⇒1/8更新:新型コロナウイルス感染症に関する対応について

MENU

入学イベント
資料請求

撮影監督

撮影監督とは

キャラクターの動画や背景などの素材を合成していき、ひとつの映像データにする工程、「撮影」を担当する職種です。
特殊効果を追加したり、画面の質感を高めたり、最終的に視聴者が目にするアニメーション映像を制作します。

撮影監督になるには?

After Effectsというソフトを主に使用します。色彩感覚、構成力はもちろん、PhotoshopやIllustratorといったグラフィックソフトのスキルも必要です。撮影と経験を積んだ後、撮影監督にステップアップします。

イラスト・デザイン関係の仕事

この職業を目指す方へ
おすすめの学科はこちら!

         
ゲーム・アニメ3DCG学科

ゲーム・アニメ3DCG学科

イラストが描けるだけでなく3DCGの技術があれば、キャラクターのポージングや、背景を含めた構図を考える際に3DCGを補助的に使うことで説得力のあるイラストを描くことが出来ます。
そんな3DCGの技術は、アニメ・ゲーム業界では今や3DCGの技術は世界的に必要不可欠になってきています。しかし、飛躍する業界の需要に対して3DCGを扱えるクリエイターは未だ少人数です。
ゲーム・アニメ3DCG学科では、そんなプロ業界で活躍するために、学校内でのカリキュラムも強化。
業界の最前線で活躍する講師だからできる実践的カリキュラムで、最新の専門的な知識と技術を学び、個性と創造力を磨いてプロフェッショナルな3DCGが使えるクリエイターへ育てます。

ゲーム・アニメ3DCG学科の詳細を見る

ゲーム・アニメ3DCGのカリキュラムを見る

2分でかんたん申し込み!

学院の資料を取り寄せる