MENU

体験説明会
資料請求

学院BLOG

Blogタイトルイメージ
Blogタイトルイメージ

新学期を迎えるにあたって

2010年9月7日 | 小説・シナリオ学科

前回、『次回は蝦夷地から』などと前振りしていましたが・・・・・・まあ、人生ってなかなか思い通りにいかないものですよね(笑)

どうも、東京都にお住いのスピラでございます。

今回は地元での思ひ出をぽろぽろと晒す・・・・・・予定だったのですが、ここで私、冷静になって考えてみました。

果たして、そんなどうでもいい日常を垂れ流して誰が得をするのでしょう?

「向こうはすんごく涼しいと思ってたけど、とっても暑かったんだよ!」
「待ちに待った帰省でテンション上がりすぎて風邪引いちゃったんだ!」
「久しぶりに車のハンドルを握ったら・・・・・・ちょうちょさん、すずめさん、君たちのことは忘れないよ・・・・・・ぐすっ」

などと、ちょっとショタっぽく報告したところで面白くも何ともありません!(あ、蝶々と雀は御存命をしっかりと確認しておりますよ)

ここ最近の私はノベルス学科を代表してこのブログを書いているということを忘れていたのではないでしょうか。このブログを見てくれているのは学友たちだけではないのです。(あれ・・・・・・見てくれてる、よね?)ノベルス学科に興味を持ってくれた方、さらには未来の後輩たちがこのブログを見ているかも知れないというのに、何ですかこのグダグダな内容はっ!! 
とりあえず身近なところからということで、キリンさんを見習ってみよう・・・・・・ごめんなさい。アレは真似できません(笑)
 
さて、結局何の意味もないことしか言っていませんが、話は変わりまして。

夏休みもあっという間に終わって、新学期が始まります。
人生において『夏休み』というものを味わえるのは何らかの学生である時分だけです。そういう意味では、この夏休みはとても貴重なものでした。
皆さんは――ノベルス学科の皆さんだけではなく、このブログを読んでくださっている皆さんも含めて、この夏をどのように過ごしたのでしょうか。
そして私は、皆さんと比べても見劣りしないくらいに有意義な時間の使い方が出来ていたのでしょうか?

もしかするとそれは簡単に優劣が決まることではないかも知れません。他人から見れば時間の無駄使いのようにしか見えないことも、当人にしてみればとても大事なことで、決して欠かせない『将来への土台』になり得るのです。
その土台を積み上げて、一つ一つ這い上がっていくことが成長なのだとしたら。
それまでの時間に自信と誇りを持って、同じ様に成長したであろう学友たちと共に、新たな成長を遂げたいと思います。

つまり、

やっぱり同じ志を持つ人たちが集まる場所は良いよ、という未来の後輩たちに向けた宣伝です(笑)

でも本当にこういう環境は作ろうと思って作れるものではないので、迷える未来の後輩の人たちも、まずはこちらに歩み寄ってみてください。後はもう取って食らう勢いで私たちが引っ張りますんで(笑)

ではまた次回、お会いしましょう!

* * * * * * * * * * * * *

帰省の際に利用する地元の空港のレストランで、行く度に注文を試みるカレーがあるのですが。

売り切れていたり準備が出来ていなかったりでいつも食べられません。何これ、国家レベルの陰謀ですか?

体験説明会 資料請求

2分でかんたん申し込み!

学院の資料を取り寄せる