⇒1/8更新:新型コロナウイルス感染症に関する対応について

MENU

入学イベント
資料請求

キャラクターデザイナー

キャラクターデザイナーとは

キャラクターデザイナーは、ゲーム・アニメ・映画に登場するキャラクターや、おもちゃ・グッズとして販売されるキャラクター、さらには企業・団体・地方自治体などのイメージキャラクターまで、様々なキャラクターをデザインする職種です。

単に絵を描くということではなく、ゼロからキャラクターそのものを作り出すので、キャラクターを考える想像力が求められます。

キャラクターデザイナーは主にゲーム会社などに勤務して、ゲームの設定に応じたキャラクター作りを行います。

基本的にはすでに大まかな設定があるところから、その中でキャラクターを作っていくことになります。

キャラクターデザイナーは基本的に専門性が高く、ゲーム専門の学校等での学習が有利にはたらきやすい職種です。

キャラクターデザイナーの仕事

キャラクターデザイナーとイラストレーターは一見似ています。

しかしイラストレーターの場合は、決まったキャラクターやストーリーの設定の中でイラストを描くことが仕事です。

想像力が必要な仕事ではありますが、あくまでイラストを描くということがメインの仕事になります。

一方でキャラクターデザイナーは、何もない状態からキャラクターをゼロから生み出すことが多い仕事です。

キャラクターを人間にするか、他の動物にするか、架空の生き物にするかなど、それぞれのアイデアに従ってキャラクターを作っていく技術が求められるので、専門的なスキルが必要となります。

キャラクターデザイナーもイラストレーターも人気の高い仕事ですので、志望する人が多い仕事となっています。

魅力的なキャラクターを生み出すセンスが求められますので、スキルの習得のために大きな努力が必要です。

専門性が高い仕事内容であり、工程も多いため、知識に加えて根気がいる仕事と言えるでしょう。

キャラクターデザイナーに求められる能力とは

キャラクターデザイナーに求められる能力としてはまずデザイナーとしても基礎的なスキルであるデッサン力が挙げられます。

また、キャラクターデザイナーとして活躍するためには、専用のツールを使いこなす必要もあります。

他にもコミュニケーション能力も必要になってきます。

キャラクターデザイナーに限らず、ゲームクリエイターは基本的にチームで制作を進めることが多く、デザイナーごとに工程を分担するため、他のスタッフと連携しなければクオリティの高い作品を制作することができません。

そのため、円滑に作業を進めるために協調性やコミュニケーション能力が問われます。

これらの能力はゲームの専門学校に通うことで、短期間で身につけることが可能です。

キャラクターデザイナーのやりがい

イラストを描くことが好き、デッサン力があるなど「絵を描くこと」に興味がある人はキャラクターデザイナーに向いていると言えます。

キャラクターを作り上げるというのは、楽しい仕事であるイメージもありますが、自分のアイデアが常に通るわけではなく、クライアントや周りの制作陣の意見も考えなくてはいけません。

また、自分の考えたキャラクターがボツになることもしばしば。

プレイヤーがキャラクターに愛着を感じることができるのはキャラクターデザイナーありきのものなので、やりがいを十分に感じることができます。

いち早くゲーム業界のクリエイターとして働きたい場合は専門の学校等で早期に学習を進めるのがおすすめです。

キャラクターデザイナーになるには?

フリーランスのイラストレーターがキャラクターデザインを手がけるのが一般的です。
フリーランスになるためには、キャラクターデザインを手がけるデザイン事務所、ゲーム・モバイルなどの制作会社に就職し、経験と実績を積むことが求められます。
専門的な知識や基礎的なスキルを身につけることに関しては専門学校での学習がおすすめです。

イラスト・デザイン関係の仕事

ゲーム専門の学校に通うメリット

キャラクターデザイナーになるためには、特別な資格や学歴は必要ありません。

しかし、勤務先としてはゲーム会社やアニメ制作会社がほとんどとなり、こうした会社では実務経験を持っている人、必要なスキルを習得するための教育を受けている人を優先して採用します。

そのため、アニメやイラスト、ゲームデザインなどのカリキュラムを持つ専門学校に進学するのがおすすめです。

こうした専門学校に通うことは、キャラクターデザイナーになるための総合的なスキルを磨くこと以外にもゲーム会社などの募集情報を集め、就職先の斡旋を行ってくれる学校もあります。

こうした点から、就職を比較的安定して行うことができるというメリットがあるのがポイントです。

キャラクターデザイナーを目指す人の多くは、ゲームやアニメ関連の教育をしてくれる専門の学校に通います。

ゲーム業界で働きたいのなら、ゲームを専門で学べる学校に通う方がスキルアップには向いていると言えるでしょう。

進学することも選択肢として考えておくことをおすすめします。

この職業を目指す方へ
おすすめの学科はこちら!

         
ゲームプログラマー学科

マンガイラスト学科

電子書籍がメジャーになってきたことにより、イラストやマンガは紙で楽しむ時代から、スマホやPCで楽しむ時代に変わりつつあります。 デジタル化が進むマンガ・イラスト業界に対応できるクリエイターを育てるため、AMGでは最新の設備と教育環境を整えています。 カリキュラムは基礎から組んでいるため、イラストやマンガを描いたことがなくても2年間でプロを目指していくことができます。

マンガイラスト学科の詳細を見る

マンガイラストのカリキュラムを見る

          
キャラクターデザイン学科

キャラクターデザイン学科

イラスト、ゲーム、マンガ、アニメ、広告(CM)…。 身の回りに無数に存在するキャラクターは、老若男女を問わず愛される存在です。キャラクターメイキングで大切なのは、アイデアをカタチにするテクニックと、どこにもないオリジナリティ。キャラクターデザイン学科では、独自の『現場実践教育』と『産学共同システム』により、 エンターテインメント業界の現場と同じ環境で即戦力となるプロの技術やノウハウをしっかりと学ぶことができます。「絵を描くことが好き」「キャラクターデザイナーになりたい」というあなたの思いや夢をとことん応援します。

キャラクターデザイン学科の詳細を見る

キャラクターデザインのカリキュラムを見る

       
         

2分でかんたん申し込み!

学院の資料を取り寄せる