⇒6/23更新:新型コロナウイルス感染症に関する対応について

MENU

入学イベント
資料請求
AOエントリー

学院BLOG

Blogタイトルイメージ
Blogタイトルイメージ

特別講義のゲストは、なんと!?

2016年9月13日 | 小説・シナリオ学科

どうも、ノベルス学科チューターの相澤です!

 

つい先日まで残暑に苦しめられていたのに、すっかり気温も落ち着いてきましたね。

徐々に日が短くなってきて「あぁ~、もう秋か……」と、季節の移ろいを感じております。

季節の変わり目、体調管理に気を付けたいですね。

 

さて、今回は9/11(日)に行われた体験説明会について、プチレポートしたいと思います!

 

ゲストをお招きしての体験説明会。

今回、お呼びしたのは――

株式会社KADOKAWA エンタテインメントノベル局。

ファンタジア文庫、スニーカー文庫の統括編集長 森井巧さんです!

:*.;”.*・;・^;・:\(*^▽^*)/:・;^・;・*.”;.*:

 

入学希望者のための体験説明会ですが、在校生・卒業生も参加しました。

 

まずね、この話を聞いた時は、ほんとびっくりですよ。

編集長をお招きすると聞きましたワタクシ。

 

「どんな話が聞けるんだろう……」

 

ってワクワクしていたら、担任の先生から一言。

 

「ファンタジア文庫とスニーカー文庫の統括編集長さんだから」

 

(; ゚ ロ゚)ナン! ( ; ロ゚)゚ デス!! ( ; ロ)゚ ゚トー!!!

 

「担当作は……【甘城ブリリアントパーク】 と 【これはゾンビですか?】だよ」

 

(; ゚ ロ゚)マジ! ( ; ロ゚)゚ デス!! ( ; ロ)゚ ゚カー!!!

 

すげー、なにそれ、楽しみ! これは間違いなく、おもしろい話が聞けるはず(確信!

 

と、いった感じで、テンション高めに当日を迎えたわけです。

 

私も教室の隅でこっそりお話を聞かせてもらいました。

 

私、正直に言います。

めちゃくちゃ面白くて、ためになる話ばかりでした。

 

森井さんが、統括編集長に至るまでの職歴から始まり、担当作家さんとの裏話などなど。

ここでしか聞けない話に、会場のあちこちから笑いが起こる――ちょっとしたトークショーですね。

 

話は進んで作品の話になってくると、空気がピリッと一変。

みんな真剣に耳を傾けます。

森井さんには、在校生から事前に寄せられた質問にも答えてもらいました。

 

例えば……

 

Q1:作家にはどんなことを求めるのか

Q2:選考のポイントは?

Q3:編集として大変なことはなにか?

 

などなど、作品制作からお仕事の裏側に踏み込んだ内容まで。

 

他にもファンタジア文庫とスニーカー文庫で、狙っている読者や流行も異なったり、どういったものを新人賞で求めているのか。

それを踏まえて参加者にアドバイスも!

 

ん~勉強になりました!

φ(・ω・ )かきかき

 

最後に印象的に残ったフレーズをご紹介。

 

「覚悟と渇望」

 

森井さんが作家さんによく話す言葉だそうです。

 

この業界でやっていくんだ! という覚悟。

そして売れっ子になるんだ! という渇望。

 

作品と真剣に向き合い、努力を惜しまない。

モノづくりの最前線で働く人の言葉には、やはり熱量がありますね。

たくさんの作家、作品に触れてきた編集長だからこそ、響く言葉だと私は感じました。

 

身が引き締まる思い。

毎日、少しずつでもいいから作品制作と向き合う時間を取ろう!

と、決意を新たにするプチレポートでした!

 

それではまた次回!

(*・ω・)ノシ

体験説明会 資料請求

2分でかんたん申し込み!

学院の資料を取り寄せる