MENU

体験説明会
資料請求

学院BLOG

Blogタイトルイメージ
Blogタイトルイメージ

た~まや~。

2010年8月6日 | 小説・シナリオ学科

「いっ……」

ぐっと千尋に力をこめられ、思わず声を出してしまった湊。自分から望んだこととはいえ、千尋は遠慮がないような気がする。

「ちひろっ、もうちょっと、やさしく……っ」

千尋は同い年とは思えないほど技術が高い。だからやってほしいと頼んだものの……。幼なじみだからか、いくら訴えても力を緩めてくれない。

「湊、力を抜いて。そんなに力んでいたら何もできない」

「そんなこと、言ったって……ぁっ」

千尋が体を倒し、指が深いところまで食い込む。体に負担がかからないようにと選んだベッド。千尋が動くたびにギシリと音を出す。

「それで、湊。体の調子はどうだ?」

千尋に頼んでから、もう三十分以上経過した。そのおかげで昨夜酷使した体は、大分楽になっている。

「それにしても、湊は若いな。わざわざ、あんな大きな御輿を担ぎに行くんだから」

「だって、祭りだぞ?それにあの御輿は、ここらへんでは一番でっかいんだ。担がないわけにはいかないじゃないか」

昨夜、区が運営する祭りで御輿を担ぐ時間があった。自由参加だが高校生以上という年齢制限があり、今年になってようやく担げる年齢になったのだ。祭り好きとしては、この機会を逃す手はない。

そして意気揚々と御輿を担ぎ、翌日に感心するほど見事な筋肉痛に悩まされることになった。

「ま、俺としては無防備な湊にイタズラできるからいいけどな」

「イタズラって……っ」

どんなことをするのかと尋ねようとして、背骨の上をすーっと撫でられた。マッサージ以外で背中を触られると、くすぐったくてたまらない。しかし、本格的にイタズラモードになってしまった千尋はもう止まらない。湊はただ、千尋が飽きるまで耐えるしかないのだ。

――――――――――――――――――――

こんにちは、キリンです。

暑い日が続きますが、体調を崩してはいませんか? 私は少々夏バテ気味です。しかし夏の暑さに負けません。たぶん、もしかしなくても最後の夏休み。しっかりと執筆に時間をかけたいと思います。

二年生になり、もうあと半年しか自由に過ごせる時間がありません。その中で一番執筆時間があるこの夏休み。ちゃんと打ち込みますよ。えぇ、やっていますとも。少し前にようやく本文を進め始めました。

そうそう。作品に活かすため、隅田川の花火大会に行ってきたんです。打ち上げ花火を久しぶりに見て、やっぱり生で見るのはいいと思いました。少し場所が悪くて見えない部分もありましたが、それも生で見る醍醐味です。

花火の写真が微妙だったので、近くで建設途中だったのスカイツリー写真を。
0806kirin.jpgスカイツリー
完成するまでまだ時間がかかりそうですが、もし出来上がればどの場所よりも素晴らしい花火鑑賞スポットになると思います。花火のときだけでなく、完成したら是非スカイツリーからの景色を楽しみたいなぁと思いました。

**************************************
アイコ夏の赤ペン先生。
キリンさん、有意義な夏休みを過ごしているようですね!
熱中症などに気をつけて、残りのお休みも楽しんでください。もちろん執筆もね!
ところで最初のプチ小説ですが、キリンさんの書くものなので当然分かってはいるのです。
わかってはいるのですが、やっぱり最初は「え? これ大丈夫?」と思ってしまいました。
大丈夫? と思う人が大丈夫じゃない、むしろやましいのは読み手のほうだというのは分かっております。
ですがええ……。
……キリンさんが望むジャンルでブレイクすることを応援しています!(いやこれはほんとに思ってるからね)

体験説明会 資料請求

2分でかんたん申し込み!

学院の資料を取り寄せる