MENU

体験説明会
資料請求

学院BLOG

Blogタイトルイメージ
Blogタイトルイメージ

ねこぱーんち

2011年1月17日 | 小説・シナリオ学科

「千尋、おみくじ引こうぜ!」
新年が明け、湊は千尋と近所の神社にやってきた。年が変わってから一週間も経つと、境内に人がいない。ときどき、野生の猫や犬が通り過ぎるくらいだ。社に着くまでに長い階段を登らなければいけないというのも、人がいない原因かもしれない。
「えーと……末吉かぁ。末吉って良いんだか悪いんだかわかんないよな」
「末になるほど運勢がよくなる」
「え?」
「末吉っていうのは、年末に近づくほど運勢がよくなるんだって」
「へぇー。さすが千尋。物知りだな」
「この前、偶然テレビで見たんだ」
「そっか」
湊は千尋と参道を歩き、入口の鳥居まで進む。そして千尋の方へ体を向けると、足を揃えて笑顔で言う。
「千尋、今年もよろしくな」
「こちらこそ」
周囲に人がいないことをいいことに、湊は千尋と手を繋いで長い石段を下りて行った。

――――――――――――――――――――

明けましておめでとうございます。こんにちは、キリンです。

学校の共有フォルダに猫の画像があるのですが、その中にある「ねこぱんち」というタイトルの画像がお気に入りです。その猫が可愛すぎて、データをコピーして持って帰ってしまいました。

さて、ノベルス学科も冬休みが終わりました。2年の私は、あと2ヶ月で卒業することになります。残りの2ヶ月、30分でもいいから毎日執筆し、生活リズムの中に創作活動を組み込みたいと思います。講師の先生も言っていました。

「書かなければ、デビューはできない」

えぇ、そうですね。書かなければ意味がありません。毎日執筆。目指せ、作家デビュー!
さてさて、話は変わりまして、AMGが他の学校とは違う大きな特色の「産学共同」企画、犬猫シリーズに関わる話についてです。テレビドラマ化が決定している『犬飼さんちの犬』の次なる企画の猫バージョン。その原案となるべく、ノベルス学科の学生が今、そう、まさに現在進行形でコンペのために企画書を考えています。

私も、プ企画書作成に必要不可欠である猫のことを調べるため、図書館へ行く予定を計画しました。猫図鑑みたいな書籍で、いま考えている話に合うような猫がいるかどうか見てみたいと思います。なければないで、また考えます。
『犬飼さんちの犬』の原案者となったのは大阪校の学生でした。今度の猫企画は、我ら東京校が資格をいただきます!……なんて、宣言をしてみました。いえ、有言実行となるべく頑張りますよ!

体験説明会 資料請求

2分でかんたん申し込み!

学院の資料を取り寄せる