をしっかり描けるアシスタントがいるとマンガ家としては助かるのです。

〆切りに追われるマンガの仕事は、時間との勝負なので、できるだけ早く、正確に絵が描けることも大切です。

そのため、自分がどれだけの作業をどれだけの時間で行えるかを覚えておき、管理しておくことも重要です。

また、仕事の場では描けないことは描けないと言いきることも大切になっています。

アシスタントとはいえ、仕事は仕事なので、依頼にはきちんと答えなければなりません。

できないことを実践するのは絵の勉強にはなりますが、給料を貰うマンガ専門のプロとしての意識は忘れてはいけません。

プロとしていち早く活動するためにも、学校等でマンガを描くための基礎の教育を受けることがおすすめです。

マンガアシスタントのやりがい

マンガアシスタントのやりがいは自分の作品の読者が、自分の作品を読んで、感動したり楽しんでくれるということに尽きるでしょう。

アシスタントとはいえ、制作に関わることになっているので、読者の目にマンガが触れることは嬉しいものです。

また、アシスタントとして活動しているうちにスキルアップに繋がるのもやりがいに繋がります。

専門性を学校などで早くから身につけることができれば、やりがいを感じる機会も増えることでしょう。

マンガアシスタントになるには?

出版社への投稿や持ち込み、新人賞などの公募で作品が認められてデビューするのが一般的です。

また、漫画家のアシスタントとして腕を磨いて業界とのコネクションを築いたり、近年ではイラストレーターや同人作家から漫画家としての活動に移行する人も出てきています。

専門の学校からマンガ家志望としてアシスタントになるという人もいるので、さまざまな進路があります。

イラスト・デザイン関係の仕事

イラスト・デザイン専門の学校に通うメリット

現在は専門の学校の種類も増え、マンガアシスタントないしはマンガ家を目指すにあたってイラスト・デザイン関係の専門の学校を進路に考えている人も多いです。

周りと差をつけていち早くマンガアシスタント、マンガ家となるためには専門的なスキルをいち早く身に付けておくことが有利に働きます。

そのため、イラスト系の専門の学校を進路に考えている人には実際に通うことをおすすめしています。

短期間で必要な能力が身につけられることはもちろん、就職際にサポートも行ってくれる学校も少なくありません。

より確実にマンガアシスタントを目指していきたいという方は、ぜひ専門の学校に通うという進路を視野に入れてみてください。

この職業を目指す方へ
おすすめの学科はこちら!

マンガイラスト学科

マンガイラスト学科

電子書籍がメジャーになってきたことにより、イラストやマンガは紙で楽しむ時代から、スマホやPCで楽しむ時代に変わりつつあります。
デジタル化が進むマンガイラスト業界に対応できるクリエイターを育てるため、AMGでは最新の設備と教育環境を整えています。 カリキュラムは基礎から組んでいるため、イラストやマンガを描いたことがなくても2年間でプロを目指していくことができます。

マンガイラスト学科の詳細を見る

マンガイラストのカリキュラムを見る

2分でかんたん申し込み!

学院の資料を取り寄せる