MENU

体験説明会
資料請求
早期出願

学院BLOG

Blogタイトルイメージ
Blogタイトルイメージ

【東京校】プロットミーティング・冬!

2011年12月12日 | 小説・シナリオ学科

お、お久しぶりです…戻ってきましたナベミです(げっそり)。
早いものでもう12月です。ここ何日かでぐぐっと冷え込んできましたね…皆さんも体調にはお気をつけて、風邪など引きませぬよう。

さて、そんな寒さに負けずに、先日行われましたプロットミーティング・2011冬の模様をお届けします!
プロットとは作品の設計図というか、企画書のようなものです。登場人物や舞台の設定、あらすじなどを簡単にまとめたメモのようなものだと考えてください。
学生が提出したプロットについて、「もっといい作品に仕上げるにはどうすればいいかな」「ここはこうした方が面白くなるんじゃないかな」とグループで話し合うのが、プロットミーティングです。以前に取り上げた、個別指導ゼミの拡大版と言っても差し支えないと思います。

ラブコメ、ファンタジーなどプロットの傾向でグループを作ります。自分の得意分野に行くもよし、普段あまり書かなかったり読まなかったりするジャンルに触れるもよし。中には自分が提出したブロックに自ら赴く強者も…!
何はともあれ、生の意見が聞ける貴重な機会です。プロットを提出した人もしなかった人も、ミーティングを通してたくさんの発想・感覚に触れ、しかも話し合いのスキルまで身に付けることができちゃいます。まったく話したことのない人と組んでも、気付けば熱心に話し込んでしまって止まらない…そんな光景も数多く見受けられました。
20111201.jpg
最終日には、投票によって「総合賞」「タイトル賞」「読みやすさ賞」が決まりました。
プロットだけでも「このお話、読んでみたいな」と思わせるものに票が集まりましたよ。

本文のいわばひな形ともいえるプロット。最初の読者である私たちは、いいところを見つけて、それが最大限に生かせるようアイディアを出します。プロットミーティングはよりいいものをよりいい原稿として仕上げるお手伝いなのです。
そしてこっそり自分の中にもアイディアを蓄えましょう(ぼそっと)。そして、プロットを作ったからには原稿にしましょう(ぼそぼそっと)。

さて、ノベルス学科はこれから冬休みです。学生たちはプロットミーティングでチャージしたエネルギーを思いきり原稿にぶつけていきます!
学生発信委員会も、次の世代にバトンタッチしたので、私も原稿執筆に励むことにします。
ナベミでした。

体験説明会 資料請求

2分でかんたん申し込み!

学院の資料を取り寄せる