MENU

体験説明会
資料請求

学院BLOG

Blogタイトルイメージ
Blogタイトルイメージ

夏と言ったら…

2016年8月17日 | 小説・シナリオ学科

どうも、ノベルス学科チューターの相澤です。

 

八月半ばになりましたが、暑さがしんどい。

この記事を書いた日は、台風の抜けた後だったので、置き去りにされた熱気が猛威を振るっていました。

 

油断していると靴底が融けてしまいそう……

ほんと東京の夏は暑い!

 

さて、そんな夏の風物詩といえば――すいかに、花火に、かき氷に、せみしぐれ。

 

そして何といっても、怪談話ですね!

いやぁぁぁー ((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

自分で前フリしておいてなんですが、苦手なんです、怖い話……

 

そんなわけで今回はこの夏、AMGブックスから出版されたホラー2作品をご紹介したいと思います。

 

まずはこちら!

 

DSC_0086

「封印映像」

花蟲さんのイラストがインパクト強すぎて、初めて表紙を手にしたときは「あひゃー」となりました。

 

ところでみなさん、封印映像って聞いたことありますか?

ニコニコ動画などの動画投稿サイトで視聴できるんですけど、これって実はいろんな事情でお蔵入りになった映像集なんです。

その映像も、心霊現象のみじゃなく、傷害事件や自殺だったり……

(;・`д・́)ゴクリ…

 

こちらは学院OBのプロ作家が「封印映像」から題材を選び、ノベライズした短編集になっています。

ただのノベライズじゃないのが、本作の面白いところ!

作家それぞれの解釈が入っているので、映像を見た人も、未視聴の方でも楽しめるようになっています!

 

映像とあわせて、ご覧になって頂けるとより、ゾッ――とするかもしれませんね。

DVDシリーズはアットエンタテインメントより26巻まで好評発売&レンタル中です!

 

さて、次にご紹介するのはこちら。

DSC_0090

「意味が分かると怖い話」

 

この「意味がわかると怖い話」ですが、在学生を含めた学内で作品募集。

募集開始はゴールデンウィーク直前でした。

新学期が始まって早々、出版に携わるチャンス!

1年生、2年生から多くの作品が提出されました。

アイディア勝負ですが、中には「おっ!?」と唸らせるような作品も……

 

結果、86作が選ばれました。

執筆した学生は、プロとして仕事を経験し、手直し修正の特別指導を受けたのですが…

これを聞いた講師の先生が 「羨ましい! 僕たちの時にもやって欲しかった!」 と。

デビュー当時、初めて原稿の手直し修正をする際、わからないことばかりで苦労したそうです。

 

夏休みを利用して、本を受け取りに学校にきた学生がちらほら。

みんな自分のページを見ながら… ニヤ(・∀・)ニヤ

その姿を見て、自分もやったなぁと ニヤ(・∀・)ニヤ

 

両作品とも絶賛発売中ですので、ぜひお手にとってください!

 

ホラー2冊のご紹介でしたが、AMGブックスからは卒業生の作品が続々と出版中です!

――さて、ここまでで疑問を持った人っていませんか?

「意味がわかると怖い話」は5月に募集をかけて、8月に出版――って、3か月!?

どうしてこんな短い期間で出版することができるの!?

(?_?)

 

その秘密は説明会でご紹介!

在学中からプロとして、書籍に関わる、貴重な経験を積むことができるのは産学共同・現場実践教育があるからです。

きっと説明を聞けば、「仕組みがわかると納得する話」になると思いますよ!

lst9

今週末の8/21(日) 8/22(月)の二日間。

アミューズメントメディア総合学校東京校で説明会が行われますので、詳しい内容は下のリンクからご確認ください!

一日のみの参加でも大歓迎ですので、興味を持った方は是非説明会に遊びにきてください。

スタッフ一同、皆さんのお越しをお待ちしております。

体験説明会 資料請求

2分でかんたん申し込み!

学院の資料を取り寄せる